通勤・通学や、お子さんの送り迎えで自転車を利用している方にとって、雨の日の自転車の運転は大変です。

特に眼鏡を使っている方にとっては、雨の日の自転車の運転は、メガネに水滴が付いて前が見えづらく危険でもありますよね。

「だったら、雨の日にメガネをはずせばいいのでは?」となりますが、メガネをはずすと目の前がぼやけてしまって、何も見えなくなってしまい危険ですね。

自転車が、日常の欠かせない交通手段である一人として、実際に効果のあった雨の日のメガネ対策についてお話しますね。

スポンサードリンク
  

自転車での雨の日の雨よけに便利なサンバイザー

道路交通法の改正で、自転車運転時のかさの使用が禁止になりましたよね。

雨からメガネを守るためには、ひさしをつくってメガネに雨がかからないようにすればいいのです。

そこで、「サンバイザーをかぶる」ということを思いつきました。

サンバイザーは夏場だけのアイテムじゃない

サンバイザーというと、日差しから顔を守ってくれる「夏場の必須アイテム」ですが、実は雨よけにも活躍するのです。

わたしはサンバイザーの上から、カッパのフードをかぶっていますよ。

サンバイザーのツバが、ひさしの役目をしてくれて、雨からメガネを守ってくれるのです。

雨の日にも使えるサンバイザーですが、使っているうちに劣化するものなので、わたしは百円ショップで売っているものを使っていますよ。

買い換えるのもお手軽ですしね。

サンバイザーに防水スプレーを一緒に使うとさらに効果がアップ!

雨の日の自転車の運転の時には、カッパだとかレインスーツを着ると思います。

そんなカッパやレインスーツ、そしてサンバイザーに、防水スプレーをかけておきます。

防水スプレーが雨をはじいてくれて、さらに自転車のスピードで雨が流れていきます。レインコートにまとわりつく雨の重さが減るので、自転車の運転がかなり楽になりましたよ。

防水スプレーは雨の日にとっても便利なオススメアイテム

防水スプレーは、普通にホームセンターなどでも売っていますので、手元に一本あればかなり重宝しますよ!

  • かさ
  • 長ぐつ
  • スニーカー

などにもスプレーしておくと汚れの防止にもなりますし、汚れが付いても簡単に落とせますので、雨の日対策以外でも使えて便利なのでおすすめです。

ただし!防水スプレーは、事前にスプレーをして乾かしておかなくては効果がありませんので、晴れている日に前もって準備をされることをおすすめします。


スポンサードリンク

メガネにコーティングをしておくと傷の防止にも効果あり!

眼鏡屋さんで売っている、メガネ用のコーティング剤がおすすめです。

メガネのレンズには、購入してときには「何かしらのコーティング」をされていると思いますが、年数と共にはがれてしまうものです。

このコーティング剤は、メガネにスプレーして、そのあとのばしながらふき取るとつるつるになります。まるで、車にワックスをかけた時のようなイメージです。雨にぬれてもさっとはじいてくれますよ。

メガネが雨にぬれても、柔らかい布やティッシュで拭けばすぐにきれいになり、コーティングがされているので汚れもつきにくく、傷も付きにくくなります。

眼鏡についたお料理の油も簡単きれいに落とせる

てんぷらや炒め物など、料理に油を使うことはたくさんありますよね。

メガネをしたままお料理をしていると、すぐに眼鏡に油汚れが付いてしまいますが、コーティングをしていると水を流すだけでメガネがきれいになるのですよ!

コーティングは2~3日で効果がなくなってきますので、塗り重ねることでつるつるの効果が持続しますよ!

自転車での雨の日に大切なメガネを守ることのまとめ

『雨の日、に大切なメガネを守るためにできること』ということでお話してきました。

残念なことに、完全には雨を避けることはできません。

ですが、ここまでしておけば憂うつだった雨の日も、今までよりはメガネにもやさしい雨になりますよ!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク