ワンルームでロードバイクを室内保管したいと思っていらっしゃる皆さん!

私もワンルームではありませんが、1Kのすごく狭い部屋で、ロードバイクとマウンテンバイクを2台室内保管していました。

2台でしたので、部屋の中は結構な圧迫感でしたが、なんとか過ごせていたのを覚えています。

さて、ワンルームにロードバイクをどのように設置すれば、省スペースにロードバイクが部屋の中に納まるでしょうか。

そんなことから今回は、ワンルームでのロードバイクの室内保管について3つのポイントをご紹介していきたいと思います。

ぜひ、あなたのお部屋に自転車を置くときの参考にしてみてくださいね!

スポンサードリンク
  

ロードバイクを室内保管!収納スペースがない時の3つの設置方法

ではさっそくロードバイクを狭いスペースに部屋置きしたいとき、どのように置けばいいのか、その3つの設置方法をご紹介していきます。

縦置きスタンドを使ってロードバイクを省スペース保管する

ロードバイクは、車輪が大きいので横幅をとるので、ワンルームの様な狭い部屋ではなかなか保管する事が難しいです。

しかし、ロードバイクの軽さを生かして、縦にしてやり、そのまま設置してあげれば圧倒的に省スペースになるでしょう。

バイクハンガーを使って壁にディスプレイする

そうです。バイクハンガーを使って壁に設置する方法があります。

これなら、ロードバイクを横にしたまま設置でき壁かけで空中にあるので、スペースの問題もありません。

ただし、ワンルームの様な賃貸物件は、壁に穴をあけることが問題になるかもしれない…

そこで、家に傷を付けたくない(傷つけられない)人におすすめなのが、下記で紹介するつっぱり式のバイクスタンドです。

つっぱり式のバイクスタンドを使ってロードバイクを設置

部屋の天井と床をポールでつっぱらせて固定し、そこにバイクハンガーを取り付けてロードバイクを設置するものです。

これは、私もアパートの玄関に設置し使用していました。

ロードバイクと重たいマウンテンバイクを2台吊るしていましたが、びくともしなかったので、強度的には実証済みです!安心して使ってみてほしいです。

また応用でこんな使い方をしていました。

自転車用のつっぱりポールは高いので物干し用のつっぱりポールを代用して、そこにバイクハンガーを取り付けてロードバイクを設置していました。

その時、ポールとバイクハンガーの径が合わないので、タイヤのチューブを挟んで固定していました。


スポンサードリンク

ロードバイクを室内保管するメリット・デメリット

では、実際にロードバイクを室内に置くとなったとき、ぜひ知っておいてほしい、自転車を室内保管することへの

  • メリット
  • デメリット

について、お話していきますね。

事前にこれらを知っておくことで、実際にロードバイクを部屋置きしたときのイメージもできますし、何か問題があるときでも事前に対応(気持ち的にも)することができますよ^^

ロードバイク部屋置きのメリット

盗難のリスクがほとんどない

ロードバイクは「室内保管」をすることによって、盗難のリスクがほとんどなくなります!

逆に盗難のリスクさえなければ、室内に保管する必要はないと思う方も多いのではないかと思います。

ロードバイクを室内に保管することにより、人目に付くことを防ぎ、盗難の標的になる事もありません。

室内に入ってまでロードバイクを盗むなんて、よっぽどのことがない限りありませんから、その点でも室内保管は安心できますね。

汚れにくい

ロードバイクを外に置いておくと、埃や雨水ですぐ汚れてしまいます。その点、室内保管はこのような心配がありません。

室内に比べて室外の方が、圧倒的にロードバイクの汚れるリスクは大きいと思います。

また、屋外保管すると紫外線に晒されて、

  • 塗装
  • プラスチック
  • タイヤ

などが劣化してしまいます。

その点、室内保管は紫外線に晒される可能性が少ないので、きれいな状態を維持することができるでしょう。

傷がつきにくい

屋外に保管していると、ロードバイクを誰かに傷つけられる可能性があります。

屋外の駐輪スペースは、当然色んな人が利用しますよね。

自転車置き場に自転車を置いていると、残念ですが乱雑に扱われることが多いです。

それに、ロードバイクに興味のない人も沢山います。せっかくお金をかけて買ったロードバイクでも、知らない人からしたらただの自転車でしかありませんから、お構いなしに倒してもぶつかっても平気です。

その点、室内保管では、そういった心配がないので安心ですね。

ロードバイク部屋置きのデメリット

部屋が汚れる

部屋の中に入れる時に、タイヤで部屋の色んな所を擦って汚したり、ロードバイクの各所が接触して部屋が傷つくことがあるでしょう。

ワンルームの様な狭い部屋に自転車を置くのであれば、極力部屋の中に余計なものは置かずにスペースを確保しましょう。

タイヤは部屋に入る前に玄関で拭くようにしましょう。

運び出すのが面倒

ロードバイクが普通の自転車より軽いといっても「10kg前後」くらいの重量があるので、運びだすのがそこそこ大変な作業です。

しかも、ワンルームだと狭いし、部屋のつくりによっては出し入れが大変になります。

なので、できるだけ出しやすい場所にロードバイクを設置するのがいいでしょう。

部屋を専有してしまう

どうしても、室内に設置すると結構な場所をとってしまいます。

これも、設置の方法しだいで変わってきますが、例えば

  • デットスペースを活用したり(ワンルームでデッドスペースを見つけるのは至難の業ですが…)
  • 壁に掛けたり
  • 縦置きに設置したり

といった感じで、いろいろと工夫して対応してみて下さい。

設置時には、市販のスタンドを活用するといいでしょう。

ロードバイクの室内保管のまとめ

ワンルームでのロードバイクの室内保管の方法や、ロードバイクを室内保管するメリット・デメリットを紹介してきましたが、いかがでしたか?

狭いワンルームの部屋では

  • 縦置きスタンド
  • 壁掛けのバイクハンガー
  • つっぱりポール式

などを使った設置方法が、省スペースになって有効なようです。ワンルームでのロードバイクの室内保管で妙案がなくお困りの方は、今回紹介した内容を一度試してみてください。

ワンルームの部屋に、ロードバイクがばっちり収納できる方法が見つかるといいですね!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク