自転車を買ったのはいいけど、

  • 駐輪場がない
  • 盗難や嫌がらせが怖い
  • 自転車が錆びるのが嫌!

などの理由で、部屋に自転車を置くという人が結構増えています。でも…

『室内保管するスペースない』
『汚れを部屋に持ってくるのも嫌だし…』

っていう理由で自転車の部屋置きを断念している人も、沢山いらっしゃると思います。

そこで今回は、自転車を部屋に置くときの「自転車の汚れ」をどのようにするか。室内への置き方1つで激変する「どのように部屋置きするか」の方法について、ご紹介しいきましょう。

スポンサードリンク
  

自転車を部屋に置くということ

まず最初に「自転車を部屋置きするということ」とは、どんなことなのか。そのメリットとデメリットを確認しておきましょう。

自転車の部屋置きすることのメリット

  • 駐輪場がないようなアパートでも大丈夫!
  • 最強の盗難防止!
  • 雨風による劣化がないから自転車が長持ち

などのようなものがあります。

自転車の部屋置きすることのデメリット

  • 部屋が狭くなる
  • タイヤの砂や泥、水滴で部屋がよごれてしまう

というようなものがあります。

自転車の室内保管ってどこに置けばいいの?

自転車を置くスペースに限られている人は、

  • 玄関
  • 部屋の隅っこ
  • 室内の廊下・通路
  • ベランダ
  • 押入れ

などに置いているようです。

玄関は便利だけど邪魔になりやすい

自転車の部屋置き場所の中でも、一番多いのが『玄関』です。

確かにここなら、部屋に持って上がらなくても済むので、自転車のタイヤに着いた砂や泥が、お部屋の中に落ちることもないですよね。

ただ、家族がいる場合、文句を言われてしまう場合もあります。また、来客のときにも、見栄え的にも悪いですし、すごく邪魔になってしまいますね。

ベランダに置く時はちょっと注意が必要

その他の場所に置く場合でも、基本『自転車を部屋の中に持ち込む』必要がありますよね。

なので、部屋の間取りや家具、物の配置具合にもよって置く場所が変わってきます。

ベランダに置く場合にも同様で、いったん部屋の中に持ち込んで、ベランダまで運んでいかなくてはいけませんよね。なので

  • 玄関からベランダまで運ぶときのスペース(通路)の確保

が必要になります。また、ベランダに置く場合、消防法では「避難通路」として使用することとなっている為

  • 人がちゃんと通れるスペースの確保
  • ベランダの隣から避難できるように、仕切りの近くには置かない

といったことを注意しておく必要があります。「自分の自転車のせいで、誰かが逃げ遅れてしまった」なんてことにならないように、注意して自転車を置くようにしましょう。


スポンサードリンク

自転車を室内保管するなら省スペースにしたい

やっぱり限られた空間を「できるだけ圧迫しないように」して、自転車を部屋置きしたいですよね。

そんな時、ちょっとした工夫やアイテムを使うことで、悩みが解消されます。

折りたたみ自転車は折りたためばコンパクトになる?

部屋置きを考えている人の場合、折りたたみ自転車を買うが多いです。

確かに折りたたみ自転車って、少ないスペースにも置ける感じがしますもんね。お値段は1万5千円くらいからありますし。

でも実は、置く場所によっては「自転車を折りたたんだ方が、邪魔になってしまう」なんてこともあるんです。

実際、見た目的にはコンパクトにはなるのですが、逆に幅をとるようにもなるんですよね。

廊下やベランダの通路に置くような場合、折りたたむことによって、逆に邪魔になってしまうこともあるんですね。

折りたたまない方がコンパクトに収納できることも

逆に、部屋の隅っことか押入れに置く時なんかは、折りたたんだ方が置きやすかったり、邪魔にならなかったりもします。

なので『折りたたみ自転車なんだから、折りたたまなきゃいけない』んじゃなくって、置く場所によってどっちがコンパクトに収納できるか、考えるようにしましょう!

例えば

「廊下ならハンドル部分だけを折りたたむ」
「押入れなら折りたたんで収納する」

などの方法がありますよ。

自転車の室内保管用のグッズを使う

自転車を部屋置きする人が増えるに伴って、自転車部屋置き用のアイテムとかグッズも、どんどんと新しいものが出ているんですよね。

そういったアイテムも、今ではインターネットで簡単に探すことが出来ます。

まずは自分の部屋のレイアウトとかを考えて、『自分の部屋だったら、何を使ってどこに置くのがいいんだろう?』って、イメージしてみるのもいいですね。

ここからは、私がオススメする「自転車室内保管アイテム」を紹介していきます。

ぜひ、あなたの部屋にぴったりな「自転車の部屋置きアイテム」を探すときの参考にしてみてくださいね。

自転車マット

自転車についた砂や泥、水滴が床に落ちて汚さない為のグッズです。いろいろと専用のものが出てるけど、100均で売られてるレジャーマットなんかでも十分です。

デザインとか部屋の見た目も気にする人の場合は、ホームセンターなどで売っている『ビニール製カーペット』がお勧めです。

お勧めの理由は

  • いろいろな柄やデザインのものがあるから、部屋のイメージにあわせやすい
  • 切り売りされていて、自転車のスペースに合わせた大きさで買うことが出来る
  • ビニール製だから、雨や泥でよごれてもお手入れが簡単

ハンドルで廊下を擦ったり、タイヤで部屋をよごしたりしないために、部屋置きする場合は、玄関に入る前にタイヤを拭きましょう。

玄関にウエス代わりの「キッチンぺーパー」や「クリーナー」を置いておくと、外でメンテナンスする時も持ち出しやすいですし、室内を汚した時も掃除に使えるので便利です。

自転車スタンド

自転車を部屋の中に置くと、自転車のスタンドを立てるか、自転車本体を壁にもたれかけるかになってしまい、床や壁に傷がついてしまって、嫌ですよね。

そんなときにオススメなのが「自転車スタンド」です。

この自転車スタンドを使えば、自転車を部屋の床や壁に、直接触れさせずに収納できるので、床や壁を傷つけてしまう心配がありませんよ。

自転車用ラック

このラックをタンスとかの間のスペースに置くことで、自転車を縦置きにすることが出来て、なおかつラックとして物も置ける優れものです。

タンスの横にちょっとしたラックを置くスペースがあるようなお部屋には最適のアイテムですよね。

部屋に自転車を置いて汚さない方法のまとめ

自転車を部屋で保管するときに、少しでも邪魔にならないようにする方法と、部屋が汚れないようにする方法について、ご紹介してきました。

せっかく買った自転車がとられてしまったり、サビてしまったらショックですもんね。

そもそも駐輪場がないから自転車が欲しいけど買えないなんてことも、『部屋置き』が解消してくれます。

限られたスペースを生かして、汚れを部屋に持ち込ませず、スタイリッシュに自転車を保管しましょう。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください