夏場のイベントで大活躍する保冷バッグ!でもそんな保冷バッグも「寒い冬場になると、使うことがないわぁ~」と思っていませんか。

実は保冷バッグって、冬になると「保温バッグ」として活躍できるんですよ!寒い冬のお弁当、少しでも温かく食べられたら嬉しいですもんね。

そこで、保冷バッグを保温バッグとして使う裏技や、保冷剤の驚きの効果と、その使い道などについてお伝えしますね。

これであなたのお宅では、夏に大活躍した保冷バッグが、冬になると押入れにしまいこまれる…なんてことがなくなりますよ!

スポンサードリンク

保冷バッグの仕組み

保冷バッグの中をよく見てみると、アルミシートが袋の内側にありますね。

これは冷たいものから出る放射熱(冷気)をアルミで反射させて、外に放射熱(冷気)を出さないことで、冷たいものが温まるのを防いでいるのです。

この仕組みがそのまま「温かいものの保温の原理」にも使えるわけです。温かいものの温度が外気に触れなければ、温かさが持続できるんですね。

コタツの保温マットと同じ

冬になると、コタツの敷布団の下に「保温マット」を敷いたりしませんか?あのアルミのシートですよ。

コタツの保温マットも同じ原理で、コタツの熱がフローリングに伝わりにくくなり、コタツの中が暖かになるということです。

お弁当箱を工夫するだけで保温力アップの裏技

保冷バッグの中に入れるお弁当箱を、前もってあたためておくことがポイントです。

ごはんを詰める前に、お弁当箱にお湯を入れて2~3分。それだけでも保温効果はアップしますよ!

やっぱりご飯は炊きたてが最強

そして大切なことは「炊きたてのご飯をつめる」ことです。

炊飯器の保温機能を使っていても、炊きたてのごはんの温度にはかないませんよ。

どうしても時間の経過と共に、だんだんお弁当の温度が下がってしまうので、できるだけ高い温度でご飯をつめておくことが大切ですね。


スポンサードリンク

保冷剤は保温剤として活用することが出来る!

ケーキを買った時についてくる、小さな保冷剤。みなさんのお宅の冷凍庫にもありませんか?

夏場は保冷剤として活躍しますが、保冷として使えるものは保温としても使うことが出来るのですよ。

子どもが小さいときに「ベビーカーの保温・保冷が出来る!」って買った保冷剤つきの汗取りマットからヒントを得ました。

保冷剤を保温剤として使用する方法

やり方は、まずお湯を沸かします。どんぶりなどの、お湯が冷めにくい容器にお湯を張り、その中に保冷剤を入れて2~3分待ちましょう。

熱いので、菜ばしなどを使って取り出してください。ヤケドには気をつけて!

出来た保温剤を、お弁当と一緒に保冷バッグに入れておけば、保温効果がさらにアップしますよ。

空気の層をなくすことも保温持続の秘訣

空気を伝わって、熱が放出されることを防ぐことも、保温(保冷)に効果があります。なので、出来るだけ密封状態にすることも、温度の持続には大切なポイントです。

そこで、お弁当箱と先ほど作った保温剤の上に、小さなタオルやハンカチなどを入れておきましょう。

すると、保冷バッグとのすき間が少なくなり、保温効果持続が期待できますよ。

保冷バッグって保温もできるの?のまとめ

「保冷バッグを保温バッグとして使えること」についてお伝えしてきましたが、いかがでしたでしょうか?お気に入りの保冷バッグがひとつあると、一年中使えてとても便利です。

ちなみに私のお気に入りはこの保冷バッグです。とっても可愛くて、しかもちょっとしたアウトドアだけじゅなく、普段から「保冷エコバッグ」としても使えるので、1年中大活躍してくれてます。

寒い時期に温かいお弁当があると、心まで温かくなれますね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください