保冷バッグは温かいものでも使える?保温バックとの違いは?

この記事は約5分で読めます。

夏場のイベントで大活躍する保冷バッグ!

そんな保冷バッグも「寒い冬場になると、使うことがないわぁ~」と思っていませんか。

でも実は保冷バッグって、冬になると「保温バッグ」として活躍できるんですよ!

寒い冬のお弁当、少しでも温かく食べられたら嬉しいですもんね。

そこでこの記事では

「保冷バッグを保温バッグとして使うときのポイント」
「保冷剤の驚きの効果とその使い道」

などについて、詳しく見ていきたいと思います。

これであなたのお宅では、

「夏に大活躍した保冷バッグが、冬になると押入れにしまいこまれる…」

なんてことがなくなりますよ!

スポンサードリンク

保冷バッグの仕組み!どうやって冷たさを閉じ込めているの?

保冷バッグの中をよく見てみると、アルミシートが袋の内側にありますね。

これは冷たいものから出る放射熱(冷気)をアルミで反射させて、外に放射熱(冷気)を出さないことで、冷たいものが温まるのを防いでいるのです。

この仕組みがそのまま「温かいものの保温の原理」、要は保温バッグにも使われているんです。

温かいものの温度が外気に触れなければ、温かさが持続できるんですね。

保冷バッグはコタツの保温マットと同じ仕組み

冬になると、コタツの敷布団の下に「保温マット」を敷いたりしませんか?あのアルミのシートですよ。

コタツの保温マットも同じ原理で、コタツの熱がフローリングに伝わりにくくなり、コタツの中が暖かになるということです。

お弁当箱を工夫するだけでできる!保温力アップの裏技

保冷バッグの中に入れるお弁当箱を、前もってあたためておくことがポイントです。

ごはんを詰める前に、お弁当箱にお湯を入れて2~3分。それだけでも保温効果はアップしますよ!

やっぱりご飯は炊きたてが最強

そして大切なことは「炊きたてのご飯をつめる」ことです。

炊飯器の保温機能を使っていても、炊きたてのごはんの温度にはかないません。

どうしても時間の経過と共に、だんだんお弁当の温度が下がってしまうので、できるだけ高い温度でご飯をつめておくことが大切ですね。


スポンサードリンク

保冷剤は保温剤として活用することが出来る!?

ケーキを買った時についてくる、小さな保冷剤。

みなさんのお宅の冷凍庫にもありませんか?

夏場は保冷剤として活躍しますが、保冷として使えるものは保温としても使うことが出来るんです。

子どもが小さいときに「ベビーカーの保温・保冷が出来る!」って買った保冷剤つきの汗取りマットからヒントを得ました。

保冷剤を保温剤として使用する方法

やり方は、まずお湯を沸かします。

どんぶりなどの、お湯が冷めにくい容器にお湯を張り、その中に保冷剤を入れて2~3分待ちましょう。

熱いので、菜ばしなどを使って取り出してください。

ヤケドには気をつけてくださいね!

そうやって出来た保温剤を、お弁当と一緒に保冷バッグに入れておけば、保温効果がさらにアップしますよ。

空気の層をなくすことも保温持続の秘訣

空気を伝わって、熱が放出されることを防ぐことも、保温(保冷)に効果があります。

なので、出来るだけ密封状態にすることも、温度の持続には大切なポイントです。

そこで、お弁当箱と先ほど作った保温剤の上に、小さなタオルやハンカチなどを入れておきましょう。

すると、保冷バッグとのすき間が少なくなり、保温効果持続が期待できますよ。

保冷バックに入れてはいけないものには何がある?

保冷バックに入れてはいけないもの、何かご存じですか?

あっつあつの料理?

いえ、違います。

いやまぁ、焼けてアツアツになった石とかは直接入れちゃだめですが(それはどんなバックであってもダメですよね。笑)

それよりも入れてはいけないものがあるのです。

答えは、なんと「乾電池」なんです。

なぜかというと、保冷バックの内側のアルミシートには通電する性質を持った素材が使われています。

そして乾電池の両端にアルミシートが触れると、放電して発熱・発火の原因になることがあるからなんです。

アルミは電気を通すって習ったはずなので、知っている方が多いとは思いますが。

使い古しの乾電池をお買い物のときに処分しようと思って、保冷機能のあるエコバックに入れてしまうと…!

実際にこれと同じことをして、乾電池が発熱してしまったという方もいるんですね。

アルミの上にラミネート加工されている場合は、電池も通電しないので大丈夫です。

でもそうでない場合は、絶対に直接乾電池を入れてはいけません!!

古電池であっても、わずかに残った電気が放電することもあります。

このようなことが起こらないように、古電池を廃棄するときは両端にセロテープを貼って絶縁するという習慣をつけることも大事です。

何より、古電池であろうが新しい電池であろうが、アルミシートの貼ってあるバックに直接入れないようにしてくださいね。

保冷バッグって保温もできるの?のまとめ

「保冷バッグを保温バッグとして使えること」についてお伝えしてきましたが、いかがでしたでしょうか?

お気に入りの保冷バッグがひとつあると、一年中使えてとても便利です。

ちなみに私のお気に入りはこの保冷バッグです。

とっても可愛くて、しかもちょっとしたアウトドアだけじゅなく、普段から「保冷エコバッグ」としても使えるので、1年中大活躍してくれてます。

寒い時期に温かいお弁当があると、心まで温かくなれますね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク

コメント