健康診断や成人病検診なんかでの胃カメラ検査は「むっちゃ苦しいから嫌だ!」と思っている方が、すごく多いと思います。しかし、胃カメラで観察することによって、胃がんと食道がんを早期発見できます。そして早期発見すれば、根治できることも少なくありません。

頭ではわかってはいても、それでも苦しい胃カメラ。体と心が「絶対に嫌だ」と言ってくるんですよね。でも…そんな胃カメラの上手な飲み込み方があるって聞いたら。そりゃあしりたいですよね!

この記事でお伝えしたいこと

  • 胃カメラ検査なんてする必要あるの?バリウム検査と胃カメラ検査の違い
  • 知ってるのと知らないのでは大違い!上手な胃カメラの飲み方

っていうことについて、お伝えしていきますね。

スポンサードリンク

胃カメラの種類と、胃カメラの上手な飲み方

みんな苦手な胃カメラですが、そんな胃カメラの入れ方には、二つの種類があるって知ってました?

それは

  • 胃カメラを鼻から入れるタイプ
  • 口から入れるタイプ
の2種類なんですね。

鼻からの検査は、適切な処置ができていればほとんど痛みはないのですが、やっぱりどうしても「お腹の空気の張り感」はあります。

口から入れるタイプは、どうしても吐き気や呼吸が苦しく、お腹の空気の張り感も出てきます。そこで胃カメラの上手な飲み方は、どうすればよいでしょう?

まずは服装に気をつけよう

まず気をつけたいのが服装です。胃に空気を入れて膨らませるので、大変苦しくなります。なので服装は、ゆったりとしたウエストの服装で検査しましょう。

このゆったりとした服装にすることにより、お腹の張り感もだいぶんやわらぎますよ。

気持ちをリラックスさせることも大事

あとは、気持ちをリラックスさせることです。

力を抜いて、眼は開けていましょう。眼を閉じると、意識がカメラの動きに集中してしまうからです。

ゼリー状の麻酔の場合のコツ

次に、口から胃カメラを入れるタイプのときは、麻酔です。

検査をする前に、喉が「おえっ」となりにくいように麻酔をするのですが、この麻酔には

  • ゼリー状の麻酔を口に含んでするタイプ
  • シュッと喉にスプレーを吹きかけるタイプ
とがあります。

このうち、ゼリー状の麻酔を口に含むタイプの場合には、ちょっとしたコツがあるんですね。それは、奥の方にも麻酔が効くようにするため、首を後ろにそらして上を向きます。あと、できるだけ長時間含んでおくとよいでしょう。

そうすることによって、吐き気も少しは抑えられ楽に検査できるようになりますよ。

それでもダメな場合は

それでもやっぱり胃カメラはムリだった!っていう人には、「ぼーっとする注射を打ってもらう」という方法もあります。ただ、この注射を打つと、ぼーっとなるというか、はっきり言って寝ちゃいます。笑

しかし、目が覚めたときにはいつの間にか検査は終わっている感じなので、全く苦痛じゃないんですよね。ただ、しばらくの間は足元がおぼつかないので、少なくとも1時間は横になっておく必要があるんですね。

なので、時間に余裕がある場合には、先生に「ぼーっとする注射をお願いしたいんですけど」と言ってみてはどうでしょうか?

もし「思ったよりも全然効かなかったから、苦しかった!」なんてときには、次回のときに「前回、注射をしても苦しかったので」と伝えてみてください。注射の量を増やしてくれて、まどろみの中に一直線となりますよ~。

胃カメラって本当にしなきゃダメ?バリウム検査と胃カメラ検査との違いは?

まず、バリウム検査は

  • 発泡剤で胃を膨らませ
  • バリウムを飲んで
  • エックス線で照射し観察する
という検査方法です。そんなバリウム検査も苦手、という人も多いんですよね。

その理由としては、

  • 全然美味しくないバリウムや発泡剤を飲まなきゃいけないこと
  • 出そうになるゲップを我慢しなきゃいけないこと
  • 検査後、腸の中でバリウムが固まって便秘になりやすいこと
などですね。

そして、バリウム検査で異常があれば、より詳しく検査できる胃カメラ検査での再検査となります。

胃カメラってどんな検査?

一方の胃カメラ検査は

  • 口または鼻から小さなカメラのついたチューブを挿入し
  • 食堂・胃・十二指腸の粘膜を直接撮影
といった検査方法です。

バリウム検査に比べて、より詳しく検査できるので

  • 食道がん
  • 胃がん
  • 十二指腸がん

などだけでなく、

  • 胃潰瘍
  • 胃炎
などの良性疾患も発見できます。

バリウム検査よりも胃カメラが嫌な理由

しかし、バリウム検査よりも胃カメラ検査の方が嫌だという方が、大半です。

その理由としては、

  • 嘔吐反射(おうとはんしゃ)が起こる。要は「おえっ」ってなることですね
  • むせて呼吸が苦しくなる
  • お腹が張って苦しい
などです。

しかし、胃カメラ検査では、胃がん発生の原因と言われている「ピロリ菌」の有無もわかるんです。そんなピロリ菌は、本当に厄介な菌です。


スポンサードリンク

ピロリ菌とは何者?

ピロリ菌(ヘリコバクター・ピロリ)とは、胃の粘膜に生息している細菌です。ピロリ菌の感染経路は不明ですが、飲み水や食べ物を介して口から入ってしまうのでは?と考えられています。

子供の頃に感染する可能性が高く、一度感染してしまうと、除菌しない限り胃の中に生息し続けます。感染しても、初期のうちは自覚症状がありません。しかし放置しておくと
  • 胃炎
  • 胃潰瘍(いかいよう)
  • 胃がん
などを引き起こす原因になります。

ピロリ菌の除菌方法

ピロリ菌の除菌治療には、阻害剤と2種類の抗生物質を組み合わせた、多剤併用療法が行われます。

それでも除菌できない場合は、薬を変えて二次除菌を行います。この2段階の治療によって、ほとんどの場合除菌できます。

胃カメラは苦しいから嫌だ!のまとめ

今回は、バリウム検査と胃カメラ検査の違いや、ピロリ菌。胃カメラの上手な飲み方などをお伝えしてきましたがいかがでしたか?胃カメラ検査は大変重要な検査ですが、苦手な意識が先行して、敬遠される方も多いようです。

しかし、胃カメラ検査も日進月歩で、負担の少ない検査となってきています。胃カメラ検査を嫌がらずに率先して受けてくださいね。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください