体のコリをほぐすストレッチは、体が程よく伸びて気持ちいいですよね。
運動習慣をつけるためにも効果的ですし、誰でも気軽に出来る運動です。

ですが、ストレッチをした翌日に筋肉痛になると、流石にショックですよね。
「もしかして、ものすごい運動不足なの?」と不安になるはずです。

実はストレッチと言えども、筋肉を動かし伸ばしているので、筋肉痛になる事もあります。
ですので、日頃から運動する習慣がない場合は、ストレッチを行なっただけでも筋肉痛になり得るのです。

そもそも筋肉痛とは

  • 普段使わない筋肉を使った時
  • 慣れない運動をした時

なんかに発生します。

筋肉を使った時に筋肉の繊維である筋繊維が傷つき、それを修復するために起こる痛みなのです。

また、翌日に筋肉痛が起こる理由として、筋繊維には痛みを感じる神経がない事が挙げられます。

日頃あまり使われていない筋肉には、毛細血管が十分に巡らされていません。
そうするとストレッチや運動をして筋繊維が傷ついても、傷ついた筋繊維に十分な血液が流れるのが遅くなります。

そして修復に時間がかかる為、遅れて筋肉痛がやってくるという訳なのです。

ちなみに、年を取ると筋肉痛が遅れてやってくるというとは、年をとるにつれ運動習慣がある人が減ってくるからとも言われています。

スポンサードリンク

1.ストレッチで腹筋が筋肉痛!?そうならないためのポイントは?

ストレッチとは言え、立派な運動です。
下手をすれば筋肉に炎症を起こし、怪我の原因になりかねないのです。

ストレッチで腹筋が筋肉痛になる場合、ストレッチのやり方を見直す必要があります。
正しいストレッチの方法や注意点について、今一度確認しておきましょう!

(1)ストレッチはやり方次第で筋肉痛に? 間違ったやり方とは

ストレッチの間違ったやり方で多いのが、「勢いよく伸ばしたり、曲げてしまう」やり方です。

ストレッチをするからには、きちんと体を伸ばそうと気合が入ってしまいますよね。そうすると体に過度な負担がかかり、自分の体に無理をさせている状態になります。

ストレッチは、優しくゆっくりと体を動かし、筋肉を曲げ伸ばしすることが目的である事を覚えておきましょう。

また、ストレッチ中に痛みを感じるまで行うのもするのも間違いです。
「痛い」ではなく、「痛気持ちいい」くらいに留めておくのが一番ですね。

(2)これでストレッチも怖くない! 正しいストレッチの方法を伝授

ストレッチ中に筋肉痛にならないようにするには、以下の方法を試すようにしてください。

①体を十分に温めておく
ストレッチをする前に、準備運動や軽い有酸素運動をしてからストレッチすると、筋肉痛になりにくくなります。

また、お風呂上がりにストレッチをするのも効果的です。
お風呂上がりは体が温まっているだけではなく筋肉も緩んでいる為、ストレッチを行うのに最も適した瞬間だと言えます。

②呼吸をしっかり
ストレッチ中に呼吸を止めてしまうと、筋肉が緊張してしまう為、筋肉痛になりやすくなってしまいます。

腹式呼吸を意識し、筋肉の緊張をしっかりほぐしつつストレッチを行いましょう。


スポンサードリンク

2.ストレッチをしっかりすれば運動不足解消になる?!

残念ながら、ストレッチだけでは運動不足解消とはいきません。
ストレッチは運動不足解消の手助けにはなりますが、ストレッチだけ行えばいいという訳ではないのです。

しかし、ストレッチに少しプラスする事で、運動不足は解消されます。
例えば一駅分歩いてみたり、エスカレーターやエレベーターではなく階段を使ってみたりなど、日常生活で少し運動を足すのです。

特別に運動の時間を作らなくとも、ストレッチ+日常生活での運動で、運動不足は解消されます。
毎日の積み重ねが大事ですので、毎日行うようにしたいですね。

3.ストレッチの翌日に筋肉痛!?のまとめ

ストレッチで筋肉痛になるのは、極度の運動不足だからではありません。
ストレッチも運動の一種ですので、運動不足の傾向があれば、誰しもストレッチ後に筋肉痛になりかねないのです。

ストレッチ中は体に無理をさせず、ゆっくり行うようにするのがポイントです。
しっかり体を温め、腹式呼吸を意識して行うと、筋肉痛を感じにくくなります。

運動不足は健康にも美容にもよくありませんので、日頃からストレッチ等で運動習慣をつけるようにしましょう!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

<生活のお役立ち情報>
生活のお役立ち情報はこちら

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください