年があけて1月の中頃に、友人の加藤さん(仮名)の奥さんのお父さんが、交通事故で亡くなられました。

その加藤さんには、去年の10月に待望の女の子が産まれていて、今年の3月が初節句の予定だったらしいんですよね。

その初節句の準備を進めている最中の不幸だったそうです。お父さんも、お孫さんの初節句を楽しみにしておられたみたいで、さぞかし心残りだったでしょうね。

心より、お悔やみ申し上げます。

この記事でお伝えしたいこと
  • 喪中期間の初節句は控えるべき?
  • 喪中期間ってどれくらいなの?
  • 喪中にはひな人形も飾らない方がいい?

っていうことについて、お伝えしていきますね。

スポンサードリンク
  

初節句の予定だったけど喪中に入った

実は、1月に入ってすぐに、奥さんのご両親と一緒に初節句のひな人形を見に行って、手配済みだったそうです。

なので、2月に入ってすぐに、そのお雛様が届く予定になっているそうなんですね。

亡くなったお父さんも、かなり気に入ってらしたようで『届いたら、ここに置いたらいいんじゃないか?』とか、『届いたら○○ちゃん(お孫さんの名前)と一緒に写真を撮ろうね』って言って、楽しみにしてたようです。

喪中期間の初節句は控えた方がいい?

近親の方が亡くなると、一定期間の間、その方の死を悼(いた)み、身を慎みます。このことを『忌服(きふく)』や『服喪(ふくも)』って言います。

特に『忌服』の期間中は、亡くなられた方の冥福を祈って行動を慎み、晴れがましいこととか派手な行動は慎む期間とされてます。

(1)忌服と服喪の期間
この『忌服(きふく)』や『服喪(ふくも)』は期間は、明治7年に出された『太政官布告』っていうものに定められてました。

法令自体は、昭和22年に廃止されてるけど、今でも仏事の慣例の目安として残ってるんですね。

例えば、今回の加藤さんのような場合のような『父母』が亡くなられた場合

  • 七七忌(四十九日)までが忌中
  • 一周忌(一年間)までが喪中
っていう風に、されることが多いようですね。
(2)四十九日が終わるまでは祝い事は控えるべき
このように、不幸事があった時には、お祝い事は慎むっていうのが、昔からのしきたりとして残っています。お祝い事よりも葬祭の方が優先されます。

例えば、結婚式の日取りが決まっていても、ご両親が亡くなられたりして、式の日が四十九日を終える前だったりした時には、結婚式を延期または中止してでも葬祭が行われたりすることも、珍しくないようです。

確かに、お葬式や四十九日とかの『葬祭』の日は、『結婚式があるから2か月後に延ばそう』なんて風にずらすことはできませんが、お祝い事は延期することが可能(気持ち的な問題は別にして)ですもんね。

逆に、自分の両親が亡くなった状態で、悲しみに暮れてるときに、お祝い事とかって考えられませんよね。

(3)初節句は祝い事?
それでは『初節句』は、お祝い事なんでしょうか?こういった時には、慎んだ方がいいものなんでしょうか?

女の子の節句は『桃の節句』。3月3日に行われて、女の子の健やかな成長を願ってお祝いする行事ですよね。

なので、こういったお祝い事も、やっぱり慎んだ方が良いとされてます。

『お正月のように新年をお祝いしての、どんちゃん騒ぎ』や『結婚式のように2人の門出をみんなでにぎやかにお祝いする』ようなものとは違って、初節句は『子供がすくすくと元気に成長するのを願ってお祝いする』ものなので、いいんじゃない?っていう意見もあるけど、どこの家にも親戚とかに、『こういった事には口うるさいおじさん、おばさん』がますよね。

陰で『まだ四十九日が済んでもいないのに、何を考えてるんやろうねぇ。常識がないよ』なんてことを言われちゃいますね。

(4)親戚を招いてのお祝いは控える
なので、こんな時には、親戚を集めて盛大にお祝いするような『お祝いの席』を設けての初節句は控えておいた方が良いでしょう。

それでも、やっぱり0歳での初節句と、1歳になっての初節句じゃ、全然違いますよね。親としては、何かお祝いしてあげたいって思ってしまいますよね。

こんな時にお勧めなのが、初節句の記念写真です。

写真館とかに予約すれば、衣装も貸してくれて、0歳の今でしか撮れない『初節句の記念写真』を残してあげることができますよね。

あとは、神社やお宮にはお参りせずにお家に帰って、家族だけで『元気に生まれてきて、ここまでスクスクと成長してくれてありがとう。これからも健やかに、元気いっぱいに大きくなってね』と、ささやかなお祝いをしてあげましょう。


スポンサードリンク

喪中のときには雛人形も飾らない方がいい?

せっかく贈ってくれた『お雛様』。

加藤さんの気持ちとしては、せめて『お雛様』だけでも飾ってあげたいって思ったみたいだけど、やっぱり『お雛様』も飾らない方がいいんでしょうか?

こんな時には、飾らずにしまっておいて、来年の桃の節句の時期になってから飾った方がいいんでしょうか?

(1)そもそも喪中って
そもそも、喪中っていうのは、法律とか何かしらの規定によって、誰かから行動が禁止されるような類のものじゃありません。

本来、喪中っていうのは『自分にとって大切な身内を失ってしまった悲しみが強くって、お祝い事から距離をおいている状態』のこと。

つまり『喪に服すかどうかを決めるのは、自分自身』なんですね。

もしも、加藤さんのように『せめてお雛様を飾ってあげたい』、『家族だけででもお祝いしてあげたい』って思うのなら、それは既に『喪に服している』っていう状態じゃないんですね。

そもそも、『今は子供の初節句をお祝いでない程、強い悲しみがあって、打ちひしがれてる』ような状態だったら、お雛様を飾るような気持ちにもなれないですもんね。

なので、親戚を招いたりじゃなく、『親子だけでささやかにお祝いをする』っていうのは、自分自身がしてあげたいんだったら、変に『喪中』っていう言葉にしばられすぎずに、してあげていいって思います。

さいごに

亡くなったお父さんも、お孫さんの初節句を楽しみにしていました。『自分が死んでしまったのに、孫の初節句なんて』とか思いませんよね。

後は、自分の『喪に服す』気持ちに従って、できる範囲でお祝いしてあげるといいと思いますよ。

親戚を集めてお祝いしたいのなら、それは来年になってしてもいいんじゃないでしょうか?

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。


スポンサードリンク

コメントを残す