ホワイトデーに紅茶を送るとやばい!?知らないと怖いことになる!?

スポンサードリンク

バレンタインのお返しであるホワイトデーですが、送るものの意味があるのを知っていますか?

さて今回は、そんな「ホワイトデーの贈り物の意味」についてみていきたいと思います。

知らないで送ってしまうと…こわいことになってしまうかも知れませんよ!?

スポンサードリンク

ホワイトデーにお手軽なバウムクーヘン、隠された意味は?

ドイツが発祥のバウムクーヘンですが、よく結婚式の引き出物にされたりしますよね。
その理由は、バウムクーヘンの樹木の年輪の様な模様から来ています。

「バウム」とは、木や樹木という意味で、クーヘンは焼き菓子という意味になっています。
なので、「これからも二人で、仲良く時を刻んでいきたい」という意味を込めて贈られているようなんですね。

したがって、ホワイトデーとしての意味があるわけではないですが、本命の彼女に送るにはうってつけのお菓子だと思います。

その他の意味があるお菓子

「贈ることに意味がある」といったお菓子が、その他にもまだまだあります。


・クッキー
クッキーには『あなたは友達』という意味があるようです。
ホワイトデーの「義理としての贈り物の定番」になるのかなと思います。

なので、本命でない人に対しては、基本的にはクッキーを返しておくのが無難だとも言えますね。

・キャンディ
キャンディには『あなたのことが好きです』という意味が込められているそうです。

なので、ただの友達に送るのは相応しくないと思います。
決して「本命の彼女や好きな人」以外には送らないように、注意しましょうね。

・マシュマロ
なんと、マシュマロには『嫌いです』という意味があるそうです。

昔からホワイトデーにはマシュマロを思いつきますが、実は全然ピッタリなんかじゃないようですね。

・グミ
グミも『嫌いです』という意味になるそうです。
マシュマロと合わせて、注意しておきましょう。

・マカロン
マカロンには『特別な人』という意味があるようです。
気になる相手へのお返しは、キャンディかマカロンか悩むところです。

ならばいっそのこと、両方送ってしまえばいいんじゃないでしょうか!

・キャラメル
キャラメルには『一緒にいると安心する』という意味があります。

これならば友達でも彼女でも、好きな人でもいけるお菓子になります。
まさにオールラウンダーなのが、この「キャラメル」と言えるでしょう。


スポンサードリンク

本命へのホワイトデーはネックレスがいい?意味を知らないと危険

ホワイトデーの贈り物でお菓子以外のアイテムにも、もちろん意味があったりします。


・ハンカチ
ハンカチには『別れたい』という意味があるようです。
なので、安易にハンカチを選んでしまわないように注意してくださいね。

よく使うものではありますが、別れを暗示するものと言われているので、避けるようにしましょう。

・ネックレス
ネックレスには『独り占めしたい』という意味があるようです。
他にも『あなたを縛っておきたい』なんて意味もあるようです。

きっと人の目につきやすいアイテムでもありますので、そういう意味になるようですね。

・香水
『独り占めしたい』という意味が、実は香水にもあるそうです。

貴金属以外なら、香水を選ぶのもありだと思います。
まだ、ペアネックレスを送っていない方は、ぜひこれを機にペアで付けるネックレスを送ってみてほしいなと思います。

リングは、仕事によっては外さなくてはなりませんが、ネックレスならずっとつけてられます。
なので、一緒にいるような感覚をずっと感じられていいんじゃないかなぁと思いますよ。

ホワイトデーに紅茶を送るとやばい!?のまとめ

ホワイトデーにまつわる品物の意味について、ご紹介してきました。

他にも貴金属には、「フェチ」という意味合いも含まれているようですね。
例えば

  • ネックレスなら首フェチ
  • ブローチやコサージュは服フェチ
  • ピアスorリングなら指フェチ

といった具合です。参考にしていただけると良いと思います。
また、時間がある方は、自分なりに調べてみるのも楽しいのではないでしょうか。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク

コメント