あなたも、今まで一度はしたことがあるかもしれない検便。

そのとき、あなたは上手くいきましたか?
日ごろから、便の通りが良ければ何も気にしないでしょうが、悪い人であれば、それだけでも色々考えてしまいますよね?

昔は、便を提出するのが恥ずかしいという悩みもあったかもしれません
しかし、今では提出する以前の「便が思うように出ない」っということに悩んでいませんか?

出たとしても、検便できるような便ではない時もあります。
今回はそんな検便についてお話していきます。

スポンサードリンク

1.検便のやり方!便秘がちな人はマッサージで腸を柔らかく!

検便のやり方ですが、オーソドックスなのが「便を出して、専用の検便の器具を便に採取する!」、それだけです。

初めての人でも簡単に出来るように説明書もあるので、そこまでは簡単かもしれません。

問題は、先ほども言ったようにその手前。
そもそも「便が出ない」という状況です。

しかも、「なんとか便を出さないと!」と思えば思う程に、余計出ない。
そんな経験をした人もいるのではないでしょうか?

(1)リラックスしないと便は出にくくなる

それには、神経の問題もあります。
人はリラックスすることで便がスムーズに出ますが、出さないとと、力んでしまうとストレスになり余計に出なくなります。

一番いいのは、日ごろからの

  • 食生活
  • 適度な運動
  • 睡眠

といったことに気をつけて、規則正しい生活をして、最低でも一日に一回便を出すことです。

(2)便秘に効果的な腸サッサージ

それでも出ないという人には、腸のマッサージがおすすめです。
これは日ごろから私も良くします。

私は中学の授業の時に、理科の先生が授業中に言っていたのではっきり覚えています。
当時は、中学生というのもあって馬鹿にしていましたが、今では本当に感謝しています。

腸というのはひらがなの「の」のような作りになっています。
分かりにくいですかね?

誰か近くに人がいればいいのですが、いなければテレビに出ている人や画像でも構いません。
相手のお腹を見てください。相手のお腹に「の」を思い浮かべてください。

そのような感じで腸があります。
なのであなたのお腹も、「の」の字を描くようにマッサージしてみてください。

ちなみに私は、トイレに行って出そうで出ない時にしています。
想像以上に効果があるので、ぜひやってみてくださいね。


スポンサードリンク

2.検便の最終手段!?出ないときは突っ込むのはアリ?


検便のときに、どうしても便がでないとき。どうせだったら何かしら突っ込んで、便を採取してはだめなんでしょうか?

この場合、突っものにもよります。
浣腸などの排便を助けるものであれば、問題ないです。
むしろ、出ないときは心強い味方です。

そして、出ない人が考えてしまうのは、直接検便器具を突っ込むことです。

これはダメです。
肛門は粘膜が弱く、敏感なので、傷をつけてしまう可能性があります。

採血ならいいかもしれませんが…
というのは冗談で、危ないのでやめましょう。

そのほかにも、下剤なども有効だということも聞いたこともあります。
一番は、規則正しい生活をして、決まった時間に便が出るように、習慣つけることが望ましいですね。

3.便秘の苦悩!検便のとき硬いときのまとめ


検便はとても大事なものです。
検便から色々なことがわかります。

自分が感染してるかもしれない病気など、今のあなたの体を知ることが出来ます。
だからこそ、検便をしっかり取らなければいけません。

そのための規則正しい生活や、いざという時の腸のマッサージをお話ししました。

あとは、便の通りをよくするには、「オリーブオイルを大さじ2杯」というのが効くらしいですよ。
しかし、一回飲んだからいいというものではありません。
毎日飲むことにより、腸の状態がよくなり、便の通りがよくなるそうです。

TVとかでも、専門の方が絶賛するくらいなので間違いないと思います。
まだ私は試したことがありませんが、実際に試してみたら、その結果をお伝えできるといいなと思っています。

補足ですが、検便は5日から1週間くらいは自宅でも保管できるんです。
なので、便が思った日にでなくても、1週間くらいの間に上手く調節できるので頑張ってみてください。

ちなみに抵抗はあると思いますが、冷蔵庫で保存する方が一番、細菌の繁殖などを防げて正確な診断が出来るそうです。

今回お話したどれかひとつでも、あなたの役に立てばと思います。

最後までよんでくださって、ありがとうございます!

スポンサードリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください