今年の春から小学校に入学される子供がいる家庭では、学校説明会や物品の購入、その他もろもろ準備しなきゃいけないものがたくさんで

『まさに”てんやわんや”って、このことやわ』

って感じで、バッタバタしてるんじゃないでしょうか?

そんな準備のうちの1つに、着ていく服の準備があります。

うちの娘が通う小学校は、制服じゃなく私服だから、服はどんなのにすればいいんだろう?っていうのも悩むけど、その服に名前を書かなきゃいけないっていうのが、これまた大変なんですよね。

なぜなら、私は昔から名前書きが大の苦手!だって、服に名前を書くって言ったら『タグ』に書くと思うんだけど、サッと急いで書いても、ゆっくりと丁寧に書いても、にじんじゃうんです。

この記事でお伝えしたいこと
  • 何で、タグってにじみやすいの?
  • タグに名前を書いてもにじまない方法ってあるの?
  • タグに名前を書かないっていう選択肢ってどうなの?

っていうことについて、お伝えしていきますね。

スポンサードリンク
  

洋服タグに名前を書いたらにじんじゃう

うちの娘も、今年の春から小学生。ホント『いつの間にこんなに大きくなったんやろう?』とか、『本当にもう小学生なんやろうか?』って思っちゃいます。

そして、うちも例に漏れることなく、入学準備でバタバタしてます。

入学説明会でもらった『入学のしおり』を見ながら、1つ1つ準備を進めてはいるものの

  • これって、みんなどんなものにしてるんだろ?
  • 準備を進めてるけど、間違ってないよね?
  • 何か見落として、準備し忘れたりしないようにしなきゃ!
と、常に『本当にこれで大丈夫なんやろうか?』って気持ちと共に、準備を進めていってます。

(1)洋服のタグって名前がにじみやすい

そんな入学準備の1つ『名前書き』。

入学説明会の時に購入したものに、それこそ『おはじき1つ1つ』に名前を書いていって、本当に大変な作業です。

そんな『名前書き』の、もう1つの難関

  • 着ていく服への名前書き

娘が通う小学校は、私服での通学なので、着ていく服1つ1つに名前を書かなきゃいけません。

そして、服に名前を書くとなると、服の生地に直接書いたりはせずに、タグの部分に名前を書きますよね。

これが、大変・・・って言うか、苦手で。

あの小さなタグに名前を書くのだけでも大変なのに、その上、タグって『超にじむ』んですよね。

にじんじゃうと、それでも小さくて読みにくくなっちゃう名前が、更ににじんでつぶれちゃって、読みにくくなっちゃいます。

なんで、あんなににじみやすい素材を、わざわざ使ってるんでしょうね。私に対する、嫌がらせなのか?って思っちゃいます

にじんじゃう前に書いちゃえばいいんだ!って思って、どんなに『サッサッ』と、急いで書いても、逆にゆっくり書いたらにじまないかも?って思って、丁寧にゆっくりと書いても、バッチリにじんじゃうんですよぉ 涙

名前を書いてもにじまない方法 タグって手ごわい

同じ『名前書き』でも、学校で使うものとかは、『お名前シール』に名前を書いて、それを貼ったり、ものによっては、その上からマスキングテープをしたりしてるので、にじんだりとかは、一切ないんですけどねぇ。

本当、『タグ』って手ごわい。

そんな『強敵』タグに、何とかにじまずに名前を書く方法っないんでしょうか?

(1)タグを湿らせて名前を書く

『服の生地を湿らせて名前を書くとにじまない』っていう方法があります。

この方法は、生地を霧吹きとかで湿らせたりした状態で、名前を書くとにじまないって方法です。

結構、有名な方法だから聞いたことがある人も多いんじゃないでしょうか?

この方法だと、確かにほとんどにじまなくなります。有名なだけあって、やっぱすごいです

でも、あんまりぬらせすぎると、失敗してにじんじゃったりもするし、服の生地ならそんな時にはしっぼったりすればいいんでしょうけど、タグをいい感じに湿らせるのって、私には結構難しかったです。

なので、ゼッケンとかみたいに、生地に直接書くタグに名前を書く時には効果的な方法だけど、タグに名前を書く時には、私的にはあんまりお勧めな方法じゃありません。

(2)固形石けんを塗りつける

固形石けんを生地に塗りつけて名前を書くって方法があります。

この方法は、昔から洋裁とかをされている方とかが、よく使われている方法です。

別に高級な石けんじゃなくても、安いもので全然オッケーです。色がついてない白いものを使います。

この石けんを、生地やタグに塗りつけてから名前を書くと、マジックで名前を書いても、『あら、びっくり!』。書いた名前がにじまないんです。

ただ、石けんって滑りやすいから、小さなタグにまんべんなく塗るのって、不器用な私には意外と大変でした。

なので、『石けんを小さなタグに塗るくらい、へっちゃらさ』っていう、指先器用さんにはお勧めな方法です。

(3)チョークや水性のりを塗りつける

これも、固形石けんと同じで、チョークや水性のりをタグに塗りつけてから名前を書くって方法です。

水性のりの場合は、のりが乾いてから名前を書きます。

そうすると、マジックで名前を書いてもにじまないんです。

ただ、私がチョークをしっかりと塗りすぎたのが原因かもしれませんが、チョークの場合は、油性ペンの先にチョークがついて、何着も書いてると、途中で、ペン先についたチョークを取らないと、書けなくなちゃいました。

(4)ヘアスプレーでスプレーする

ヘアスプレーをタグにスプレーしてから名前を書く方法です。

私がやってる、お勧めの方法です。

ちなみに私が使ってるのは、ケープのスーパーハード無香料50gです。小さいサイズがタグにスプレーするときに使いやすいので、50gものもを使ってます。

ポイントは『コポリマー』っていう成分。この成分が使われているものだったら、どんなヘアスプレーでもオッケーです。

私がいつもやってる方法は

  • タグにヘアスプレーを思いっきり吹きかけます
  • ドライヤーで拭きかけたスプレーを乾かします
  • 油性ペンで名前を書きます
  • あら不思議。名前がにじみません^^
この方法だと、タグにスプレーするだけなので、指先が不器用な私でも問題なくできちゃいます。

ポイントは、名前を書く部分にちゃんとスプレーされるように、思いっきりスプレーすることと、ちゃんと乾いてから名前を書くっていうことですね。

スプレーが乾いた後は、タグが硬くなっちゃってるけど、お洗濯したら、ちゃんともとに戻るのでご安心を。

(5)名前書き用のペンを使う

普通の油性ペンとは別に『名前書き用のペン』っていうものがあります。

このペンは、その名の通り、名前書き用に作られた、要は『布とかに書いてもにじみにくい』ペンです。

私が使った感じでは、物にもよるとは思うけど、書く生地によっても効果が違うので、
『上で紹介した方法』+『名前書き用のペン』
って言う、合わせ技として使ってます。


スポンサードリンク

名前を服に直接書かないっていう選択肢

タグに名前を書く時に、にじまない方法をご紹介してきたけど、中には
『本当は、タグも含めた”服”に名前なんか書きたくないんだよね~』
っていう人もいると思います。

確かに、子供の服ってすぐに小さくなっちゃうから、まだまだキレイな状態なんだけど、すぐに着れなくなってしまいます。

同性の姉弟がいるようなときだと、『おさがり』とかにもなるし、いない場合でも他の必要な人にゆずったり、そこそこいい服だったりの時には、オークションやフリマに出したりとかもありますもんね。

そんな時に、タグにしっかりと名前が書いてあると、売るに売れなかったり、おさがりにしても、名前を書きなおすのが大変だったり。

(1)お名前リボンって知ってます?

そんな時に、お勧めなのが『お名前リボン』っていうものがあるんです。
このお名前リボンは、にじみやすいタグと違って、ちゃんとにじみにくい素材で作られていて、しかも取り外しができるように考えられて作られているので、私は『いいお洋服』には、お名前シールを使って、その他にはタグに名前書きって感じで、使い分けをしてます。

お名前リボンの詳しい情報はこちら(他サイトに移動します)

さいごに

入学前の準備で、タグに名前を書く時に、思いっきりにじんじゃうと、憂うつになっちゃいますよね。見た目にも、かっこ悪いですし。

この記事が、そんな『にじみやすいタグの名前書き』の手助けになって頂けると、幸いです*^^*

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク

コメントを残す