寒い朝、車に乗ろうと思うとフロントガラスがパリパリ。これでは前が全く見えないので、運転できませんよね。こんなときって、みなさんはどのようにされていますか?

お湯をかけて溶かしたり、スクレーパーでガリガリこすったり…。寒い中、作業をするのもつらいですよね!こんなときに、毎朝の作業が少しでも楽になる方法があれば助かりますよね。

そこで今回は、フロントガラスが凍ったときの簡単な解決方法があるので、ご紹介していきたいと思います。

それは「自作の解氷スプレー」を使うという方法です。しかも、この解氷スプレーは、本当に効果抜群!朝の時間がないときに、その力を発揮してくれる優れものなんですよね!

スポンサードリンク

時間のあるときは「デフロスター」を使って便利!

車のデフロスターを使って、凍結を溶かす方法がありますよ。「で、デフロスターって何?」と思われる方いらっしゃると思います。

デフロスターを使って解氷する方法

デフロスターとは、フロントガラスの曇りを取るときに使う機能です。扇形のマークに温泉記号が組み合わさったマークをしているのですが、エアコンパネルの近くに表示されていますので確認してみてくださいね。

やり方も簡単です。車のエンジンをかけてから、デフロスターのスイッチを入れておけば、車の中もエアコンで温まり、フロントガラスの凍結も解けてくれます。運転するときには快適になっていますよ!

デフロスターで解氷するときのデメリット

ただ、ネックなのが「時間がかかってしまう」ということですね。時間にして、おおよそ10分くらいでしょうか…。

エンジンをかけておいて、身支度をしたりと時間の使い方を工夫することで、フロントガラスの解氷時間をボーっと待つことがなくなりますよ。

ですが、環境問題がとり立たされている中、「やっぱり、エンジンのかけっぱなしには抵抗があるわ!」という方には、この後で「解氷スプレー」を紹介しますね。


スポンサードリンク

すぐに凍結を溶かしたいときには「解氷スプレー」が便利!

駐車場が家から離れている方などは、暖機運転なんてできませんよね。そんな時は「解氷スプレー」をおすすめします。

解氷スプレーはどうやって氷を溶かすことができるの?

解氷スプレーで、なぜフロントガラスの凍結を溶かすことができるのでしょうか?

それは「水よりもアルコールのほうが、凍る温度が低い」ことの応用で、一度解かした氷がすぐに凍らないことで、フロントガラスの凍結を溶かしてくれるんですね。

そして、この解氷スプレーを簡単に自分で作ることができるんですよ。

自作の解氷スプレーの材料は?

材料は

  • 無水エタノール(ドラッグストアーで売っています)
  • スプレー容器
たったこれだけです。

自作の解氷スプレーの作り方

そして、この開票スプレーは、作り方も簡単です。無水エタノール:3に対して、水:1の割合であわせて、スプレー容器に入れるだけです。

これを車に積んでおいて、凍っているフロントガラスに「シュッシュッ」とスプレーすれば、すぐに解けてくれますよ。時間のない朝にも、お手軽ですね。

自作の解氷スプレーのいろんな用途

ちなみにこの解氷スプレーは、他にも使い方があるのです。

この開票スプレーは、スーパーなどの入り口などにおいてある「除菌スプレー」と同じ成分ですので、ご自分の手指の除菌にも使えますよ。

インフルエンザも気になる頃ですので、解氷と除菌で一石二鳥ですね。

車のフロントガラスが凍結したときに効果抜群の解氷スプレー!のまとめ

「フロントガラスが凍結したとき、傷をつけずに溶かす簡単な方法はこれ!」ということでお伝えしました。

デフロスターも解氷スプレーも、フロントガラスに直接触ったりしないので、フロントガラスに傷が入る心配がありません。

また紹介した解氷スプレーは、車の解氷だけではなく、ご家庭でも除菌スプレーとして使えます。この冬、いろんなところで活躍が期待できますよね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください