「まざまざと見せつけられる」の意味は?具体的な使い方

この記事は約4分で読めます。

「まざまざと見せつけられる」とはどのような意味がわかりますか?

意味は「はっきりと身にしみて感じられるように見せつけられる」です。

具体的な使い方としては、

「ピアノコンクールで私のあとに弾いた去年度優勝者に、私との技術の差をまざまざと見せつけられた。」
「何度オーディションに応募しても合格しない。現実の厳しさをまざまざと見せつけられた。」

このような感じでしょうか。

相手に自慢げに披露されるというよりも、誰が見てもその事実が明らかなように強く印象付けられる、というイメージですね。

スポンサードリンク

「まざまざと」の正しい使い方は?どんなときに使われる?

「まざまざと」では以下のような感情を表すことができます。

①相手との力の違いを思い知らされた敗北感

②嫌な思い出が引き出された不快感

③見えないものに対する恐怖感

正しい使い方を例文でご紹介します。

「まざまざと」の使い方★①相手との力の違いを思い知らされた敗北感
「定期テストの順位が発表され、彼女との学力の差をまざまざと見せつけられた。」

学力の違いを、誰が見ても確かな事実として身にしみて感じる様子です。

「まざまざと」の使い方★②嫌な思い出が引き出された不快感
「久しぶりに会った学生時代の友人との会話で、当時のトラブルの内容がまざまざと蘇った。」

今のことではなく、過去のことが今目の前にあるかのようにはっきりと思い出される様子です。

「まざまざと」の使い方★③見えないものに対する恐怖感
「戦争の資料館に行き、戦争の恐ろしさをまざまざと思い知った。」

はっきりと実感する様子です。

「まざまざと」の類語は?

類語としては、「ありあり」「はっきり」「明らか」「つくづく」「さやか」「ぬけぬけ」などがあります。

「まざまざと」という言葉は、正直、私にとっては日常会話であまり登場しない表現です。

口で話す口語文よりも、本に載っているような文語文の方がよく見かけるのではないかなと思います。

少し固くて昔っぽい表現ですね。


スポンサードリンク

「まざまざと」と「まじまじと」の意味の違いや使い方のポイント

「まざまざと」と似ている言葉として「まじまじと」というものがあります。

「まじまじと」は「じっと見つめる様子」を表す形容表現として使われるのが一般的です。

例文としては「赤ちゃんの顔をまじまじと見つめる」などです。

目を離さないで見つめる様子を表しています。

なので、「まざまざと」というのとは使い方が全く違います。

言葉のリズム感や印象は似ていますが、間違えると意味が通じなくなってしまうので気を付けてくださいね。

「まじまじと」には、「じっと見つめる」という意味以外にも、下記のような意味があります。

「まじまじと」の意味★①寝付けない様子
→「昨日の夜は興奮してまじまじしていた」

「まじまじと」の意味★②もじもじしてはっきりとした言葉や動作が出ない様子
→「彼はみんなの前に出ると気後れしてまじまじしてしまうらしい」

「まじまじと」の意味★③動じずに平然としている様子
→「まじまじと嘘をつく」

お恥ずかしながら、私はこのような意味を初めて知りました。

ちょっと古めかしい表現かもしれません。

私のようにこれらの意味を知らない方であれば、理解してもらえない可能性が高いです。

「昨日まじまじしちゃってさ~」(…とはなかなか言わないと思いますが(笑))なんて言われても「???」となってしまいそうです。

「まざまざと見せつけられる」の意味は?のまとめ

「まざまざと見せつけられる」の意味についてみてきましたが、いかがでしたか?

では、最後にポイントをまとめておきますね。

  • 「まざまざと見せつけられる」とは「はっきりと身にしみて感じられるように見せつけられる」という意味です。
  • 「まざまざと」は、敗北感・不快感・恐怖感を表すときに使われます。
  • 「まじまじと」と「まざまざと」とは全く別の意味です。
  • 「まじまじと」という言葉が使われるのは「じっと見つめる」という意味を表すときが一般的です。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク

コメント