出窓に雨音が当たってうるさい!自分で出来る出窓の騒音対策

この記事は約4分で読めます。

雨が降る日は家の中にいても雨音が気になりますよね。

出窓があると、でっぱり部分に雨音が当たるので余計にうるさく感じてしまいます。

このうるさい雨音を解消するのに良い対策はないのでしょうか?

スポンサードリンク

出窓の雨音問題の対策 出窓の雨音問題は、外側からと中側からの2つの方法で解消することができます。 出窓の雨音対策①外側からの対策

1つ目は、外側からの雨音対策です!

出窓の屋根部分に雨の音を吸収してくれるものを取り付けて、雨音を小さくするという方法です。

業者に依頼して、出窓の屋根の材質を変えてもらうこともできますが、それだと費用が高くなってしまいますよね。

もしも、自分で作業することができそうなら、防音シートやゴムシート、人工芝を出窓の屋根部分に取り付けてみてください!

この中でも、人工芝を屋根部分に取り付けると雨音が小さくなるという意見が特に多かったですよ。

出窓の雨音対策②中側からの対策

2つ目は、中側からの雨音対策です!

出窓に内窓を取り付けて、外から入ってくる雨音を遮断するという方法です。

こちらも業者に頼んで取り付けてもらうことが可能ですが、中には自分でDIYをして取り付けている人もいるようです。

内窓は雨音対策だけではなく、防犯性が高まったり、結露が減ったりといいことがたくさんあります。

雨音問題を解決して、家でのんびり過ごせるようにあなたのできる対策をしてみましょう!

雨音がうるさくて寝れない!自分で出来る出窓の騒音対策

個人的には雨の音を聞きながら眠りにつくのは意外と好きなのですが…

「雨音がうるさくて寝れない!」とお悩みのあなたのために、簡単にできる騒音対策をご紹介します。

自分でできる雨音対策①音楽を聴く

簡単にできて癒される方法といえば音楽ではないでしょうか?

うるさい雨音をごまかすためにも、ヘッドホンであなたの好きな音楽を流せばイライラも解消して心地良い眠りにつくことができそうですね。

自分でできる雨音対策②耳栓をする

無音な状態で寝たいという場合は、やはり耳栓が1番です。

耳栓といっても、「フォームタイプ」、「イヤホンタイプ」、「デジタルタイプ」といったように色んな種類があるんです!

付け心地や機能も異なるので、あなたにぴったりなものをチョイスしてみてくださいね。

自分でできる雨音対策③寝る場所を変える

ベッドの位置が出窓のすぐそばだったり、枕の方向が出窓側だったりするのなら、位置を変えてみるのもオススメです。

完全に雨音がなくなるわけではありませんが、音の響き方が変わってこれまでよりは雨音が気にならなくなる可能性もあります。

家の工事をしたり、DIYをしたりすることはそう簡単にはできませんが、自分でできる出窓の騒音対策もたくさんありますね。

眠りが浅く、睡眠の質が悪くなると健康面にも悪影響を及ぼしてしまいます。

雨音が気になって眠れないときは、あなたの心をリラックスさせることを優先してみてくださいね。


スポンサードリンク

寝室の出窓付近が寒い!ちょっとした工夫で寒さ解消!3つのこと

出窓のそばってひんやりしていてとても寒いですよね。

でもちょっとしたことで、出窓のそばのひんやり感を解消することができます。

3つのステップで出窓付近の寒さを吹き飛ばしましょう!

出窓付近の寒さ対策~ステップ①生地の厚いカーテンで断熱効果を高める

普通のカーテンよりも生地が厚く、断熱効果の高いカーテンをつけて部屋の暖かい空気が出窓から逃げていくのを防ぎます。

カーテンを変えるだけなら簡単にできるので、あなたもトライしやすいはずです。

カーテンが変わるとお部屋の印象も一気に変わるので、せっかくならおしゃれなカーテンを選んでインテリアとしても楽しみたいですね。

カーテンを選ぶときは出窓よりオーバーサイズのものにすると、より断熱効果が高まります。

出窓付近の寒さ対策~ステップ②テープで隙間風をシャットアウト

出窓からの隙間風が気になるときは、サッシと窓枠の間に隙間テープを張ってみましょう。

それだけで、隙間風が入らなくなりひんやり感が一気に解消します。

隙間テープを張るときは、事前にキレイに窓枠を掃除しておいてくださいね。

掃除をしておくことによってテープが長持ちします。

ずっとテープを張りっぱなしにしていると、そのうちテープが劣化して断熱効果が薄れてしまいます。

定期的に隙間テープを全て張り替えるようにしましょう。

出窓付近の寒さ対策~ステップ③断熱シートを貼って冷気をなくす

隙間風を防いでもまだひんやりするときは、窓に断熱シートを貼るのがオススメです。

断熱シートは水で貼り付けるものや、シールタイプになっているものがあります。

また、それぞれの断熱シートによって厚さやデザインも異なるので、あなたのお好みのシートを選んでみてくださいね。

断熱シートを購入するときは、事前にあなたの家の窓サイズをきちんと測り、窓サイズよりも少し大き目のものを選ぶようにしましょう。

貼るときに断熱シートをぴったりのサイズに切って貼り付けると、隙間なく窓にシートを貼り付けることができます。

出窓に雨音が当たってうるさい!のまとめ

スポンサードリンク

コメント