今年から、甥っ子が大学を卒業して働き始めました。仕事は近所のカラオケボックスでアルバイトをしている『フリーター』です。

一応、就活はしていたみたいだけど、なかなか就職先が決まらず、おこずかい稼ぎのために始めたようです。親からはしょっちゅう『どこか正社員を探して』と言われてるみたいだけど、実家暮らしって言うのもあって月5万円くらいのバイト代で問題なくやっていけてるみたいでした。

そんなある日のこと。めずらしく甥っ子が私に聞きたいことがあると訪ねてきました。話を聞くと

ついこの前、同じバイト先で働いているサラリーマンと掛け持ちしている人が『年末調整』とか『確定申告』って話をしているのを聞いて 『もしかして自分も20歳も過ぎてるし、確定申告って言うのをしなきゃいけない?』と思ったので、どうすればいいか聞きたい

っていうことでした。

この記事でお伝えしたいこと
  • アルバイトでも確定申告って必要なの?そもそも確定申告ってなに?
  • 確定申告って、やっぱり20歳を過ぎたら必要になるものなの?
  • 少しでも稼いだら、確定申告ってしなきゃいけないものなの?

っていうことについて、お伝えしていきますね。

スポンサードリンク
  

アルバイトでも確定申告って必要なの?

甥っ子が疑問に思っていた『アルバイトでも確定申告って必要なのか』っていう疑問の前に、そもそも確定申告って何なんでしょうね。

確定申告って何?
確定申告って言うのは、ひとことで言うと『払わないといけない税金の額を確定させること』です。

ここで決まる税金って言うのは『所得税』です。要は『あなたは、去年(1月1日から12月31日)の間の収入は〇〇〇万円だから、所得税は〇〇万円ですよ』っていうのを確定させるための申請なんですね。

所得税は自動的に決まって請求がくるんじゃなくて、自分で申請しないといけないんですね。ちなみに会社勤めのサラリーマンの場合は、会社が計算から徴収(給料から自動的に差し引かれる)をやってくれるので、確定申告をする必要はありません(代わりに年末調整っていうものを会社に提出します)

なので、ここで申告漏れがあったりすると、時々テレビのニュースで聞くような『〇〇さんが、脱税容疑で追徴課税』っていう風になってしまいます。

ちょっと前に利用が開始された『マイナンバー制度』は、この『所得税の申告漏れ(税金逃れ)のチェックをするために作られた制度』なんていう風にも言われたりしてますよね。

で、ここで決まる『所得税』、読んで字のごとく『所得』に対する『税金』です。なので、基本的には自分で事業をしている『個人事業主』でも、『フリーター』でも、ネットオークションなんかで利益を出している『せどらー』でも、確定申告は必要になるんですね。

確定申告って何歳から必要になるの?

では、その確定申告はいくつから、やらなきゃいけなくなるんでしょう?やっぱり大人になる『二十歳』を過ぎてからでしょうか?

実は、年齢は全く関係ないんです。収入があれば、誰でも確定申告をする必要があるんですね。例えば極端な話、幼児や100歳のおばあちゃんとかでも、所得があれば『確定申告』をする義務が発生するんですね。

なので、本来であれば学生のアルバイトでも、ネットオークションで物を売って利益がでるような場合でも、所得税を納めるために確定申告が必要となるんです。


スポンサードリンク

何円稼いだら確定申告しなきゃいけないの?

そうなってくると、例えば親戚のおじさんに頼まれて1日だけ仕事を手伝って、お給料という形で1万円もらった場合にも、わざわざ確定申告をしないと、脱税になってしまうんでしょうか?

年収103万円までは所得税はかからない

まず、基本的に1年間(1月1日から12月31日までの間)の所得が103万円以下の人には、所得税はかかりません。月々8万6千円程度ですかね。なので、1日だけ仕事を手伝って1万円稼いだ時も『確定申告』をする必要はないんですね。

でも、103万円を1円でも超えると、所得税を納める義務が発生してきます。ただ、この場合にでも場合によっては、いろんな控除(扶養者控除、障害者控除、保険控除)とかがあるので、それらを差し引いた金額が103万円を超えなければ、確定申告も必要なくなります。

なので、もし1年鑑にあなたが稼いだ金額が103万円を超えるような時には、税務署に相談してみると、詳しく教えてくれますよ。

アルバイトで所得税が給料から差し引かれているとき

アルバイト先によっては、既に月々の給料から所得税を計算して、会社が納めてくれている場合があります。給料明細を貰っているんだったら、1度見てみましょう。そして、このような場合、通常であればサラリーマンと同じように会社が手続きをしてくれているので、年末調整を書いて、場合によってはいくらか戻ってくる場合があるんです。でも、小さな個人でやっているようなところでのアルバイトの場合、年末調整の話すらない場合が多いんです。おそらく会社が手続きをしているんでしょうかね。

で、先ほどの『年間103万円以上』の金額を稼いでいるときは問題ないんですけど、103万円以下の場合は、前に書いたように『所得税を払う必要がない』んです。なので、こんな時には所得がわかるもの(給与明細)を持って税務署に相談してみましょう。払わなくてもよかった税金が返ってきます。でも、これを知らないままだと、そのままになってしまうので、すごくもったいないですよね。

さいごに

このように、日本では基本的にはお金を稼いだら『所得税』という税金を払うようになっています。ただ、いろいろと払わなくてもいい条件があるので、『自分の場合はどうなんだろう?』と調べて確認してみるようにしましょう。もしかしたら、払わなくてもよかったのに払っていたものが戻ってくる。なんてこともありますからね。

とにかく、何でも『知らないと損をする』のは、あなた自身です。特に税金や公共のサービスなんかだと『知ってる人だけ得をする』的なものが、本当にたくさんあります。

これを機に、少し『自分が損をしない』為に、いろいろと興味を持つ癖をつけていくといいですよ。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク

コメントを残す