書き損じはがきの交換手数料は?損を最小限にするはがきの交換の方法

この記事は約4分で読めます。

書き損じはがきは、1枚5円の手数料を払うことで新しい普通ハガキに交換してもらえます。

年賀状のようなくじ付きハガキには交換してはもらえませんが・・・

その手数料は現金で支払うことはもちろんできますが、なんと切手で支払うことも可能なんです。

でも、「じゃあ未使用のはがきでも手数料の支払いができるんじゃ?」という疑問もありますが、それはできないんです。

家に未使用の切手がある場合は、それを郵便局に持参して書き損じはがきを交換するのもいいです。

また、何もない時は相殺するという手もあります。

スポンサードリンク

書き損じはがきの交換手数料が値上がりする?!

詳しくはのちほど説明するとして、この書き損じはがきの交換手数料が場合によっては値上がりするということがわかりました。

2023年4月からの予定ですが、値上がりの対象は1回に100枚以上の交換をする場合となっています。

書き損じはがきや未使用切手1枚に対して5円から10円の手数料になります。

往復はがきも現在は10円ですが、こちらも20円になりますのでお気をつけください。

やはり数が多いと確認に手間と時間がかかるためでしょうか。

100枚以下の場合は現状のままと思われますが、また近くなれば詳細が発表されると思います。

ですので、今手元に書き損じはがきが貯まっているという人は、早めに郵便局に持ち込んだ方がいいですね。

書き損じはがきの交換手数料の計算の仕方は?切手でも代用できる?

書き損じはがきの交換手数料は1枚あたり5円ですので、10枚持っていけば50円かかります。

手数料は現金か未使用切手で払うことができます。

もしタンスの中に使わない切手があるならぜひそれを使ってください。

半分切手で半分現金でももちろんかまいません。

でも、いくら未使用とはいえ表面が汚れていたり削れていたりすると切手としての価値がないので、きれいなものを持参しましょう。

書き損じはがきも同様です。

未使用であっても消印の部分にらくがきしてしまったとか汚れが付着していたりすると、機械が読めないので未使用かどうかの判断ができません。

そういう場合も交換自体も断られることがあります。

実際どこまでがだめかというのは難しいのでとりあえずはもっていってみましょう。

ちなみにですが、ちょいちょい普通はがきって値上げしているので、持っているはがきが古いとさらに負担が増える場合がありますよ。

普通ハガキの価格推移は?昔のハガキも交換できる?

平成14年までは普通ハガキは50円でした!安いです!

平成26年で52円に値上がり、平成29年で一気に10円アップの62円。

そして令和元年のキリがいいところで(?)63円に値上がりして今に至ります。

久しぶりにはがきを買うと、今いくら?って混乱したりしますけどね・・・

そんなわけで、もし50円時代のはがきをもっていって、今の63円であるはがきに交換する場合は、13円も足りないわけですから、手数料5円払ってもマイナスになっちゃいます。

50円の書き損じはがきから今の普通はがきに交換するときは、トータルで18円払うことになりますのでご注意を・・・


スポンサードリンク

書き損じはがきの手数料を相殺するには?実例によるテクニックを紹介

書き損じはがきを交換したいけど、お金を払いたくないという場合もありますね。

手数料は現金か切手ということです。

なので、63円の書き損じはがきを持っていったら、全部を切手に交換したと仮定して5円分の切手を手数料にあてたことにします。

手元にくるのは58円分の切手となります。

こうすれば手元に現金がなくても交換できます。

書き損じはがきを普通はがきにしたい場合は、はがきが1枚で不可能になりますが、最低2枚あれば可能ではあります。

63円×2枚=126円

手数料10円分を切手で払うと残りは116円です。

このうち63円分を普通はがきに交換して、残りの53円分を切手に交換となります。

書き損じはがきをレターパックに交換することもできる

現代では手紙もはがきもほとんど出さないから、どっちに交換してもまた使わないかも?思う人もいますよね。

実は、はがきと切手以外に「レターパック」にも交換できるのです。

レターパックというのは専用の封筒のことで、この中に品物を入れて郵送することができます。

追跡機能もついていますので、安心感もあります。

発送も郵便ポストに投函すればいいだけなのでとっても楽ですよ。

最近はメルカリやヤフオク、ラクマなど中古商品の売買が大人気となっていますので、レターパックの利用者もかなり増えています。

何よりポストに入れるだけというのは会社勤めの人にとってはいいですよね。

仕事が終わってからだと郵便局の窓口は閉まっていますし。

書き損じはがきの交換手数料のまとめ

書き損じはがきの交換手数料は、現金や切手で払えますが、相殺するという方法もあるので、いらないはがきがあったらぜひ郵便局にもちこんでみましょう。

オークションなどをよく利用する人はレターパックに交換するのもアリですね!

どれも利用しないという場合でも、新品のはがきに交換したあと、金券ショップに持ち込めば現金化することも可能です。

スポンサードリンク

コメント