結婚式後に破断してしまう理由!祝儀は返さないといけない?

この記事は約6分で読めます。
スポンサードリンク

男性と女性間の問題って、様々なことがありますよね。

そもそも同じ人間なんていないので、考え方も人それぞれです!

よく、価値観の違い…ということってありますよね。

結婚をするときに、そこまで考えられないことが多いです。

そして良くも悪くも価値観の違いというのが現れやすいのは、結婚式です。

結婚式って、当日の新郎新婦はとても幸せそうにみえますよね。

でもそこにたどり着くまでに、どのカップルでもいろいろなことがあります!

もちろん平穏に準備をすすめて、平穏に結婚式をするカップルもいます。

しかしながら割合で言うと、一度はもめた!というカップルが多いのも事実です。

そして結婚式でそのような状況になると、式後に破断…というケースも稀にあります。

今回は、結婚式後に破断してしまう理由をご紹介していきます。

また、式後に破断してしまった場合にご祝儀は返すのか…についても、お話をしていきますね。

スポンサードリンク

結婚式後に破断してしまう理由って何がある?

これはあまり調べたくない内容ではありますよね。

でも、式の準備中にトラブルがあると、今後のことが気になる場合もあります。

もちろん、何があっても乗り越えられる!という硬い絆が新郎新婦にはあります。

でも、結婚式を理由に、式後に破断…ということも、ないとは言えません。

私自身が式場に勤めていたときのことや、周りの知人や友人の体験談をもとにご紹介します。

結婚式後に破断してしまう理由①金銭感覚の違い

結婚式の準備をするときって、お金にとてもシビアになります。

例えば料理や引き出物、衣裳や会場装花など。

どれを取っても全てランクがあって、上を選べばどんどん高くなります。

最初は、なるべくおさえられるところはおさえたい!と思いますよね。

でも知識がついてきて、いろいろなものを見ていくと、欲がでてきます。

そして、これにはこのぐらいお金をかけたい!という希望もでてきますよね。

その感覚が2人とも同じだと良いのですが、そうとは限りません。

中には、準備のときには言えなかったけど、後々気になってきた…というケースも。

どの部分にどのぐらいお金をかけたいのかは、意見が分かれやすいところでもありますよ。

結婚式後に破断してしまう理由②なにか隠し事が発覚した

これは理由としても多いかもしれませんね。

例えばですが、どちらかが浮気をしていたとか、借金があったとか。

実は離婚歴があって子供がいるとか、家族関連のことなどなど。

ケースは人それぞれですが、とにかく相手への隠し事が発覚したら、信頼を失います。

もちろん場合によっては、話し合いで解決できることもありますよね。

でも、付き合ってから結婚に至るまでずっと隠されていたのであれば、溝が埋まらない場合も。

内容にもよりますが、許しがたいことであれば、離婚に繋がることもありますね。

結婚式後に破断してしまう理由③義両親との関係性

結婚式の準備に義両親が関与してきた!というのはよく聞きます。

金銭的な援助など、ありがたい話なら良いですよね。

でも、中にはドレスとか料理とか、選ぶもの全てに口をだしてきた!ということも。

新郎新婦にとっては一生に一度のことですし、自分たちで決めるのが楽しいですよね。

その機会を奪われてしまうと、そこに不満が募る場合もあります。

結婚をするということは、お互いの両親との関係性も大事です。

結婚式の準備で嫌な思いをしたのであれば、式後に破断というのも考えられなくはないですね。

結婚式後に破断してしまう理由④結婚生活の中での相手への不満

式後すぐというわけではなく、数ヶ月経ってから破断…というのもありますね。

結婚式の準備中に喧嘩をして、相手の知らなかった一面が見えた場合。

そのときは我慢できても、日常生活で同じようなことが起これば、我慢できないこともあります。

結婚式に関係ないことでも、一緒に生活をしてみると相手の癖など。

ついつい気になってしまうことも増えていくはずです。

結婚式前から同棲をしていたカップルであれば、このケースは少ないかもしれませんね。


スポンサードリンク

結婚式後に破断してしまったらご祝儀は返すべき?

これは実際に、私のまわりでもありました。

ある友人の式に参列したときだったのですが、わずか数ヶ月で破断をしていました。

でもこのときに、ご祝儀は返してもらっていません。

私自身も、破断したなら祝儀を返してほしかった!とは全く思いませんでした。

結婚式後に破断してしまったからと言って、ご祝儀を返す必要はないと思います。

破断をしてしまうと、どのような理由であっても、新郎新婦は心労が絶えないですよね。

そのような状況で、すぐに参列者への気遣いはできないのではないでしょうか?

まずは自分たちの今度のことを考えて、日常に戻ることで精一杯だと思います。

もちろん落ち着いてから、仲の良い人に、少しお詫びをしたりとか。

食事に行って事情を話すというのは良いかもしれません。

そうすることで、自分自身の気分転換もできますよね。

結婚式後に破断してしまってもご祝儀は返さなくて大丈夫

でも、参列してくれた人たち全員に、ご祝儀を返すのは不可能です。

そもそも、ご祝儀をいただく分、当日に料理や飲み物、引き出物などでおもてなしをしていますよね。

なので、破断してしまっても返却する必要はないのかな?と個人的には思います。

ただ、ご祝儀をたくさん包んでくれた参列者の方っていますよね。

そのような方に対してちょっと気が引ける…という場合もあります。

そのようなときは、落ち着いたタイミングで事情を話して、なにか贈り物をしても良いですね。

どちらにしても、いただいたご祝儀を全員に全額返却するというのは無理な話です。

最終的には気持ちの問題なので、落ち着いてから考えていくことがおすすめです。

結婚式後に破断してしまう理由のまとめ

結婚式を挙げる新郎新婦は、幸せでいっぱいですよね。

そんな2人が式後に破断をするなんて、とても思えません。

でも、式の準備中も式後の結婚生活でも、様々なことがあります。

そのため、予想外ではあったものの、破断を選ぶ場合も少なからずあります。

理由は様々ですし、話し合って落ち着くケースは多いです。

でも、もうどうにもならないことであれば、破断を選ぶしかないかもしれませんね。

そうなったときに、ご祝儀ってどうすれば良いのだろう…とふと思う場合も。

ご祝儀自体は、そのときの新郎新婦を祝って渡したものですよね。

そして、当日料理や引き出物で、おもてなしをしてもらったのも事実です!

返さないと…と思わずに、落ち着いてから親しい人にはなにかお礼をするなど、ゆっくり考えていきましょう。

参列をした場合も、破断をしたならご祝儀を返してほしいと思わずに、新郎新婦を見守りたいですね。

スポンサードリンク

コメント