付け爪の接着剤が取れないとき!爪を傷めず外すにはどうすればいい?

この記事は約5分で読めます。
スポンサードリンク

ネイルチップは、サロンなどに行かなくてもおしゃれなネイルが簡単に出来上がります。

「時間がないけどワンカラーはいや」
「サロンのようなネイルがしたいけどすぐに取らなくてはいけない」

なんて時などに役に立ちます。

付けてみたものの、外し方が付け爪のケースに詳しく載ってなかったりします。

とはいえ、無理やり外したら爪が痛みそうで恐いですよね。

無理やり外すと爪が痛むだけでなく、粘着剤が爪に残ってしまい、汚くなります。

後悔しないためにも、無理に外すことは絶対にしないでください。

正しい外し方を確認してから綺麗にオフし、次のネイルチップも楽しみましょう。

スポンサードリンク

ネイルチップを接着剤で付けたときの取り方!専用リムーバーが使える!?

ネイルグルー(接着剤)は両面テープに比べ、1日生活しても取れにくい点がメリットです。

ですが、取れにくい分、オフする時も時間がかかって大変ということも覚えておいた方がいいです。

また、一度グルー剤を使ってしまうと、そのネイルチップはもう一度使うことができなくなってしまいます。

ネイルグルーオフに必要なもの

  • グルーオフ剤(リムーバー)
  • ウッドスティック
  • 爪やすり、コットン、アルミフォイル(グルー剤が残ってしまった場合)
  • キューティクルオイル

次に、綺麗にネイルチップをはがし、グルー剤を残さない外し方をご紹介します。

ネイルチップの専用粘着剤をオフする手順

①グルーオフ剤を自爪とネイルチップの間に流し込む
②1~2分程度置く
③ネイルチップがグラグラするようになったか確認する
④ウッドスティック差し込み上にあげながらゆっくりと外していく

グルー剤が残っている場合にきれいにする手順

①コットンを爪より少し大きめにカットし、グルーオフ剤を染み込ませ爪にのせる
②アルミフォイルをコットンごと指先に巻く
③1~2分程度置く
④爪やすりで軽く削りながら取る [/su_list] 爪やすりを使うと、自爪まで削ってしまうことがあります。

自爪まで削っていることに気づかずに削り続けると、爪が薄くペラペラになってしまいます。

私は爪やすりで削りすぎた失敗経験があります。

爪を削りすぎると、シャンプーをするときや物を指でつかむときなど、とにかく指に力を入れることが痛くて何日か辛かったのを覚えています。

それからは一回削るごとに、爪の状態を確認しながらやるように気を付けています。

自爪を傷めないよう、慎重に削るようにしてください。

ネイルチップが正しく外れた後のケア方法

グルー剤が綺麗に落とせたら、キューティクルオイルだとか爪専用美容液などを使って、爪表面と爪の生え際を丁寧に保湿してください。

指でマッサージしながらよくなじませると、まんべんなく綺麗に保湿できます。


スポンサードリンク

ネイルチップの外し方で両面テープの場合はぬるま湯でOK!

両面テープはネイルチップに付属でついているものをみなさん使っていると思います。

他にも、市販で売られている、ネイルチップに使う両面テープにはいくつか種類があります。

  • テープタイプ
  • 粘着グミタイプ
  • ワンタッチタイプ
それぞれ付け方や取れにくさなど特徴は違いますが、外し方はどれも同じです。

両面テープで付けたネイルチップは、グルー剤より取れやすく、壁に指をぶつけただけで取れてしまうこともあります。

ストッキングやタイツを履くときに取れることもしばしばです。

簡単に取れやすいので外しやすそうですが、爪に粘着剤は残ります。

グルー剤でのネイルチップの外し方を説明しましたが、両面テープで付けた場合はどう外すのでしょうか?

両面テープで付けたネイルチップのオフに必要なもの

  • 洗面器やボウル
  • ウッドスティック
次に、両面テープでの綺麗な外し方をご紹介します。

両面テープをオフする手順

①洗面器やボウルにお湯を張る(37度~40度くらいの温かさ)
②ネイルチップをしたまま指をお湯に浸し、1分程度置く
③ネイルチップがグラグラするか確認する
④ウッドスティックを差し込み、上にあげながらゆっくりと外していく

粘着剤が残っている場合は再度お湯に指を浸し、指でこすりながら取る

ネイルチップが正しく外れた後のケア方法

グルー剤をオフした時と同様、キューティクルオイルや爪専用美容液を爪表面と爪の生え際に塗り、しっかり保湿しましょう。

また、キューティクルオイルがない場合には、家にあるハンドクリームを塗っておくのもいいですよ。

付け爪の接着剤が取れない時の対処法のまとめ

頻繁にデザインが変えられ、飽きずに楽しめるネイルチップ。

ジェルネイルがしたくても、短期間しかできないという方にもおすすめのネイルです。

両面テープで付けたネイルチップを繰り返し使えます。

ですが、グルー剤で付けたネイルチップはもう使えなくなってしまうことを覚えておきましょう。

ネイルグルー剤(接着剤)と両面テープでは外し方が違います。

簡単に付けることができますが、外すときには少しコツがいります。

コツをつかんで素早く落とせるようになれば、たくさんネイルチップを楽しみたくなります。

ネイルオフ後のケアも忘れずにしっかりやると、健康的な爪が保てます。

手軽に楽しめるネイルで手元をおしゃれにしましょう。

スポンサードリンク

コメント