みんな大好き焼肉!メジャーな部位といえば

  • カルビ
  • ロース
  • ハラミ
  • 牛タン天肉

そしてホルモン全般!

これだけでも、十分すぎるほど豊富な種類があるのですが、実は牛肉にはまだまだたくさん美味しい部位があります。

でも、焼肉って

  • カロリーが高い!
  • ダイエット中に焼肉の話はしないで!

という方はいらっしゃるでしょう。確かに焼肉の部位に限らずほとんどのメニューは、カロリーが高くて太りやすいのです。

ですが、焼肉には「太りやすい肉」「痩せやすい肉」というものがあります。全てのメニューが高カロリーというわけではないんです。

「太りやすい肉」
「痩せやすい肉」

をしっかりと認知して、「痩せるとされる食べ方」をきちんと実行すれば、たとえダイエット中だろうと焼肉を食べても大丈夫なんですよ。

というわけで今回は、ダイエットに最適な焼肉の部位、そして食べ方をご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

焼肉の部位ごとのカロリーは?

まずは、焼肉の部位ごとのカロリーを見ていきましょう。

牛の部位ごとの100gあたりのカロリーは?
  • カルビ 約520cal
  • ハラミ 約390cal
  • 牛タン 約250cal

やはりダントツはカルビ!焼肉といえばカルビ!カルビを食べずして何が焼肉か!というほど、確かにカルビを食べないと、焼肉を食べてる感じはしませんよね。

カルビにはやせる効果が期待できる

ですが、カルビ自体にはダイエット効果がたくさんあるんです!食べ過ぎずにさえ気をつければ、なんと痩せる効果は期待できます。

ですが、カロリーが高いのは変わらないので、どうしても食べたいなら0.5~1人前に量は控えておきましょう。

ハラミも結構なダイエット効果が!

次いでハラミ。

ハラミはカルビほど高カロリーではありませんが、決して低カロリーでもありません。ハラミもカルビ同様に、食べるのならば1人前までにしておくのがベスト。

またハラミ自体にも、たくさんのダイエット効果があります。代謝アップやむくみ解消効果などもあるので、食べる量とカロリーだけ気を付ければ、逆に痩せる可能性があります。

低カロリーが魅力の牛タン

牛タンは、なんとカルビの半分以下のカロリーなんです。そうなんです!牛タンは、ダイエット中でも比較的多めに食べても問題ない部位なんですね。

牛タンは、他の肉と比べて数枚で満足できるので、あまり食べ過ぎることもなく。身体の代謝を上昇してくれる鉄分が多く含まれるので、比較的痩せやすい肉の部位です。

また、牛ではなく豚の舌、通称「豚タン」は約230kaclと牛タンよりも「やや低カロリーかつ低脂肪」なので、ダイエット的には豚タンがオススメ。ただし、ややクセはあるので好みにもよるのが難でしょうか。

意外な事実!ホルモンのカロリー

その牛タンや豚タン以上に、カロリーが低いのが『ホルモン』なんです。

ホルモンの100gあたりのカロリーは?
  • モツ      約287kcal
  • シマテッチャン 約162kcal
  • ハツ      約142kcal
  • レバー     約132kcal
  • ミノ      約181kcal

どれも100gあたりのカロリーで、モツ以外は200を切っています。

「ホルモンって脂の塊じゃん!」って思うかもしれませんが、それを覆すがごとく低カロリーな品ばかり。多少、食べ過ぎても全然問題ないですね。

しかも、噛み応えがあってお腹が膨れやすいのもグッド!食べる際はタレではなく、塩やレモンなどのサッパリした味付けをして食べるといいでしょう。


スポンサードリンク

ダイエットに効果的なオススメの焼肉の食べ方

ダイエットのことを考えたとき。焼肉は、網でよーく焼くこと。

大抵の焼肉屋さんでも、お肉は網で焼きますよね。実はこれ、肉の余分な脂を落としてくれているんです。

肉を焼くと、ぽたぽたと脂が落ちているのを見たことありますよね。よーく焼くと、さっと焼いたり炙ったお肉と比べて、最大30%の脂をカットできるといわれているんです!

なので、ダイエット中はいつも以上に、お肉の両面に火を通すようにするといいですよ。

肉でサラダを食べるべし!

肉でご飯を食べるのではなく、肉でサラダを食べるようにしましょう。

肉は糖質ではないですが、ご飯は糖質なので食べると「せっかくの糖質オフ」がもったいないです。ですので、サラダやサンチェを肉に巻いたりして食べると良いですよ。

また、野菜と一緒に食べることで、お肉の脂肪の吸収を抑える効果もある肉もあります。多少は野菜でお腹も膨れるのでオススメです。

最初は牛タン!ドリンクは黒烏龍茶

よく「焼肉は牛タンから!」って勧められませんか?これは美味しく食べるための順番でもあり、ダイエットのためでもあるんです。

牛タンは、他の部位と比べて脂質が低いんです。さらには、レモンを絞ることによって血糖値の上昇を緩やかにし、焼肉を食べても脂肪にさせづらくさせる効果があります。

なので、牛タンを最初に食べることは、ダイエットのために「最初にバリアーを貼る役目」といえるでしょう。さらに、飲み物は黒烏龍茶にして、脂肪の吸収を抑えます。

タレよりも塩

焼肉のタレは色んなものが入っており、当然のごとくカロリーが高いです。

ですが、塩ならば「塩分のみ」なのでさっぱりいただけます。

さっぱりしすぎて物足りなくなるかもしれませんが、レモンやごま油をアクセントに加えた「塩ダレ」をオススメします。

焼肉のカロリーは部位で違う!のまとめ

「焼肉は、デブへの最短ルート!」とか思っているかもしれませんが、すき焼きやしゃぶしゃぶよりは脂分を体内に取り込んでないのは確かです。

焼肉の最大の長所は「糖質が全くない」ということ!

ですので、カルビ、ハラミ、ご飯やデザートさえ我慢すれば、ダイエットになるということを覚えておきましょう。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください