みなさん「くわい」ってご存知ですか?

おせちに入っている「小さなカブのようなアレ!」と言われると、ピンとくるのではないでしょうか?

今回は、そんなおせちには欠かせない「くわい」について

この記事でお伝えしたいこと

  • くわいってどんな食べ物?
  • くわいを下処理するときのポイント
  • くわいの保存方法!解凍後の賞味期限はどれくらい?

っていうことについて、お伝えしていきますね。

スポンサードリンク

くわいってどんな食べ物?

くわいはおせち料理で定番の食材で、調理される前は、つやっとした藍色をしています。

その味は、ほろ苦さと甘みがあり、食感はほっくりだけれどもポソポソした感じでしょうか?

野菜の中でも、「極めて独特な食感」だと言えるでしょう。

くわいの由来

くわいとは、くわいの葉が鍬(くわ)に似ているために、最初は鍬芋(くわいも)と呼ばれていました。それが次第になまっていって「慈姑(くわい)」になったのではと考えられています。

くわいは、おせち料理では「芽でたい縁起物」として使用されますが、それはくわいが大きな芽と茎を出すことから由来しています。

くわいの旬

くわいの旬は、11月末から12月に限定される冬野菜です。生産量も少ないので、正月のお節料理に使われる高級商材として、世の中で認知されています。

産地は

  • 1位:広島
  • 2位:埼玉

となっています。なんとその2県で、全収穫量の約90%を占めているんですね。

くわいの栄養

くわいの栄養素の特徴は、野菜の中ではタンパク質が豊富で、なんと「サツマイモの約5倍」含まれています。

血圧を下げる効果が期待できる「カリウム」も豊富で、高血圧予防に良いとされています。

その他にも

  • 疲労回復に効き目があるビタミンB1
  • 骨や歯に必要なリン
  • 味覚を正常に保つのに必須の亜鉛

などを含んでいます。

くわいが苦い理由

くわいが苦いのは、ポリフェノールの一種の「カテキン」がその理由です。

そのカテキンには、抗酸化作用が期待でき、動脈硬化などの生活習慣病の予防に効果があるとされています。また、免疫力を向上させるなどの作用があるとされています。

くわいは古くは中国でも

  • 滋養強壮(じようきょうそう)
  • 長寿(ちょうじゅ)

が期待できるとして食されてきました。

冬限定の食材ですが、その栄養素や効き目を知ったなら食べてみたくなりますよね。

くわいを下処理するときのポイント

くわいの下処理は、そんなに難しくありません。皮をむいてあく抜きをすれば完了です。

くわいの芽と茎は縁起もので、ちゃんと食べることもできますよ。

なので、好みによって切り落さずそのままにするか、それとも根元から1.5~2㎝ぐらいに切り落して使っても、どちらにしても良いです。

くわいの下ごしらえ
ボールに水を張ります

くわいの底を平面に切ります。そうすることで、お皿に置くときに安定し、見た目もよくなります。

皮は、底部から上に向けて皮をむきます。くわいの皮はとても薄くてむきやすいです。その時誤って茎を切り落さないように気を付けましょう。

その際包丁でむくのがよいでしょう。皮むき器を使ってむくのもよいですが、削れ過ぎて茎ごとカットしてします恐れがあります。茎の皮も一枚むいておくとよいですね。

皮に少し切れ目を入れておくと、つるんと1枚きれいにむく事が出来ますよ。

くわいの皮をむいたらボールに入れた水に浸けていきます。

購入したおせちに入っているくわいは、六角形にきれいにむかれていますよね?

このやり方は、まず下から六面にむいていきます。くわいが小さいと、たくさん実を削ってしまい惜しいので、形にこだわらずに底だけ整えるだけで良いでしょう。

下処理はこれで終わりです。次に下茹でします。

下茹でをしない調理法もありますが、くわいは煮物にするのが一般的です。しかもアクが強く、それに下茹でをしておけば色が悪くなるのを防げることもあって、下茹でする方がおすすめできます。

くわいはそのままだと白いのですが、煮ることで黄色くなります。おせちに入れるのであれば、色付けすることでさらにきれいになりますよ。

  • 米のとぎ汁
  • お酢
  • くちなし

を色付けに用います。

くわいの下茹での仕方
くちなしの実をつぶします、そしてガーゼかお茶パックに入れます。

このとき、しっかり口を閉じておきます。

皮をむいたくわいを鍋に入れます。その中にとぎ汁、またはお水とお酢を大さじ1ほど入れます。

水の量は、くわいがしっかりと浸るくらい多めに入れてくださいね。

沸騰後3分ほどゆでます。ゆであがったら、ざるにあげて冷めると出来上がりです。

くわいは水からゆで上げます。くちなしがなくても問題ありません。色は薄くなりますが、仕上がりはきれいな色になりますよ。

くちなしを入れるなら、その量が多すぎると色が濃くなりすぎてしまいます。調節するために、少しずつ入れるなどしてくださいね。

これで下準備完了です!


スポンサードリンク

くわいの保存方法!解凍後の賞味期限はどれくらい?

くわいを保存する方法は、冷蔵庫だと2通りあります。

くわいの保存方法①

まずは、水道水でくわいを洗って、しっかりと水分をふき取ります。

そして、そのくわいを新聞紙に包みます。さらにポリ袋に入れておけば、冷蔵庫で保存できますよ。

くわいの保存方法②

タッパーなどの入れ物にくわいを入れて、水に浸します。そしてタッパごと、冷蔵庫の冷暗所に保存しましょう。

水に浸けて保存しているので、だんだんとその水が濁ってきます。なので、2~3日に一度、水を変えてくださいね。

くわいを冷凍保存する

舌書したくわいをしばらくの間使わないのであれば、冷凍保存すると良いでしょう。

冷凍保存する場合は、下処理まで済ませておきます。下処理したくわいをラップに包んで、密閉できる袋に入れて冷凍庫で保存します。

その冷凍したくわいを使用する時は、解凍せずにそのままで煮物などに使用できます。

保存できる期間は約1か月です。しかし保存期間が長くなるとやはり味が落ちてくるので、早め早めに使ってしまうことをおすすめします。

くわいを解凍後の賞味期限って?のまとめ

くわいを食べるのは、お正月ぐらいしかないかもしれません。

でもご紹介したように、くわいは栄養価もとても高くてとっても美味しいので、是非「芽でたい縁起物」として、年の初めには食べておきたいですね!

下ごしらえなどが少し面倒かもしれませんが、年に一度ぐらいのことなので、挑戦してはいかがでしょうか!?

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください