近年、海外への旅行って、手軽にすぐに行けるようになりましたよね。
格安航空などが沢山でき、一般の方も行けるようになったことも大きいでしょう。

そして、海外に行く理由の一つとして、家族旅行があります。
「初めての海外が家族旅行」という人も多くいると思います。

でも、「初めてだとなにを持っていっていいのやら…」と、不安になることも多いでしょう。
子供連れでの家族旅行ならなおさらですよね。

そこで今回は、家族で行く海外旅行について

  • 子供の持ち物リスト どういうものを準備すればいいの?
  • 海外旅行の保険について
  • 子供を連れての海外旅行って教育の一環になる?

っていうことについて、お伝えしていきますね。

スポンサードリンク

みんなどうしてる?海外旅行の保険 子供だけで入れるの?

さぁ、楽しさ半分不安半分でしょうか?
その不安を消す方法としては「保険に入る」という事が効果的です。

正直初めての土地で、わからないことだらけです。
わからないことでトラブルに巻き込まれたり、事故にあうこともあるかもしれません。
そんな時は、保険に入るのをオススメします。

保険にはたくさん種類がありそれに合わせて金額が提示されます。

  • ケガ、病気での保険
  • 事故、事件などの保険
  • トータルにサポートしている保険

と、その種類もたくさんあります。

そして保険の加入の仕方にも、

  • 個人で入るもの
  • 団体で入るもの
  • 旅行プランとセットの物

と、いろいろあります。

お子さんが心配なので「子供だけ保険に入れる」という方もいます。
そういう方のために「子供専用のプラン」というのもありますので安心してください。

どれがおススメと言われれば、すべてに保証してくれるものが一番いいのでしょうが、当然高額になります。

ですので、あなたが行動することで起きそうなもの、不安のあるものを選んで保険に加入することも出来ます。
あなたの家族のスタイルに合わせて選んでみてください。


スポンサードリンク

子供を連れての海外旅行はグローバル教育の第一歩!?

子供を連れての海外旅行。これって、子供のグローバル教育の第一歩になりえるんでしょうか?

私個人的にはですが、あんまりグローバル教育の第一歩になるとはあまり思えません…。

旅行の期間は、長い方でも一週間くらいだと思います。
その一週間で、いったいどれだけのものを吸収できるでしょうか?

もし、それで教育として成り立つのであれば、みんなそうするでしょう。

確かに、経験としては素晴らしいものになると思います。
日本も素晴らしい文化などがありますが、海外はもっと色々な文化があるでしょう。

「グローバル教育」というテーマをもっていくのは素晴らしいでしょうが、それが主になるとお子さんも楽しめないかもしれません。
せっかく、日本ではなく海外に行って、普段見れないものを見れたり、体験できるんです。
なので、そういった「体験すること」を最優先事項にしてもらいたいと、私は思います。

でも、自主的に子供が行きたいというのであれば、グローバル教育のためになるかもしれません。
やる気があれば、なんでも吸収する力があります。
ただ、親御さんの気持ちだけでは難しいかもしれませんね。

あとは、一緒に行くお子さんの年齢も関係するかもしれませんね?
「三つ子の魂百まで」という言葉もあるので、もしかしたら…

あとは、ある程度色んなものを認識できるようになった時に連れていくと、英語を少しでも身につけれるかもしれません。
小さい子供は、意外と大人の人の行動、言動を見ていますし、子供はまねるのが得意です。
それが上手くいけば、短い期間でも、これももしかしたら…ですが。

まぁ、勉強のためにも、経験や体験、思い出つくりには間違いなく楽しいと思います。

海外旅行のとき子供の持ち物リストは?のまとめ

私も海外旅行に行ったことがあります。

色々持ち物を考えて持っていきましたが、ほとんどは現地でまかなえると思います。
どうしても「これだけは」と、こだわりがある人は、それだけを忘れないようにしておけば、それで問題ないと思いますよ。

ちなみに、お子さんの持ち物は、色んなサイトをみると共通しているのは、小さいお子さんなら

  • ミルク
  • おむつ

この2つは結構書かれていました。
あとのものは「現地調達」がやはり便利なようですね。

あと、私の経験上であれば、日焼け止めは持っていた方がいいと思います。
意外と日本より紫外線が多いと感じたので、こちらもおススメです。

ぜひ、思い出になる旅行にしてくださいね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

<子育てのお役立ち情報>
子育てのお役立ち情報はこちら
<生活のお役立ち情報>
生活のお役立ち情報はこちら

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください