唇のふちがヒリヒリ痛んで、辛い時ってありますよね。
リップクリームを塗っても治らないと、「諦めるしかないのかな…」とがっくりきてしまうと思います。

唇のふちがヒリヒリするのは、主に2つの原因があります。

1つ目の原因は、乾燥です。
唇は粘膜ですので皮脂腺がなく、皮脂が分泌されない為自力で潤う力がないのです。
その上で食べ物や飲み物などから刺激も受けやすく、非常に乾燥しやすい部位とも言えます。

2つ目の原因は、口唇ヘルペスです。
口唇ヘルペスは、ヘルペスウイルスが原因で起こる感染症です。
風邪をひいて体が弱っていたり、疲れやストレスが溜まっていたりすると、口唇ヘルペスの症状が発現してきます。
唇のふちのヒリヒリだけではなく、水泡が現れてきているようでしたら、一度皮膚科を受診してみましょう。

スポンサードリンク

1.唇のふちのヒリヒリには保湿を!効果的な方法はコレ!

乾燥によって、唇のふちがヒリヒリする場合、唇の保湿を行うのが大事です。

ただリップクリームを塗るのだけでは追いつかないので、しっかりとスペシャルケアを行うようにしましょう!

(1)スペシャルケアで唇がぷるぷる! 具体的な方法とは?

まずは、口紅やグロスなどのリップメイクをきちんと落とす事が重要です。
顔全体をクレンジングしているから大丈夫と気を抜かず、ポイントメイク落としを使って落としましょう。

次に、リップスクラブを使って角質を取り去ります。
余分な角質を取る事で、更に保湿効果が高まります。

更に、ハチミツとワセリンを混ぜて唇に塗ります。

ハチミツは高い保湿性がある他、とっても高い

  • 殺菌作用
  • 消炎作用

があります。
ワセリンは唇の表面に留まり、角質層から水分が蒸発するのを防いでくれるのです。

最後にマスクをして、そのまま一晩ぐっすり寝ましょう。
マスクは自分の呼気でマスク内の湿度を上げる為、唇の保湿に効果があります。

翌朝には、ぷるぷるの綺麗な唇に戻っていますよ。
是非週1回のペースで、スペシャルケアを行ってみてくださいね!


スポンサードリンク

2.唇がヒリヒリするときには普通のリップクリームは効果なし!?

唇の保湿をしようとリップクリームを塗っても、効果が現れない時がありますよね。

実はリップクリームにもいくつかの種類があり、適切に選ばないと効果が出ない場合もあるのです!

(1)リップクリームはどれも同じじゃない!? その理由とは?

お手持ちのリップクリームのパッケージを見ると、

  • 化粧品
  • 医薬部外品
  • 医療品

のどれかが書かれているはずです。

これは
「化粧品 < 医薬部外品 < 医薬品] の順に、効果が高くなるという事を表しています。

しかし、効果が高いからと医薬品のリップクリームを使い続けると、副作用が現れてしまうリスクもあります。
ここで大事なのは、「唇の状態に合わせて選ぶ事」なのです!

(2)どう使い分けるのが効果的?リップクリームの選び方!

「化粧品」のリップクリームが向いているのは赤ちゃんやお子さん、唇に何のトラブルもない方です。
保湿効果しかない場合が多いですが、その分副作用やトラブルの心配なく使用できます。

次に「医薬部外品」のリップクリームが向いている方は、ちょっとした炎症やひび割れが起きているなど、軽度のトラブルがある方です。
抗炎症成分や代謝促進剤が配合されているものもあり、唇の荒れをある程度ならば治癒させる効果が期待できます。

最後に、「医療品」のリップクリームが向いている方です。
唇がパックリ裂けてしまったり炎症がひどいなど、トラブルが発生している唇に使用しましょう。

ただし先程も述べたように、副作用が発生するリスクもあります。
何か異常があれば「医薬品」のリップクリームを持って、皮膚科へかかるようにしましょうね。

また、唇がヒリヒリする原因となるヘルペスには、普通のリップクリームは効かないんです。
そんなときオススメなのが「ヘルペスの予防効果もあるリップ」です。

世界中で発売されているのも、ごくわずかなメーカーからだけというリップなんです。
もしもヘルペスが原因のときには、試してみるのもおすすめです!

ピリピリ、ムズムズ専用の『リップエッセンス』

3.唇のふちがヒリヒリして痛いときのまとめ

唇のはしがヒリヒリする場合は、乾燥か口唇ヘルペスが原因である事が多いです。
唇に水泡ができて痛む時は、早めに皮膚科を受診しましょう。

毎日きちんとリップメイクを落とし、こまめに保湿する事が大切です。
週に1度はリップスクラブで角質を落とし、ハチミツとワセリンを使ってスペシャルケアを行いましょう。

また、トラブルが起きた唇は「医薬品」のリップクリームを使用しましょう。
ただし副作用の恐れもあるので、注意しましょう!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

<生活のお役立ち情報>
生活のお役立ち情報はこちら

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください