「マテガイ」

あまり聞いたことがない方も多いかもしれませんね。

潮干狩りと言えば、やっぱり「アサリ」などをイメージする人が多いのではないでしょうか?

実はマテ貝の潮干狩りのやり方にも、独特なものがあります。
素直に取れることもありますが、簡単な取り方は、砂にマテ貝のいる穴があるので、そこに塩を入れることで取れやすくなれるそうです。

実際、私自身も食べたことはありますが、自分でとったことはありませんが…。

見た目が何とも言えないマテ貝。
普段から見慣れていないからかもしれませんが…

この記事でお伝えしたいこと

  • マテ貝はアサリと違って砂抜きがいらないって本当?
  • 潮干狩りで採ったマテ貝のおすすめ美味しい食べ方

っていうことについて、お伝えしていきますね。

スポンサードリンク

1.マテ貝はアサリと違って砂抜きがいらないって本当?

私の個人的な感想で言わせていただくと「砂抜きは必要!」です。

貝の中でも、比較的砂が入ってないマテ貝ですが、「マテ貝に砂抜きは不必要だよ~」と聞いていたので、砂抜きをせずに食べたことがあります。

確かに、ほかのアサリなどの貝に比べれば少なかったですが、食べるときに砂のじゃりじゃりは口のなかで感じました。

多分、気にならない人は気になりません。
が、私は気になってしまいました。
なので、私的には「砂抜きは必要!」と言ってしまいました。

だって「食感に問題がなくても、体の中に砂が入ると思うと抵抗がありませんか?」というのが、私の個人的な感想です。

後は、砂が入っていることで調理内容や、海のにおいが結構残る感じがするのでということもあります。

結構私の意見が多いですが、

  • 食べるうえでマテガイ本来の味を楽しむのであれば
  • 体の中に砂が入るのに抵抗があるのであれば
  • 少しの砂の「じゃりっ」とした食感に抵抗があるのであれば

やはり手間はかかるかもしれませんが砂抜きすることをおすすめします。


スポンサードリンク

2.マテ貝の美味しい食べ方は刺身がおすすめ!甘みと磯の香りが絶品です

「マテ貝の刺身」ってあまり聞かないですよね?
しかし、結構刺身にして食べてる人もいるそうです。

私もそのうちの1人です。
実は、マイナーな食べ方なのかもしれませんが、一度食べると癖になる美味しさなんですよね。

刺身以外だと、私の地元の方だとバター炒めにしたりとかが多いですね。

では、そんな「マテ貝の刺身」はどうやってやるのか?その調理の仕方をご紹介していきますね。

(1)マテ貝の刺身の作り方

まず、上(頭の方から)表面の貝を取るようにします。
包丁で切れ目を入れると、意外と簡単に取れますよ。

そして、マテ貝の中身を取り出します。

取り出した中身を包丁で

  • 食べれる身の部分
  • ヒモと言われるいらない部分

に分けて二つに切ります。

次にマテガイの真ん中を裂くように、包丁で切っていきます。
そうするとマテガイの内臓が出てきます。

あんなに細いのにしっかり内臓があるんです。
内臓を取ったら完成です。

これは好みの問題ですが、塩を少しも見込むようにして洗うと美味しくなって、私は大好きです。
これで刺身の完成です。

本来のマテ貝は少し甘みがあるものなので、甘みを楽しみたい方は塩を使わない方がいいかもしれません。
その方が磯の香りも楽しめるかもしれませんね。

「マテ貝で刺身なん…」と思った人も多いでしょうが、意外と皆さん、自分なりの食べ方を紹介している人も多いですよ。

そしてマテ貝には、刺身以外にも美味しい食べ方もあるので、興味がある人は調べてみて、自分のお気に入りの食べ方を見つけてくださいね。

3.マテガイは砂抜きがいらないは本当?のまとめ

アサリなどに比べれば、マテガイはそんなに有名ではない貝ですが、食べてみるととても美味しいです。
最初にも言ったように、見た目は正直微妙なところですが…。笑

あと、「マテ貝はお刺身がおススメ」という事でご紹介してきましたが、普段お刺身は何で食べていますか?

普通は「醤油とワサビ」が定番かもしれませんが、私はマテ貝の場合「ポン酢と柚子胡椒(ゆずごしょう)」で食べるのが好きです。
ぜひ、こちらも試してみてください。

では、美味しく自分なりのマテ貝の食べ方を試してくださいね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

<生活のお役立ち情報>
生活のお役立ち情報はこちら

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください