方言でのおはようは全国でこんなに違いがあるって知ってた?

この記事は約5分で読めます。

みんな、「自分が住んでいる地域の会話が標準語」と思っていますよね?

私もそんな中の1人でしたが、以前違う地方からやってきた人に「なんかなまってるね?」って言われました。

そのときはじめて「これってなまりだったんだ!」って衝撃を受けたことがあります。

方言となまりはだいたい同じですが、イントネーションが違うだけの場合と、まったく違う言葉を使う場合と色々あります。

おはようは朝の挨拶ですが、おはようが当たり前でない地域もあるようです。

それでは「おはよう」をどんな風に言うのかを見ていきましょう。

  • 「はやい」(佐賀)
  • 「はやいな」(三重)
  • 「はやいのー」(福井・香川・大分・など)
  • 「おはやがんす」(岩手)
  • 「おはよーさん」(三重・滋賀・京都・大阪・兵庫・奈良・島根・大分など)
  • 「おはよごす」(青森)
  • 「はやえなっす」(福島)
など、これはなんとなく意味合いはわかりますよね。

お笑い芸人には関西人が多いですが、「おはよーさん」って言ってるのはよく耳にします。

ふざけてるというか、親しみがあるようにわざと言ってるのかと思ったけど、普通に方言なんですね。

「おはよう」も良く考えると「はよう=早よう」を丁寧語にして「お」をつけただけですね。

「はよう」と言うのは、自分より先に起きている人に対して「早起きだね」って意味合いで言われるようになったというわけです。

では、次の方言はどうでしょう?

私はまったくわからなかったです。

  • 「おひなりましたか」
  • 「おひんなりまいたか」
意味合いとしては「起きましたか?」みたいな感じだそうです。

使われるのは西日本が多いみたいですね。

鹿児島県は「こんちゃらごあす」なんかそれっぽいですね。

そんな中でも沖縄県は別格です。

「うきみそうちい」もはや覚えられません・・・。

スポンサードリンク

「こんにちは」を方言で言ってみよう!あなたの県では何という?

次に「こんにちは」の方言について考えてみたいと思います。

ちなみにうちは群馬県ですが、普通に「こんにちは」です。

面倒で「こんちは」とか「ちわっす」とかありますが、これは方言ではないでしょうね。

他の県はなんというのでしょうか。

「こんにちは」は比較的標準語の地域が多いようです。

  • 富山県「まいどはや」
  • 石川県「こんね、まいどさん」
  • 和歌山県「こんちは」「こんちゃ」
  • 鹿児島県「こんちゃらごあした」
  • 沖縄県「ちゅーうがまびら」男性「はいさい」女性「はいたい」
「はいさいおじさん!」って歌がありましたね。

これはおじさんに言う「こんにちは」だからだったんですね。

「ちゅーうがまびら」ですが、「ちゅー・うがまびら」で切ります。

「ちゅー」は今日で、「うがまびら」は拝む、お目にかかりましてという意味となります。

いきなり「ちゅーうがまびら」って挨拶されても、「何?!?!?!」ってわからなくて絶句してしまうかもしれません。笑

そしてやはり「こんにちは」が方言の地域は少ないかもしれません。

ちなみにですが、「こんにちは」の最後がなぜ「わ」ではなく「は」について考えたことがありますか?

「こんにちは」は「今日は」だから「は」なんです。

正確には「今日は天気がいいですね」などの挨拶だったのが、頭の部分だけ取って「今日は」となって「こんにちは」となったのです。

「略しすぎだろ!笑」って思いもしますが、そういう意味だったのですね^^;


スポンサードリンク

「おやすみなさい」を方言で!えっ?これって全国ではつかってないの?

「おはよう」や「こんにちは」で方言があるのですから、当然「おやすみなさい」にもあるんでしょうね。

「おやすみなさい」はそのままの言葉ですから、「夜だから休みましょう」って意味ですよね。

方言だとしても、それに近い意味であることには変わりないと思います。

それでは、全国の「おやすみなさい」をご紹介しましょう。

  • 「おやすめんせ」(岩手)
  • 「おやすみさんしょ」(福島)
  • 「おやすみなんせ」(茨城)
  • 「おやすみやっせ」(群馬)
  • 「おやすみちょさい」(山梨)
  • 「おやすみまれ」(富山)
  • 「おやすみなろ」(福井)
  • 「おやすみーや」(石川)
  • 「おやすみなしやぁ」(愛知)
このあたりは頭に「おやす」がつくので、語尾がちょっとなまってるだけに近いです。

ちなみに「おやすみやっせ」は群馬の方言ですが、私は使ったことないです。

方言というのは県でというより、ほんの1つの市町村のみで使われている場合も多いですね。

  • 「おみょーぬず」(宮城)
  • 「ねえいくだに」(静岡)
  • 「おしまいやす」(京都)
  • 「やすんでくりょー」(静岡)
  • 「にんじみそーれ」(沖縄)
これらはまったくの別語ですね。

でもやはり「最後の部分」を見ると、地域性が出ているなと思いませんか?

「おしまいやす」とか京都ですが、おこしやすとかおいでやすとか言いますもんね。

にんじみそーれは沖縄ですが、そーれの部分が沖縄っぽいです。

めんそーれ沖縄とか言いますよね。いらっしゃいって意味ですが。

方言でおはようは全国でどう違う?のまとめ

日常的に毎日使う言葉

「おはよう」
「こんにちは」
「おやすみなさい」

にもたくさんの方言があることがわかりました。

方言というのは産まれたときから聞いている言葉で、当たり前であり標準語だと思っているくらいですよね。

突然別な地域の言葉を聞くと、何を言ってるのかわからないという状態に陥りますが、それが普通なんですもんね。

文化というのはおもしろいものです!

私の住んでいる市町村は県境にあるせいか、学校とか結婚、仕事などで行ったり来たりするせいか、方言が移ってきたりもしますよ。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク

コメント