パスポートの更新にかかる費用!期限切れだと高くなるって本当?

この記事は約5分で読めます。
スポンサードリンク

楽しい海外旅行!

でも「いざ旅行の準備をし始めたら、まさかのパスポートが期限切れ?!」なんてことはありませんか?

頻繁に海外へ渡航される方は良いですが、たまにしかパスポートを使わない人の場合!

気づいたら「期限が切れていた」なんて声も良く聞きます。

では、パスポートの更新はどのような手続きをすれば良いのでしょうか?

有効期限が切れていたら、再発行の料金はどのくらいかかるのでしょうか?

そこで今回は、そんなパスポートの更新費用について、詳しく見ていきましょう!

スポンサードリンク

パスポートの更新費用は消費税込み?どれくらい持って行っておけば大丈夫?

パスポートの更新の費用は、お持ちのパスポートの種類によって費用も変わります。

  • 10年旅券 ・・・16000円
  • 5年旅券  ・・・11000円
  • 5年旅券(12歳未満)・・・6000円
  • 記載事項変更旅券   ・・・6000円
そしてパスポートの更新には、いくつかの公的な書類が必要となります。

その書類を発行してもらうための料金も少し必要となりますので、

上記の更新費用にプラス1000円ほど用意しておけば問題なく更新手続きが済むはずです。

パスポートの更新には何が必要?

パスポートを更新するためには、料金の他にも持参しなくてはいけない書類がいくつかあります。

この書類は、更新の回数や記載事項の変更の有無によって種類に違いがあります。

まず初めての更新の場合で必要な書類としては、

  • 一般旅券発給申請書
    その場でも記入できますが、手続きの時短の為にも自宅で記入して持っていくのがオススメです。本人自署の欄がいくつかありますので、お子さんのパスポートの申請の際は気を付けましょう。
  • 戸籍謄本・戸籍抄本
    パスポートの申請が自分一人の場合はどちらでも大丈夫ですが、家族と一緒に申請の場合は戸籍謄本が良いでしょう。
  • 本人確認書類
    運転免許証、運転経歴証明書、マイナンバーカードなどであれば1点でOKですが、健康保険証や学生証の場合は2点以上必要となりますので、お気を付けください。
  • 写真
    パスポート用の写真は、6か月以内に撮影されたもので、無背景(柄や影もダメ)、無帽、正面を向き中央に写ったもの、鮮明な画質で、サイズは縦45mm×35mmとかなり細かく決まっています。証明写真や写真屋さんはもちろんですが、最近では自宅で撮影したものをネットプリントを使って印刷したものも多いようです。
  • 前回のパスポート
このような書類が必要となります。

このとき気を付けて頂きたいのが、「戸籍謄本」「戸籍抄本」についてです。

住んでいる地域の役所で取得できる場合は問題ありませんが、別となる方の場合は事前に郵送などで申請をして取得しなくてはいけません。

手元に届くまでに数日かかりますので、余裕をもって準備してください。

また、更新の書類には、本籍地を記載しなくてはいけません。

「本籍ってどこだったっけ?」という方は、早めにお役所に相談して本籍地の確認をしておきましょう。

我が家は転勤族なので、毎回戸籍関係の書類を取得する際にはバタバタしています。

郵送は結構時間がかかることも多いので、日程には余裕をもっておこなうことをオススメします。


スポンサードリンク

パスポートが期限切れの更新費用は?費用はどれくらい違ってくるの?

パスポートの有効期限が完全にきれてしまった場合は、新規の発給申請と同じ手続きが必要となります。

そんなとき気になる費用は、実は更新の費用と変わりはありません。

更新よりも期限切れの新規のほうが費用がかかりそうなイメージでしたが、料金に違いはないとのことで一安心ですね。

では、更新と新規発行ではなにが違ってくるのでしょうか?

料金や書類もほとんど変わらないのですが、更新の方が少しだけ書類が少なく済む場合があります。

期限切れ新規発行の場合も、必要な書類としては、

  • 一般旅券発行申請書
  • 戸籍謄本・戸籍抄本
  • 本人確認書類
  • 写真
  • 前のパスポート
となります。

この時、もしも新規ではなく“更新”で、さらに前回のパスポートと記載事項に変更点が無い場合には、戸籍謄本・戸籍抄本が不要となります。

戸籍関係の書類は、上記にも書いた通り、場合によっては郵送で取り寄せなくてはいけない場合もありますよね。

更新の場合は、戸籍関係の書類を持参しなくても良い場合があるので、少しだけ手続きが楽になるというわけです。

パスポートの更新料金はクレジットカードでも支払えるの?

さて、パスポートの更新をしようと考えた時に気になるのが、支払い方法ですよね。

最近はキャッシュレス化が進み、現金を持ち歩かない、なんて人も増えているのではないでしょうか。

私も、スマートフォンがあれば支払いができるので、お財布を家に忘れてしまったことが何度かあります…。

お財布を忘れた時に困るのが、支払いに現金しか使えない時。もう大ピンチです。

パスポートの更新という、大事な手続きでトラブルはなんとしても避けたいですよね。

調べてみたところ、2022年時点ではパスポートの更新に使用できるのは「現金のみ」のようです。

更新手数料は、収入印紙もしくは証紙によって支払うこととなっています。この収入印紙を購入できるのは、基本的に現金のみなんですよね。

というわけで、残念ながらクレジットカード決済など、キャッシュレスには対応していないことがわかりました。

しかし、現在様々な行政手続きがデジタル化に移行しつつありますよね。

実はパスポートの更新もそのうちの一つ。

デジタルでの手続きができるよう、準備が進められるそうです。

デジタルでの手続きが可能になった際には、クレジットカードでの支払いができるようになるでしょう。

どこまで他のキャッシュレス決済に幅広く対応するかは分かりませんが、ぜひともたくさんの決済方法に対応してほしいですね!

パスポートの更新にかかる費用は?のまとめ

書類の少なさなどからすると、やはり期限が切れる前に更新したほうが楽ですよね!

とはいえ、パスポートはそんなに頻繁に使用する訳ではないというご家庭もおおいと思います。

いざ!という時には手続きに戸惑ってしまわないように、日数に余裕をもって手続きを行ってくださいね。

素敵な海外旅行の参考にしていただけたら嬉しいです。

スポンサードリンク

コメント