財布の買い替えの頻度はどのくらい?どんな時に替えている?

この記事は約5分で読めます。

財布の買い替え、みなさんはどれくらいでしていますか?

これは本当に人それぞれとしか言いようがないですね。

ブランドが好きな人は、新作が出るたび買い替えていたりもしますが、高いので経済的に余裕がないとできませんね。

何年ごとと決めている人や、ボロボロになったら買い替える、人からプレゼントされたら替えるなどさまざまです。

性別で言えば女性の方が使用頻度も高く、頻繁に買い替えることも多いでしょう。

今はスマホで支払えるので財布を持たないなんて男性もいたりしますが・・・

私の父などは、ずっと同じものを持ち続けるタイプの性格です。

父の日に財布をあげたのに、いつまでたっても使ってくれないと落ち込んだりしました。

そして10数年の時が立ち「父の日でもらった財布をおろしたんだ」といって見せてくれたのですが。

そのときには、私もあげたことを忘れていて「いつあげたかな?」となってしまいました。

やはり、人から財布をプレゼントされたら、なるべく早く使ってほしいなと思います。笑

スポンサードリンク

財布の買い替えのタイミング!風水で良いといわれているのは?

財布の買い替えのタイミングについては、人それぞれの考え方や個人差がありますが、運気がよくなるならそれに乗ってみたいですよね。

風水で言われている財布の買い替えのタイミングで良いと言われているのは1年です。

長くても2、3年までには買い替えたほうがいいそうです。

財布を長く使うと悪い運もたまってしまう?!

財布はお金が出たり入ったりするわけで、そのお金はいろんな人を巡り巡っていき、良い運も悪い運も一緒に財布に入ってきます。

長く使えば使うほど悪い運もたまっていきます。

見た目がまだ綺麗とか穴も空いていないし使えるよと思っても、リセットするために新しいものに買い替えることが重要です。

それを思うと、10数年使っていた私の父って・・・どうりでお金が貯まらないはずです。

風水ですから、こうした方がいいよってくらいな気持ちで受け止めるのがいいわけですが。

やっぱりお金が貯まるほうがいいですし、私も今使っている財布が2年過ぎたので買い替えようという気持ちになりました。

しかし、女性は特にそうですがブランド物の財布を使っている人多いですよね。

高いだけではなくて生地や縫製などもかなり丁寧なので、いいものを長く使うというポリシーの人にとっては悩ましいことです。

1年はきつい!と思ってしまいますが。

  • 日々丁寧に扱い
  • こまめに掃除をして
  • レシートなどはすぐ出して
  • クーポン券なども整理する
などで3年くらい使ったらお疲れ様でした、がいいかもしれませんね。


スポンサードリンク

財布の買い替えポイント!何色が風水で金運アップする?

財布を買い替えるポイントとして、風水では何色を使うと金運アップするといわれているか調べてみました。

ぱっと頭に浮かぶのか「黄色」ですよね。

金運=金色と思いますが、金色の財布ってあまりないし、ちょっと持つのは抵抗あるし、黄色なら・・・って感じでしょうか。

風水というとどんなことを思い浮かべますか?

基本となるのは「火・水・木・金・土」の5つなのですが、曜日ではなくて自然環境にあるもののことです。

とはいえ曜日も風水からきているわけですが・・・

風水での財布の色の意味①「火」=赤

例えば「火」ですが、これは燃える炎なわけで、色ならば赤です。

財布の金運として考えるとよくない色です。

なぜならお札が燃えてしまうというイメージなので。

風水での財布の色の意味②「水」=青

次に「水」、水といえば流れますね。

財布の色ならば青色ですが、お金が流れるといわれ最も財布の色としては向いていない色です。

入ったそばから流れてしまうのは悲しいですね。

風水での財布の色の意味③「木」=緑

「木」は財布の色なら緑色です。

緑のイメージはすぐには思い浮かびませんが、風水の意味では「再生」といわれています。

生き物ですから、切ってもまた生えてくるし、葉っぱが落ちてもまた翌年には新緑が生えてくるというところからきているようです。

今年はすごく出費が多かったという人は、緑色の財布に替えればお金が戻ってくるかもしれませんよ。

風水での財布の色の意味④「金」=金

「金」は金色または黄色でお金の色ですから、当然金運アップの財布に適しています。

ただ、お金の流れがよくなるという意味になるので、ギャンブル癖のある人は持たないほうがいいと言われている色でもあります。

風水での財布の色の意味⑤「土」=茶色

「土」は財布の色なら茶色です。

茶色の財布は「お金を育てる」という意味があり、少しずつお金が増えていくというコツコツ型の色ですね。

土に種や苗を植えれば確実に大きくなっていき、やがては実がなったりしますもんね。

土がなければ植物は育ちませんから。

金運アップする財布の色とは?
ということで、金運がアップする色は「金色(黄色)・緑色・茶色」ですね。

男性は特に黒色の財布を持っている人が多いですよね。

風水でいいますと「今あるお金を閉じ込める」という意味合いだそうです。

貯金や資産がたくさんある人は、黒色の財布を持つといいかもしれませんね。

財布の買い替えの頻度のまとめ

どうやら、さほど高くない財布を選んで毎年買い替えるというのがよさそうですね。

風水というのはとても奥が深くて、青はお金が貯まらない色といわれています。

しかしながら、2022年は海の年回りということで、青色の財布がラッキーカラーと書かれていました。

とても悩ましいです。

ちなみに白色は悪い運を浄化するといわれていて、財布の色としてはいい方なので、間を取って「水色」の財布を持つというのもいいかもしれません。

あとは青色の財布に黄色や金色のアクセントがついたものを選ぶなど・・・金色の金具などでもいいようですよ。

スポンサードリンク

コメント