ひまわりを庭に植えてはいけない本当の理由!

この記事は約10分で読めます。

夏を象徴する花の一つ、ひまわり。

私が小さい頃、実家では自分の背丈よりも高いひまわりを育てるのが毎年の恒例でした。

でも今では、小ぶりでお世話のしやすい小ぶりなひまわりもたくさんありますよね。

今年の夏、幼稚園児の娘はミニひまわりを育てています。

そんな身近なひまわりですが、実は「ひまわりは庭に植えてはいけない」という噂があるそうなのです。

スポンサードリンク

ひまわりを庭に植えてはいけない本当の理由は風水的に良くないから?

結論を申し上げますと、この「ひまわりは庭に植えてはいけない」という噂は迷信です。

しかし、この噂はどこからでてきたのでしょう。

「○○をしてはいけない」
「玄関には○○を置くと金運アップ」

などというジンクスは、しばしば風水の考えからくることがあります。

風水にもいろいろな謂れ(いわれ)があるので、何が本当なのかはわかりませんが。

そんな中でも、基本的にひまわりの黄色という色は、

  • 金運アップ
  • 恋愛運アップ
  • 健康運アップ
に効果のある、「風水的に良い色」とされています。

最強の色ですね。

なので、風水的に良くないから庭にひまわりを植えてはいけないというわけではないようです。

では、庭にひまわりを植えてはいけないというのはどこから来たのでしょうか。

調べてみると、これは古くからの言い伝えの一つだったようです。

「ひまわり=火回り」ということで、ひまわりは火事を連想させる花でした。

そのため、家にひまわりを植えると縁起が良くない、とされていたようです。

火事以外にも、

  • 病人が絶えない
  • 家運が悪くなる
  • 雷が落ちる
などの言い伝えもあるんだとか。

怖っ!!

でも迷信なので、気にせずにひまわりを植えても大丈夫ですよ♪

風水的に庭に植えると良いとされている植物には何がある?

ここまで、ひまわりにまつわる迷信についてご紹介してきましたが、では風水的に庭に植えると良いとされている植物はあるのでしょうか?

まず、お庭に植える樹木のことを、「シンボルツリー」と呼びます。

その呼び名の通り

「家のシンボル」
「家の顔となるような木」

になることから、そう言われているみたいです。

家のシンボルとなるもの、せっかくなら風水的に良い植物を植えたいですよね。

風水は、方角によって「良い」とされるものが変わることが特徴です。

方角ごとに、おすすめの植物を見ていきましょう。

東の方角におすすめの植物

①東の方角に植えるのにおすすめの色

  • ピンク

②東の方角に植えるのにNGの色

  • 黄色

③東の方角に植えるおすすめの樹木

  • クコ
  • モミジ
  • ハナミズキ

南の方角におすすめの植物

①南方角に植えるときのポイント

  • 山を作らず、平らな庭にすること。

②南の方角に植えるのにNGの色

③南の方角に植えるのにおすすめの樹木

  • アラカシ
  • アジサイ
  • ムクゲ

西の方角におすすめの植物

①西の方角に植えるときのポイント

  • 黄色系の果実がなるような種類がおすすめ。

②西の方角に植えるときのポイント

  • 常緑樹と赤い花を避ける。

③西の方角に植えるときのポイント

  • キンカン
  • カシワ
  • ナツメ

北の方角におすすめの植物

①北の方角に植えるときのおすすめの色

  • ピンク
  • オレンジ

②北の方角に植えるときのおすすめの樹木

  • ウメ
  • サザンカ
  • ジンチョウゲ

また、方角に関わらず、高さのある樹木は避けるようにしましょう。

目安は、軒先を越えないような高さです。


スポンサードリンク

まだある!敷地内に植えてはいけないといわれる植物とその理由

ひまわり以外にも、敷地内に植えてはいけないと言われる植物はいくつかあります。

それは、ひまわりと同じように迷信のものもありますし、植えることで実害が出るものもあります。

以下にご紹介するので参考になさってください。

敷地内に植えてはいけない植物【迷信編】

椿(つばき)、牡丹(ぼたん)
花が散るときは、花びらではなく花がそのままボトっと落ちます。

この様子が、首が落ちる様子(打ち首)と重なるため、縁起が悪いとされています。

個人的には、落ちた姿も美しいなと思うのですが…。

ザクロ、柿
「実が割れる=身が割れる」とされ、縁起が悪いんだそうです。

しかし、「実がなる=子宝に恵まれる」ということで縁起の良い植物だと言われることもあります。

どうせなら、良い方に受け取っても良いんじゃないでしょうか。

紫陽花(あじさい)
紫陽花(あじさい)は、昔は死者に手向ける花だったそうで、その点で縁起が悪いとされています。

我が家には紫陽花がありますが、初めて知りました!へぇ~。

敷地内に植えてはいけない植物【実害編】

ケヤキ、ブナ、ミズナラなど
これらは最大で30mにも成長する木です。

おうちに植えて成長を続けると手に負えません。

なんとなく、トトロの森を想像させますよね。

根が張るので、地面もボコボコになってしまうかも…。

桜、松
これらの桜や松などは虫がつきやすいので、虫が苦手な方にはオススメできません。

毛虫の毛とか風に乗って体につくとかゆくなるし…。

マツは、見栄えをよくしようと思ったらこまめに剪定をする必要があります。

私の実家には両方ありましたが、お世話は大変そうでした;

ツルニチニチソウ、ハツユキカヅラ、ヒメイワダレソウなど

これらの植物は、地面を覆うグランドカバーとして知られています。

ツルニチニチソウとハツユキカヅラは我が家にもあります。

ツルニチニチソウは紫の花がとてもかわいいです。

どれもこれも、初心者でも枯らすことなく育てることができます。

…そう、逆に、枯れないんです。

すんごい繁殖するんです。

気づいたら四方八方へと伸びていき、伸びた先でも根っこを張ります。

ちょうど今日の出来事ですが…最近暑くて植物の観察を怠っていてこれはダメだとよく観察してみました。

すると、ハツユキカヅラの近くに置いていた植木鉢にハツユキカヅラが根を下ろしていました。びっくり。

生命力がすごいです。

なので、そんなにめちゃくちゃ頻繁なお手入れはしなくても良いですが。

でも逆に定期的に様子を見て剪定をしなければ、お隣さんのおうちまで伸びてしまうかもしれませんね。

この他にもいろいろありますが、極端な話、違法植物以外であればおうちに何を植えたって構わないと思います。

ただし、お世話をきちんとすること。

お庭を見た人に何か思われることがあるかもしれませんが、何を植えるのもあなたの自由です。

自由にガーデニングを楽しんでくださいね。

庭に植える植物でひまわり以外におすすめなもの3選

最後に、ひまわり以外でお庭におすすめの植物を紹介していきます!

ぜひお気に入りの植物を見つけて、ガーデニングを楽しんでくださいね。

まず、何を選んだらいいかまるでわからない!というあなたにおすすめなのが、「多年草」です。

多年草とは、一度植えたら、毎年花を咲かせる植物のことです。

反対に、「一年草」は、一年で枯れてしまう植物なので気を付けてくださいね。

もちろん、毎年新たに植え替えをするのも楽しみ方の一つですよ!

次に気を付けるポイントは、「花が咲く時期」です。

植物の種類ごとに、4~5月ごろに咲く花もあれば、9月など秋ごろに開花する花もあるし、一年中花を咲かせるような植物もあるんです!

一年を考えて、

  • どんな植物を楽しみたいか
  • どんな庭を眺めていたいか
イメージを膨らませて植物を選んでみてくださいね!

庭に植えるおすすめの植物3選①ムスカリ

種類:多年草
開花時期:3~5月ごろ

ムスカリは、暑さや寒さに強く育てやすいので、初心者向けのお花です。

色も、青や白、黄色にピンクとバリエーション豊富なので、好みを選べるのもポイントです。

庭に植えるおすすめの植物3選②コスモス

種類:一年草
開花時期:6~11月

言わずと知れた花、コスモス。

秋桜という和名をご存知の方も多いのでは?

でも、その開花時期は意外と長く、6~11月なんですね。こちらも育てるのが簡単なお花です。

庭に植えるおすすめの植物3選③マリーゴールド

種類:一年草
開花時期:5~11月

冬以外のほとんどの時期、花を咲かせる植物です。

あいみょんの歌でも有名な花ですよね。

鮮やかな色合いで、お庭を華やかにしてくれますよ。

ひまわりは庭に植えてはいけない本当の理由のまとめ

ひまわりを庭に植えてはいけない本当の理由について、最後にポイントをまとめておきますね。

  • ひまわりを家に植えてはいけない、というのは迷信です。
  • 風水的には、ひまわりの黄色は縁起の良い色とされています。
  • 「ひまわり=火回り」と言われ、火事が起こるかもしれないという昔からの言い伝えがあります。
  • 椿、牡丹、ザクロ、柿なども家に植えると縁起が悪いという言い伝えがありますが、これも迷信です。
  • 巨木になるもの、繁殖力が強いものを敷地内に植えるとお世話が大変です。
あなたが、ひまわりを自分の家のお庭に植えようと思ったとき。

そんなときには、ぜひ好きなお花と一緒に遠慮なく植えて、夏の風景を楽しんでくださいね♪

スポンサードリンク

コメント