スーツケースの機内持ち込みが可能なサイズは何リットルまで?

この記事は約5分で読めます。

出張や旅行で飛行機を使う場合、必ず必要になるスーツケース。

手荷物として搭乗前に預けるよりも、機内に持ち込んだほうが到着後の流れがスムーズになり便利ですよね。

ただ、機内に持ち込めるスーツケースのサイズには規定のサイズがあります。

また、飛行機や航空会社によって規定のサイズが違います。

なので、大丈夫だと安心して持ち込むと追加料金がかかる場合もあります。

ここでは、機内持ち込みの目安サイズや、航空会社によっての規定サイズをご紹介させていただきます。

スポンサードリンク

機内に持ち込むことができるスーツケースの基本のサイズは?

『3辺の合計が115センチ以内』

この数字が基本となります。

手持ちのスーツケースを測ってみましょう。

国内線では座席数によっても規定があり

国内線は、座席数が100席以上ある場合と100席未満の場合では、持ち込める手荷物のサイズが違います。

重さは、10キロ以内と一律ですが、身の回り品が一個までと決まっています。

また、サイズも以下の条件をクリアする必要があります。

100席未満の飛行機に持ち込み可能な荷物サイズ
高さ45センチ以内×幅35センチ以内×奥行20センチ以内。

さらに、3辺の合計が100センチ以内。

100席以上の飛行機に持ち込み可能な荷物サイズ
高さ55センチ以内×幅40センチ以内×奥行25センチ以内。

さらに、3辺の合計が115センチ以内。

大きな空港を利用する場合は、100席以上の飛行機がほとんどです。

地方の空港などを利用する場合は、小型飛行機の場合もあります。

国際線の航空会社別サイズ規定

国際線は、国内線の100席以上の規定とほぼ同じ条件のところがほとんどですが、航空会社によってはサイズ規定が変わることがあります。

国際線を利用する場合は、しっかりと各社のサイトなどで確認する必要があります。

機内持ち込み可能な手荷物サイズ★JALの場合
高さ55センチ以内×幅40センチ以内×奥行25センチ以内。

さらに、3辺合計115センチ以内。

機内持ち込み可能な手荷物サイズ★LCCの場合
7キロ以内。

LCCは、手荷物を預ける場合は追加料金が必要な場合はほとんど。

なので、利用者はほとんど機内に持ち込みます。

LCCは小型の飛行機がほとんどなので、持ち込み可能な重さが厳しく設定されています。

航空会社によっては、手荷物の合計が7キロを超えてしまうと追加料金が発生します。

さらに、追加料金を支払っても12キロまでとなっているので注意が必要です。

別の航空会社では、7キロを超えた時点で荷物を預入するよう案内されるので搭乗前に必ず確認をしましょう。

そして、これからスーツケースの購入を考えている方は、できるだけ軽いものを選ぶことをおすすめします。


スポンサードリンク

スーツケースを機内持ち込みしたい!サイズの正しい測り方は?

スーツケースを自宅で計測する場合、3辺合計の長さを測りましょう。

測る場合は、荷物の最大の長さの部分を測ってください。

荷物を入れている部分だけを測るのではなく、手で持つ部分やキャスター(車輪)も含まれるのでここを忘れないように注意しましょう。

(持ち手の部分を短くすることができるのであれば、短くした状態で測って大丈夫です)

スーツケースのリットルごとでどれくらいのサイズになるの?

では、実際に持ち込み可能なスーツケースを購入するときには、どんなところに注意するのがいいのでしょうか。

店頭に並んでいるスーツケースには、「機内持ち込み可能」と案内されているものもたくさんあります。

ただ、航空会社により規定が違うので、すべての航空会社でOKという認識で購入するのは避けましょう。

メインで利用する航空会社の規定に合わせて購入するのがいいですね。

国内線は、持ち込み可能容量としては10キログラムまで。

これは、20L~30Lのサイズになります。

国際線は、3辺の長さの合計が重要になります。

容量としては、30L~40Lです。

スーツケースを選ぶときのポイント

デザインや素材など、さまざまなスーツケースがありますよね。

機内持ち込み可能とかかれたスーツケースの中から、容量が大きいものを選べば荷物をたくさん入れることができます。

大きさは一律に同じようなサイズでも、収納できる量はスーツケースの作りによってかなり変わってくるのです。

30Lの容量があれば、厚手の服をたくさん入れないのであれば2泊から3泊分くらいは収納することができます。

そして、重量制限もあります。

荷物をできるだけたくさん入れたいのであれば、スーツケース自体の重さもできるだけ軽い物を選ぶようにしてください。

スーツケースの機内持ち込みサイズのまとめ

「スーツケースを機内持ち込みするときのサイズ」ということについて見てきましたが、いかがだったでしょうか?

飛行機に持ち込める手荷物サイズについて、お話してきました。

手荷物を持ち込む予定の方は、必ず出かける前に利用する航空会社の規定をしっかりと確認する必要があります。

実際、私も初めてLCCを利用したときに手荷物の規定を確認せずに搭乗手続きをしてしまいました。

そして、スーツケースの重量がオーバーしていて、中身を整理させられるとういうことがありました。

さらに、子供も連れていたのでスーツケースと大き目のリュックを持っていたため、結局追加料金を支払うことになってしまいました。

出張などでの利用では、そんなに手荷物も多くはならないと思います。

ですが、帰りの飛行機などではお土産など細かい手荷物が増えがちなので、その辺は注意が必要ですね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク

コメント