フライパンのコーティングで最強なのは?何がどう違うの?

この記事は約14分で読めます。

主婦としては、手放すことのできない「フライパン」。

今まで、何度買い替えてきましたか?

できるだけ、くっつかない、長持ちするフライパンが欲しいものですよね。

買ったばかりのコーティングがしっかりされているフライパンは、普通に使っていてもとても気持ちがいいです。

新しいフライパンで、餃子を焼いた時のあの気持ち。

毎日使うものなので、ストレスなく長く使い続けることのできるフライパンに出会いたいですよね。

スポンサードリンク
  1. フライパンが焦げ付かない!最強のコーティングがほしい…
    1. 焦げ付きにくさが長続き!ダイヤモンドコートのフライパン!
    2. 他にもあるコーティングフライパンのいろいろ
    3. 主婦が手にしやすいのはやっぱりコーティング加工のフライパン?!
    4. コーティング別メリット・デメリットを検証
  2. フライパンのおすすめはこれ!ガス火用長持ちフライパン5選
    1. おすすめのガス調理専用フライパン①ティファール「インジニオ・ネオ マホガニープレミアセット」
    2. おすすめのガス調理専用フライパン②北陸アルミ「センレンキャストプロ 卵焼き」
    3. おすすめのガス調理専用フライパン③アイリスオーヤマ「ダイヤモンドコートパン」
    4. おすすめのガス調理専用フライパン④ウルシヤマ金属「連 ガス専用フライパン」
    5. おすすめのガス調理専用フライパン⑤タフコ「軽量ダイヤモンドマーブルコーティングフライパン」
  3. フライパンの人気ブランドを大紹介!あなたはいくつ知ってる?
    1. フライパンの人気ブランド【ティファール】
    2. フライパンの人気ブランド【ニトリ】
    3. フライパンの人気ブランド【サーモス】
    4. フライパンの人気ブランド【魔法のフライパン】
    5. フライパンの人気ブランド【フィスラー】
    6. フライパンの人気ブランド【ビタクラフト】
    7. フライパンの人気ブランド【スキャンパン】
    8. フライパンの人気ブランド【中村銅器製作所】
    9. フライパンの人気ブランド【ストウブ】
    10. フライパンの人気ブランド【ルクルーゼ】
  4. フライパンのコーティングで最強なのは?のまとめ
    1. 共有:

フライパンが焦げ付かない!最強のコーティングがほしい…

フライパンを使っているときに、焦げ付いてしまうと使った後に洗うのも一苦労です。

また、その焦げ付きを取るためにごしごし洗うと。

フライパンのコーティングがどんどんはがれているような気がして、後ろめたい気持ちになりませんか?

悪循環に陥っているようで、悲しい気持ちになりますよね。

フライパンを選ぶときに「テフロン加工」という言葉をよく目にします。

「テフロン加工」だと食材がくっつかないと思い購入しても、使っているうちにどんどんくっつくようになってきた・・・という声もよく聞きます。

結局、最初だけなのかな?とあきらめるのはまだ早いです!

焦げ付きにくさが長続き!ダイヤモンドコートのフライパン!

「ダイヤモンドコートフライパン」を目にしたことはないですか?

ダイヤモンド加工をされたフライパンは、くっつきにくく、耐久性の高いのがメリットのフライパンです。

コーティングがはがれづらいという特徴を持っているので、長持ちしやすいのも魅力です。

他にもあるコーティングフライパンのいろいろ

フライパンと一言に言っても、鉄製、アルミ製、ステンレス製と色々な素材のフライパンが発売されています。

鉄のフライパンは、主婦にはハードルの高いイメージですよね。

丈夫で高熱の調理ができるので、プロや料理好きの方には人気のフライパンです。

鉄フライパンは、手入れ方法を間違えたり、さぼったりすると食材がこびりつきやすくなってしまいます。

アルミやステンレスのフライパンも、熱伝導が早く、料理をするスピードが速くなります。

なのでレストランや料理人の方に人気のフライパンなのですが。

こちらも鉄のフライパンと同じように火加減やお手入れが難しい為、家庭の主婦にはなかなか手に取りにくいフライパンですね。

主婦が手にしやすいのはやっぱりコーティング加工のフライパン?!

一般的な主婦が手にするのは、やっぱりどうしてもフライパンの表面にフッ素加工がされている「コーティングされたフライパン」ですね。

フライパンの表面をコーティング加工することで、食材のこびりつきを軽減してくれるので簡単に使うことができるようになります。

最初にお話ししたダイヤモンドコーティングも、このコーティングの一つです。

コーティング加工されていると手入れも簡単になり、くっつきにくく、油をたくさん使わなくても食材が焦げ付くのを防ぐことができます。

コーティング加工の特徴を確認して、目的にあったものを選んでください。

コーティング別メリット・デメリットを検証

フライパンを選ぶ時に参考にしてほしい、「6つのポイント」をご紹介します。

テフロン加工フライパンの特徴
「テフロン加工」
  • 食材がフライパン表面をよく滑り、焦げ付きにくい。
  • 手入れも簡単。
  • フッ素樹脂加工の「テフロン」を使ったもので、一番普及している加工のひとつ。
テフロン加工のフライパンの耐久性には、グレードがあります。

何層構造になっているかによって、耐久性に変化があります。

そして最高グレードの「プラチナプラス」になると高額にはなりますが、コーティングの耐久性は格段に上がります。

ダイアモンドコート加工のフライパンの特徴
  • くっつきにくくて、耐久性もとても高いのが特徴です。
  • 人工のダイヤモンドの粒子をフッ素樹脂に混ぜてコーティングに使用。
  • フッ素樹脂のメリット、くっつきにくさと汚れの落としやすさに耐久性を高くした加工。
強火での調理や空焚きには注意が必要です。

マーブルコート加工のフライパンの特徴
  • 丈夫で、見た目の高級感。
  • 大理石とフッ素樹脂を混ぜ込んで使用。
  • ダイヤモンドコートと同じように、調理や手入れのしやすさに耐久性もあります。
大理石を混ぜているので、見た目にも高級感があります。

セラミック加工のフライパンの特徴
  • 耐熱性が高い。
  • デザインが豊富。
  • フッ素樹脂加工のものよりも、耐熱系、熱伝導汁がいい。
  • 摩擦にも強い。
陶器のような美しいデザインや、豊富なカラーバリエーションも魅力の1つです。

丈夫でおしゃれなセラミック加工ですが、焼き面が白いため汚れが目立ちやすくなります。

焦げ付くと色が残ってしまうこともあります。

チタンコート加工のフライパンの特徴
  • 酸や、塩分に強いのでさびにくい。
  • フッ素樹脂の中の一つであるチタンを混ぜてコーティングしたもの。
チタンコートのフライパンは、珍しくあまり流通していません。


スポンサードリンク

フライパンのおすすめはこれ!ガス火用長持ちフライパン5選

フライパンは、熱源別に購入しなくてはいけません。

ガスを使用する場合は、ガス火専用フライパンを使用しましょう。

ここからは、ガス調理専用のフライパンのおすすめ5つをご紹介します。

おすすめのガス調理専用フライパン①ティファール「インジニオ・ネオ マホガニープレミアセット」

おすすめのポイントを紹介します。

おすすめポイント①チタン・プレミアムコーティング
チタンコート加工のフライパンはあまり流通していません。

が、ティファールにはあります。

チタンを配合した層を厚くすることで、ティファールの従来品よりも耐久性が上がり、こびりつきにくさもアップ。

チタンでできているので、26㎝サイズのフライパンでも660gと軽いのも特徴。

おすすめポイント②バタフライガラス蓋
蓋の取っての部分が蝶の羽のように、上下に動くことからついた名前。

フライパンが重ねやすくなり、収納に便利。

おすすめポイント③付加価値が多い
ティファールインジニオ・ネオはオーブンにも対応。

食洗器の使用も可能。

金属へらの使用も可能。
★ティファール「インジニオ・ネオ マホガニープレミアセット」の詳細を見てみる

おすすめのガス調理専用フライパン②北陸アルミ「センレンキャストプロ 卵焼き」

おすすめのポイントを紹介します。

おすすめポイント①歴史のある会社が作った卵焼きフライパン
400年の歴史があり、技術や伝統が信頼できる会社。

おすすめポイント②コーティングへのこだわり
テフロン加工の最高級「テフロン プラチナ プラス」。

キレイな凸凹と高性能の汚れが付きにくい加工。

特殊な表面で傷にも強い。

おすすめポイント③こだわって作られている
耐久性の強いアルミマグネシウム合金を使用。

変形に強い。

さらに、アルミキャスト製で熱による変形にも強い。
★北陸アルミ「センレンキャストプロ 卵焼き」の詳細を見てみる

おすすめのガス調理専用フライパン③アイリスオーヤマ「ダイヤモンドコートパン」

おすすめのポイントを紹介します。

おすすめポイント①アイリスオーヤマの代表
よく聞かれるアイリスオーヤマは、安くて良い商品があるということで有名です。

中でも、ダイヤモンドコートパンはその代表的な商品。

ダイヤモンドコートされているので、焦げ付きにくく、丈夫。

おすすめポイント②取っ手がはずせる
取っ手が取り外せることで、収納がコンパクトになるだけでなくそのまま冷蔵庫での保管も可能。

食卓に出すこともできる。

おすすめポイント③セットでの販売になっていてお得
セット販売されているので、焼く、煮る、蒸す、揚げると便利。

鍋や蓋もセットにされているので、一式買い替えを検討している人におすすめ。
★アイリスオーヤマ「ダイヤモンドコートパン」の詳細を見てみる

おすすめのガス調理専用フライパン④ウルシヤマ金属「連 ガス専用フライパン」

おすすめのポイントを紹介します。

おすすめポイント①国産で安心
国産のフライパンはなかなか少ない。

高品質のアルミ製で職人んがひとつづつ手作業で作っている。

おすすめポイント②洗練された形
形が洗練されていてお洒落。

おすすめポイント③フライパンの底の厚さが2.6mmと厚目に作られている
熱伝導がよくなりじっくり焼くことも可能。

底が厚い分、側面を薄くし軽量化されている。

おすすめポイント④口コミ評価が高い
通販サイトでの★5つがとても多い。

「蓮」の前に販売されていた、「玄」のユーザーが乗り換えたという声もあり。

国産、軽い、こびりつかないに対しての高評価を獲得。
★ウルシヤマ金属「連 ガス専用フライパン」の詳細を見てみる

おすすめのガス調理専用フライパン⑤タフコ「軽量ダイヤモンドマーブルコーティングフライパン」

おすすめのポイントを紹介します。

おすすめポイント①マーブル加工とダイヤモンド加工のコラボ
五層コーティングされていて、マーブル加工にダイヤモンドの粒子を配合。

耐摩耗性が向上。

角の丸い金属ヘラであれば、使用可能。

おすすめポイント②洗いやすい
取っ手が接着している部分に凹凸がないため、洗いやすい。
衛生的。

おすすめポイント③展開がシリーズ化されている
フライパンの他に深型のものや卵焼き用のフライパンなどシリーズ化されている。

低価格なものが多いので、気に入れば揃えることもできる。
★タフコ「軽量ダイヤモンドマーブルコーティングフライパン」の詳細を見てみる

フライパンの人気ブランドを大紹介!あなたはいくつ知ってる?

フライパンは、メーカーによっても特徴がいろいろとあるのでメーカーから選ぶのもおすすめです。

人気ブランドのいくつかをご紹介していきます。

フライパンの人気ブランド【ティファール】

取っ手が取り外すことができるので有名なティファール。

世界で初めて、フッ素樹脂加工のフライパンを発売したメーカーでも知られていますよね。

また、焼き面の中心にあるマークは、調理に適温になるとマークが消えてお知らせしてくれます。
★「ティファールのフライパン」を見てみる

フライパンの人気ブランド【ニトリ】

ニトリの深型フライパンは、価格がリーズナブルなのが魅力です。

また、シリーズでそろえても価格が抑えることもできるので一式これから揃えようと考えている方にも予算が抑えられておすすめです。

フライパンの人気ブランド【サーモス】

魔法瓶で有名なメーカーのサーモスは、フライパンのサイズや形も豊富で選ぶのも楽しいです。

耐久性の高さが売りの商品も多いので、毎日使用するかたにおすすめです。
★「サーモスのフライパン」を見てみる

フライパンの人気ブランド【魔法のフライパン】

錦見鋳造 魔法のフライパン 。

10年かけて、厚さ1.5㎜の鉄鋳物の開発に成功しました。

鉄製のフライパンは重たく、女性には扱いにくいものでしたが、軽量化されたことで、片手で扱うことができます。

野菜炒めは、シャキシャキに、お肉やお魚料理はジューシーに仕上がります。

熱伝導が高いのでチャーハンもパラパラに仕上がり、旨みを逃さないでおいしさを閉じ込めてくれます。

フライパンの人気ブランド【フィスラー】

誰でも簡単に料理が作れるように考えられたフライパンです。

デザインもシンプルなのに、ファッショナブルでシリーズでそろえたくなります。

火力が弱くても、十分に熱を伝えることができるので省エネにも。

保温効果もプラスされているので、熱を均一に伝えて焦げ付きにくくしてくれます。
★「フィスラーのフライパン」を見てみる

フライパンの人気ブランド【ビタクラフト】

焼き物、炒め物、無水、無油調理、オーブン料理まで幅広く使うことができるフライパンです。

ステンレスとアルミニウムの特性で、熱を均等に広げてくれます。

余分な油や水を使わないヘルシー料理も可能です。

ワンタッチで取っ手を外すことができるので、焼き目を付けてそのままオーブンに入れることもできます。
★「ビタクラフトのフライパン」を見てみる

フライパンの人気ブランド【スキャンパン】

蓋のついた深めのフライパンで、幅広く使うことができます。

調理のあとは、そのまま食卓に出すこともできるデザインも魅力です。

独自の表層加工でチタンがフッ素樹脂加工を保護しています。

10年間の保証付きもうれしいポイントですね。

フライパンの人気ブランド【中村銅器製作所】

プロに人気の銅製のフライパンです。

老舗の銅器製作所が昔ながらの作り方で、手作業で作られています。

使うほどに味が出て、豊かな色合いに変化するので自分だけのフライパンが出来上がります。

銅は、熱伝導に優れているので料理調理器に適しています。

うろこのような表面の模様は、手作業で成型された跡なので同じものはありません。

フライパンの人気ブランド【ストウブ】

見た目にもおしゃれなフライパンは、取って部分があつくならないようにウッドで作られています。

黒マット加工された表面は、細かい凸凹とした形になっているので焼き上がりが香ばしく、やわらかに仕上がります。
★「ストウブのフライパン」を見てみる

フライパンの人気ブランド【ルクルーゼ】

特殊加工で強化されたアルミニウムに、高品質フッ素樹脂加工されたフライパンは熱伝導に優れています。

内面だけでなく、外面にもフッ素樹脂加工されているのでこびりつきにくくフォルムも美しい仕上がりになっています。
★「ルクルーゼのフライパン」を見てみる

フライパンのコーティングで最強なのは?のまとめ

いくら人気の高い商品でも、自分に合うものと合わないものがあるので、ぜひ「あなたのこだわりのフライパン」を見つけてくださいね。

簡単に安価な調理器を購入するよりも、悩んでしっかりとしたものを長い間使うことで自分の手にもなじんで愛着も湧いてきますよね。

自分のお気に入りのフライパンに出会えることをお祈りしています。

スポンサードリンク

コメント