ジップロックの代わりでエコな食品保存バッグはある!?

この記事は約5分で読めます。

今ではおしゃれなデザインも増えて、日常的に使っている方が多いジップロック。

我が家でも、キッチンだけではなく、子供の物を入れたり小物を整理したりと、大活躍です!

ただ、せっかく可愛いデザインものものを買っても、結局は使い捨てですよね。

何回か使っていると壊れてしまいますし、食材を入れた場合はすぐに破棄しなくてはいけないです。

そうなると、全くエコではないですよね!

このご時世、なるべくエコを気にしたいという方は多いと思います。

そこで私自身も目を付けていたのが、シリコン製の保存バッグです!
使い勝手抜群で大人気!「シリコン製の保存バッグ4サイズセット」の詳細を見てみる

海外製のものが多いですが、見た目もおしゃれで可愛いものが多いですよね。

普段ジップロックを使っているけど、エコなものにしたい…という方に向けて!

今回は、シリコン製の保存バッグについてご紹介をしていきます。

メリットやデメリットな部分をどちらもお話していきますね。

購入を検討している方は是非最後までご覧になってください!

スポンサードリンク

ジップロックの代わりにシリコン製の保存バッグは使える!?

ここではまず、シリコン製の保存バッグのメリットを順番にご紹介していきますね。

実はジップロックよりも使い勝手が良いのでは?というところもたくさんあります!

シリコン製の保存バッグのメリット①使い捨てではないのがエコ!

ジップロックは、食材などを入れるとすぐに破棄しないといけないですよね。

そうなると、なんとなくもったいない気もしますし…エコではないです。

あと、ジップロックって冷蔵用とか冷凍用があるので、何にでも使えないのも気になるところです。

それに比べてシリコン製の保存バッグは、何度も使えるのでとてもエコなものです!

そろそろジップロックがなくなりそうだから買いに行かないと…ということもなくなりますね。

シリコン製の保存バッグのメリット②デザインがおしゃれでサイズも豊富!

ジップロックでも、もちろんサイズはいくつかありますし、デザインが可愛いものもあります。

でも、そのような袋に食材を入れて使い捨てにするのは、ちょっともったいない気がしますよね。

シリコン製の保存容器は、形だとか大きさも様々な種類があります!

そして、海外製のものは特に色もおしゃれです。

これがキッチンにあったらテンションがありますよね。

いくつかサイズや大きさを揃えておけば、毎日使い分けもできそうです!

シリコン製の保存バッグのメリット③丈夫で使い勝手が良く保存時も便利!

シリコン製の保存バッグは、なんと電子レンジでもオーブンでも調理可能です。

これだけでも驚きですよね。

そして冷蔵も冷凍もできるので、どんなシーンでも大活躍です!

食材や料理を入れた状態で、立てて保存ができるので、冷蔵庫内もすっきりしますよね。

また、使っていないときは丸めて収納も可能です。
使い勝手抜群で大人気!「シリコン製の保存バッグ4サイズセット」の詳細を見てみる

ジップロックだと、たまに中身が漏れてきてしまうことがありますが、シリコン製はそれもないようですね。

医療用に使われているシリコンを使っているシリコンバッグもあり、安全性も安心です!


スポンサードリンク

シリコン製の保存バッグをジップロックの代わりにするデメリットは?

シリコン製の保存バッグには、メリットがたくさんありましたよね!

これだけみても、エコでおしゃれなことが分かり、使い勝手も良さそうです。

ただ、どんなものにもメリットがある分、デメリットも存在しますよね。

個人的に、デメリットかなと思うような部分もご紹介していきます!

シリコン製の保存バッグのデメリット①洗いづらかったり傷がつきやすい

シリコン製のものって、油汚れには弱いイメージですよね。

これはシリコン製だけではなく、プラスチックの保存容器にも言えますが、油汚れが洗いづらいです!

食材や料理を入れて保存をしていて、そのまま調理をした場合。

汚れが付着する可能性も高くなるので、しっかり洗えていないと不衛生ですよね。

何度も使っていると、汚れが多少蓄積されるかも…と思うと、ちょっと気になるところではあります。

毎回綺麗に洗おうと思うと、ちょっと時間がかかりそうで、時短は難しいですね!

そして、もう1つ気になるのが傷です!

もちろん傷つきにくい素材で作られていると思いますが、何度も使っていれば傷もつきますよね。

傷がつくと、そこから雑菌が繁殖してしまうことがあるので、これも気になるところですね。

シリコン製の保存バッグのデメリット②色移りや匂い移りがすることもある

これはシリコン製の保存バッグだけではないです!

どんなものでも、何度も使っていると色移りや匂い移りはしますよね。

食材そのものよりも、料理をしたものを保存するときは、ちょっと気をつけなければならないですね。

もちろんキッチンハイターなどにつければある程度は落ちますが、少しずつ蓄積される可能性はありますね。

シリコン製の保存バッグのデメリット③お値段がちょっと高い

使い捨てでない…と考えれば良いのかもしれませんが、お値段はちょっとお高めですよね。

もちろん、何度も使い捨てのジップロックを購入していたら同じことではあります。

でも、一度に何種類も購入するのは、ちょっと大変ではありますね!

ただ、何度も使える他の保存容器に比べると、使い勝手が良い分お値段は張ります。

自分自身でたくさん購入するというのは、なかなかないケースかなと思います。

そのため、ギフトなどでは喜ばれそうなイメージですね!

ジップロックの代わりでエコな食品保存バッグのまとめ

シリコン製の保存バッグは、使い勝手が良くていいな!と思う反面、ちょっと気になる部分もありますよね。

個人的には、いきなり全ての保存容器をこれにするのではなく、試しに1~2つ使ってみるのがおすすめです!

それで使い勝手が良いと思えば、増やすのもありですよね。

また、色移りしそうな料理や匂いが移りそうな食材には使わない!というのも効率的ですね。
使い勝手抜群で大人気!「シリコン製の保存バッグ4サイズセット」の詳細を見てみる

保存容器を使い分けて、スマートなキッチンライフを楽しんでみてください!

スポンサードリンク

コメント