焼肉のマナーでトングを使う方法を解説!食中毒にならないために!

この記事は約5分で読めます。

焼肉でよくあるのが食中毒ですよね。

トングの使い方を間違えたせいで食中毒になってしまった話をニュースなどでよくみます。

基本的に、牛肉は同じトングでもいいですが、それ以外の肉は使いまわすのは危険です。

生肉をきざんで食べるユッケなどは提供禁止になっていますが、ステーキなどはレアで食べますよね。

牛肉はちょっとあぶるくらいで食べられるのでトングも牛肉だけを食べるなら生を取ったり焼いたのを取ったりしても平気です。

ここに、

  • 鶏肉
  • 豚肉
  • レバー
  • モツ・・・
などを一緒に頼んで同じトングで牛肉と同じように焼いたり取ったりをしていると、運悪く菌がついたのを食べてしまうことになります。

スポンサードリンク

焼肉のトングで食中毒にならないための工夫

豚肉も鶏肉も中まで火が通らないとダメといいますよね。

だからトングについた肉の血なども当然危険です。

もし豚肉その他を焼く場合は、

  • 生肉を取るのとひっくり返すまででトング1つ
  • 焼けた肉を取るようにトング1つ
合わせて2個は最低用意してください。

問題なのは、酔っぱらってきたりするとどっちが生用とかわけがわからなくなって、結局ごっちゃになっちゃうことなんですよね・・・

箸もそうで、焼く用と食べる用で分けてるのに、最後はどっちかわからなくなって生肉置いた箸で食べてたとか、気づいてしまって血の気が引いたなんて話も。

そういう間違いを減らすために、生肉を置くのとひっくり返すのまでをトングにして、焼けたのは箸で取るというのが実は一番無難かもしれません。

焼肉でトングを使う場合焼けた肉をトングでつかんでいい?

焼肉でトングを使う場合は、生肉をつかんだトングで焼けた肉をつかむのはやめましょう。

運が良ければ、肉をひっくり返しているときにトングも加熱されて、付着した菌が消滅する可能性も高いですが。

でも、そうじゃない場合もあるわけです。

その菌が死滅しないままのトングで焼けた肉をつかんだら、結果的には菌が付着した肉を食べることになるわけで、ちょっと怖いですね。

胃腸が丈夫な人は、ちょっとの菌に負けない場合もありますが。

でも小さい子などは抵抗力も低いので、菌に負けてその後食中毒ということもありえます。

実際、大人はなんでもなくても子供だけ下痢嘔吐になったということもありますから。

また、下痢くらいですむならいいほうで、O157のような細菌に感染してしまったら一家で入院なんてこともありえます。

O157は75度以上の加熱を1分以上すれば死滅しますので、そのことをよく覚えて置けば安心ですね。

牛肉は生でも大丈夫というので、豚肉を網に置いた後に牛肉もつかんで、牛肉だから問題なし!なんていうのもやめてくださいね。

豚肉の菌も付着したままですよ!


スポンサードリンク

焼肉をする時トングは使い分けた方がいい?トングは一つでも大丈夫?

焼肉をする時はトングを使い分ける方がいいかについてですが、確実に使い分けた方が安心です。

トングが1つの場合は、生肉専用にするか、焼けた肉専用にするか、どっちかにしてください。

同じトングを2つ使い分けると、途中で絶対どっちがどっち用かわからなくなると思います。

複数買うなら形や色の違うトングにしましょうね。

菜箸で肉を置いたりひっくり返したりは、すべって肉を落としたりもしますので、トングがいいなと思うのはわかります。

トングが1つしかないときはどうする?殺菌する方法は?

もし、1つのトングでどうしてもという場合は、常にトングを加熱させておくというのもいいと思いますよ。

だいたい生肉をつかんで網の上などに置いたら、そのトングはお皿の上などにまた戻しますよね。

そのトングには生肉の汁がべったりついています。

その次に、隣の肉が焼けたから食べようとなって、お皿に乗っているトングでその肉を取って。

そしてたれの入った皿に入れ、食べることになります・・・

どうですか?とっても危険なことしていますよね!?

生肉汁がついた肉を食べちゃうんです!

もし、この時に、生肉をつかんだトングの先を網の上などに置いておけば。

トングも火にあぶられているので、細菌が死滅している可能性は高くなります。

といっても、それもまた可能性の話で、短時間の間の出来事だと生肉汁の菌が死なないうちに漬かってしまうかもしれません。

最初は気を使っていても、だんだんめんどくさくなったりするし、まぁいいかと食べちゃったりします。

だからやっぱり2つ以上のトングか、食べるときは箸で取るなど明確に使い分ける方が危険が少ないです。

割りばしをたくさん使うのもおすすめ

割りばしをたくさん用意しておいて、わけがわからなくなってきたら。

そんなときには、使っていた割りばしは捨てて、新しい箸をまた割って食べるようにしましょう。

30本入りとかの割りばしが100均に売っていますからね。

酔っ払いとかはトング使うのもやめて自分の箸で焼きだしたりしますから・・・

焼肉のマナーでトングを使う方法のまとめ

焼肉でのトングマナーというよりも、食中毒は本当に命の危険があるので、トングは明確に使い分けるようにしましょう。

私はものすごく神経質なので、今まで生きてきた中で食中毒にはなったことがありません。

でもルーズな人は肉が生でも食べちゃうし、トングなんか全部一緒に使いまわしていたりします。

運が良ければ火にあぶられてトングの菌も死滅する可能性もありますが、運が悪ければそれを食べてしまうことになります。

特に子連れで焼肉やバーベキューをする場合は、抵抗力が低い子供は重症になる可能性もあるので、よく注意してトングを使いましょう。

そして、焼肉には「トングの使い方」以外にも、実は「マナー」が存在することを知っていますか?

そんな「焼肉のマナー」についてを

「焼肉のマナー!?上司と行くときに失敗しないためのポイント」

に詳しくまとめています。

せっかくの焼肉、最低限のマナーを知っているだけで、また楽しみ方も違ってきますよ♪

スポンサードリンク

コメント