スキレットのシーズニングの失敗例から学ぶ正しいやり方!

この記事は約6分で読めます。
スポンサードリンク

近年はコロナ禍ということもあり。

密にならずに楽しめる娯楽が人気ですよね!

その中でも特に人気に火が付いたのが、キャンプです。

ここ数年で始めたという方も多いのではないでしょうか?

そしてキャンプが人気になると、キャンプ道具も注目されますよね!

必須アイテムはたくさんあります。

今回はその中でも、スキレットについてお話をしていきたいと思います。

スポンサードリンク

スキレットのシーズニングは何度でもチャレンジできる!

料理を乗せるだけで写真映えするスキレット。

もちろん美味しい料理が作れる優れものです!

ただ、そんなスキレットには、シーズニングが必要になります。

実はシーズニングは、失敗をしても何度でもチャレンジできますよ!

失敗例や、シーズニングをしないとどうなるのか…などなど。

スキレットについて詳しくご紹介をしていきますね。

スキレットのシーズニングをやり直していい?あきらめないでいい?

冒頭でもご紹介をしましたが、スキレットのシーズニングはやり直せます!

失敗をしても、何度でもチャレンジできますよ。

私のまわりでも、ここ数年でキャンプを始めた人が多いです!

その人たちの中でも、やはりスキレットの話題は出ていました。

シーズニングに失敗して困った!という人も、もちろんいます。

ただ、失敗をしてもやり直せるので、安心して下さいね。

やり直す方法としても、同じ手順を繰り返すだけです!

もし失敗に気づいてもあきらめずに、何度でもチャレンジしましょう!

スキレットのシーズニングの失敗例って?

初めてシーズニングをする場合。

どんなふうになると失敗なのか分からない!という場合もありますよね。

これは確かに、初心者にはなかなか難しいかもしれません。

私自身も話を聞いていて、正直難しいと思ってしまいました!

シーズニングの失敗例としては、下記のような状態です。

  • 油の膜を作る工程で脂を塗りすぎてしまう
  • スキレットを洗うときに毎回洗剤を使ってしまっている
  • そもそも全体的にシーズニングができていない
これに1つでも当てはまれば、失敗をしている可能性が高いですよ!

スキレットのシーズニングで失敗しやすいこと①油の量が多すぎる

シーズニングをするときに難しいのが、油の量ですよね。

調べてもどのぐらい?というのが分かりにくいです。

とにかく油を塗りすぎてしまうと、ベタベタになるだけです!

この状態で料理をしても、まずいのは想像できますよね。

シーズニングのときに塗る油の量は、少量でOKです!

全体的に薄く馴染ませていくようなイメージですね。

油が多ければ多い方が良い!というわけではないので、注意が必要です。

スキレットのシーズニングで失敗しやすいこと②洗剤で洗ってしまう

そして、スキレットを洗うときって、洗剤はNGというのは有名な話ですよね。

スキレットを買って最初に洗う時は、使ってもOKです!

このときは、もともとついているワックスなどを洗い流す必要があるからです。

ただ、せっかくシーズニングをしたのに、毎回洗剤で洗っている場合。

油の膜がどんどん落ちてしまうので、シーズニングが水の泡ですよ!

スキレットを洗うのに洗剤を使うのは最初だけ!というのは覚えておきたいですね。

スキレットのシーズニングで失敗しやすいこと③外側や取っ手に油を塗っていない

また、スキレットのシーズニングで見落としがちなことがあります。

それは、全体的に油を塗れていなかった!ということです。

例えば内側だけしかやっていないというのはNGですよ。

シーズニングは、外側や取っ手なども行う必要があります!

特に取っ手は見落としやすいので、忘れずにやりたいですね。


スポンサードリンク

スキレットのシーズニングをしないとどうなる?怠ると使えない?

結論からお伝えをすると、スキレットはシーズニングをしなくても使えます。

シーズニングをやらないと使えない!ということはありませんよ。

でも、買ったときには最低限のお手入れとして、やるべき!と言われています。

その理由としては

  • 最初に塗ってあるワックスや油の臭いが食べ物に移ることがある
  • 調理過程で食材が焦げ付いてしまう
  • お手入れ自体がどんどんしづらくなっていく
といったものがあります。

そもそもスキレットは、製造過程でワックスなどが塗られています。

これを落としてから使わないと、料理が美味しくなくなるわけですね!

最初に洗剤を使ってもOKと言われているのは、このためです。

ワックスを綺麗に洗い流す必要があるので、洗剤は必須になります。

スキレットは手入れをすることで長く綺麗に使える

料理好きな主婦の方だと、鉄鍋とか鉄フライパンを使っていたりしますよね。

スキレットもそうですが、鉄製の調理器具はお手入れが大変とも言われます。

使ってその都度しっかりとお手入れをしないと、どんどん錆びていくからです。

また、調理する度に焦げ付いたら、洗うのも大変ですよね。

シーズニングをしないことによって、どんどんお手入れがしづらくなります!

その結果、もう使うのが面倒…となってしまう方も実際にたくさんいますよ。

私のまわりでキャンプをやっている人たちも、同じことを言っていました!

シーズニングは面倒だけど、長く綺麗に使うためには必須ですね。

シーズニングをしなくても良いスキレットもあるの?

実は、最近はスキレットの需要が上がっているため、様々な商品があります。

キャンプでなくても、自宅でスキレットを使っている人もいますよね!

スキレットで調理すると美味しいですし、見栄えも良いです。

キッチンが広いおしゃれなご家庭には、1つはある!というイメージです!

そんな需要にあわせて、使い勝手が良いのが、シーズニング不要のものです。

スキレットはシーズニング必須でしょ?と思いますよね。

シーズニングは不要のスキレットだと、製造過程でシーズニングがされています。

もちろん、自分でシーズニングをしたい!という人もいますよね。

でも買ってすぐに使いたい場合は、シーズニング不要のものが便利ですよ!

シーズニング不要のスキレットの値段は?

値段はそれぞれですが、様々な店舗やメーカーで取り扱っています。

サイズにもよりますが、中には1,000円以下で買えるものもありますよ。

気になる方は、シーズニング不要と記載があるスキレットを探してみて下さいね!

手間をかけずにすぐに使いたい場合は、要チェックです。
「シーズニング不要のスキレット」を見てみる

スキレットのシーズニングの失敗例のまとめ

スキレットのシーズニングって、20分~30分はかかりますよね。

初めての場合だと、更に時間がかかると思います!

でも、シーズニングをしないと、上手く使いこなせないです。

せっかくの料理がまずくなったら、キャンプが台無しですよね。

長く綺麗に使うためにも、シーズニングは必須ということです。

失敗してもやり直せるので、その点は安心ですよね。

主婦などで、自宅で手軽にスキレットが使いたい!という場合。

便利なシーズニング済みのスキレットもおすすめですよ。

使うシーンによって、適したスキレットを選びたいものですね!

スポンサードリンク

コメント