フットボールとサッカーボールの違いは?ボールやルールの違いを解説

スポンサードリンク

フットボールとサッカーボールの違いは、初心者には全くわからないし、考えてみたら「どう違いがあるのだろう」と気になりますよね。

聞いたところ、フットボールとサッカーボールは同じスポーツだそうです。

フットボールとサッカーボールは、呼び名が違うという事だけだそうです。

フットボールと呼び名が似ている「フットサル」は、内容は似ているけど、コートやルールなどちょいちょい違いがあるようです。

フットサルは、サッカーと同じ競技ですが違いがたくさんあります。

フットサルは、

  • 5人制
  • 室内でやる
  • ボールは少し小さめの弾みにくい専用のボール
  • コートの広さがサッカーの半分以下
などのサッカーとの違いがあります。

フットサルの特徴は、参加人数が5人と少なく、試合時間も短いのと接触プレーが厳しく取り締まっていることです。

なので、女性や子どもも気軽に参加しやすいイージーな競技です。

フットサルボールとサッカーボールの見分け方は大きさよりも重さ!

フットサルとサッカーで使われるボールの見た目は、かなり似ていて一見違いは無さそうに見えるけど、実はかなり違うんです。

フットサルボールとサッカーボールの大きさはあまり変わらないけど、フットサルボールはサッカーボールと比べて重量が重く作られています。

フットサルボールはサッカーボールと比べて、弾みにくい作りになっているのも違いの特徴です。

フットサルは、ボールを弾みにくくすることで、トラップしやすくなって、フットサルの狭いコートの中でも動きやすいようになっています。

ボールの大きさの違い

フットサルボールとサッカーボールの大きさはどちらも約20cm前後と大きな違いは無いんです。

だけど、ボールのそれぞれ対象とする年齢が違います。

サッカーボールの4号球は小学生が使用するサイズで、フットサルボールの4号球は大人のプレーヤーが使用します。

フットサルボールとサッカーボールが同じ4号球でも、フットサルでサッカーボールの4号球を選んでいいわけではないので注意しましょう。

ボールの種類の違い

フットサルボールは、手縫いと機械縫いという縫い方の種類があります。

また、サッカーボールは、観賞用や試合用など使用によって違った種類があります。

フットサルボールはサッカーボールのように、使用用途ごとに種類はなくて、野外でも室内でも同じボールになります。


サッカーと呼ぶ国は意外に少ない!世界的に呼ばれているのは?

スポンサードリンク

世界的に人気のあるスポーツのサッカーは、「サッカー」という呼び名よりも「フットボール」という呼び名の方が主流なんです。

日本ではサッカーと呼ばれることがほとんどですが、実はサッカーと呼んでいる国は、「日本」「カナダ」「オーストラリア」「ニュージーランド」など少数しかないのです。

フットボールとサッカー呼び名が2種類ある理由とは?

元々内容がバラバラだったフットボールのルールを統一して、イギリスの協会がフットボールの名称を「アソシエーション・フットボール」にしました。

「アソシエーション・フットボール」を英語にすると「Association Football」です。

この「Association」を略すと「soc」と人を表す「er」を付けて「soccer」「サッカー」になったそうです。

なので、

  • サッカー→「アソシエーション・フットボール」の省略
  • フットボール→サッカーの元々の呼び方
ということになります。

なぜ日本人は「サッカー」と呼ぶのかというと、「アソシエーション・フットボール」が確立されてから、日本に伝わったからだと考えられています。

また、同じ時期に「アメリカンフットボール」「ラグビーフットボール」なども日本に伝わりました。

「アソシエーション・フットボール」だと、他の競技と区別しにくかったので「サッカー」という呼び名が広がったとも言われています。

スポンサードリンク

フットボールとサッカーボールの違いのまとめ

「フットボール」と「サッカー」は全く同じスポーツだったんですね。

フットボールと似た呼び名で、間違えやすい「フットサル」は、似ている競技だけど内容が少し変わってくるみたいです。

フットサルは、コートの広さが狭いです。

なので、ボールはコートの広さに合った跳ねにくいボールを使用します。

ボールの大きさの違いはほとんどないですが、フットサルをやるときはサッカーボールを使うのではなく、フットサルボールを用意するのがいいみたいですね。

「アソシエーション・フットボール」の呼び名は、フットボールでもサッカーでもどちらでもいいみたいですが、日本だとフットボールでは伝わらない可能性もありますね。

私もフットボールと言われてパッと頭に浮かばないかもしれません。

逆に、海外でサッカーと言っても伝わらないかもしれないので注意しましょうね。

スポーツする広さ、人数に合った方の競技を選んで楽しみましょう。