好きでいてくれた人を傷つけたらどうすべき?どうすればまた好きになってくれる?

交際している彼氏と些細なことで言い合いになってしまって、

「何で思ってもいない事をキツく言ってしまったんだろう。」
「嫌いになられたらどうしよう。」
「別れたくない。」

と、考える女性は多いと思います。

私自身も今の旦那と交際中に何度もそういった経験がありました。

今回は、喧嘩して彼氏を傷つけてしまった時、

「どう接したら許してもらえるのか?」
「また好きになってもらえるのか?」

そして、自分に抱いた「罪悪感」や「後悔」との向き合い方を紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク

大切にしてくれた人を傷つけたとき相手にどう接すればいいの?

自分のことを大切にしてくれた彼氏を傷つけてしまったとき、どう接すればいいのでしょうか。

彼氏を傷つけてしまったときの接し方①謝る

まずは、「謝ること」に尽きます。

「彼氏を傷つけた」と自覚があるのであれば、素直に謝りましょう。

気まずい気持ちや言いにくい気持ちがあるのは分かりますが、今後も彼氏と付き合っていきたいのであれば、素直に謝りましょう。

謝る時のポイントは、

  • 2人きりになれる場所
  • 直接会う
  • 誤解が生まれる場合があるのでLINEや電話はNG
  • 表情も意識をする
  • 言い訳はしない
  • 「彼氏にも原因がある」というような言い回しはしない
  • 適当に謝らない
という点です。

彼氏も一度は好きになった彼女です。

素直に謝ることでほとんどの彼氏は許してくれますよ。

彼氏を傷つけてしまったときの接し方②会えない場合は「LINE」と「電話」で謝る

直接会って2人の時に謝るのがベストではありますが、遠距離恋愛や会ってもらえない時は、「LINE」と「電話」で謝りましょう。

LINEで謝る時は、

LINEで謝るときの例文
○○くんごめんなさい。

きちんと謝りたいので、電話しても大丈夫かな?

直接、謝らせてください。

と、文章で伝えてから電話でも謝るようにしましょうね。

彼氏を傷つけてしまったときの接し方③「手紙」で謝る

もしも、

  • 会ってもらえない
  • LINEに返事が無い
  • 電話がつながらない
そんな場合、彼氏は相当傷ついていることでしょう。

それでもきちんと謝りたい時は、「手紙」を送る方法も一つです。

「手紙」は、彼氏側も気持ちを落ち着かせて読むことができます。

文字に込められた気持ちをゆっくり理解してもらうことができます。

彼氏を傷つけてしまったときの接し方④一旦距離をおく

男性によっては、傷ついた傷が「怒り」や「恨み」に変わってしまう場合があります。

気持ちが落ち着いていない時に

「まだ怒ってる?」
「そろそろ会いたいな。」

などと連絡をすると、逆にもっと嫌われてしまう恐れがあります。

そういった男性は、1人になりたい気持ちが強くなっているので一旦距離をおきましょう。

一旦距離をおくことで、冷却時間が生まれ、お互いに自分の気持ちとゆっくり向き合うことができます。

傷つけてしまった彼氏と一旦距離をおくときの期間の目安は?

目安として、1週間程度、距離をおきましょう。

私も旦那と付き合っている時、喧嘩をした時は「距離をおくこと」が一番効果的でした。

「どっちが悪かった?」と、原因を探ることよりも、

  • 自分の今の気持ちはどうなのか?
  • 相手とどうしていきたいのか?
をじっくり考えることができました。

ただ、「一旦」というように長すぎる時間は自然消滅につながります。

「1週間」を目安に連絡をして、謝る機会を作りましょうね。

彼氏を傷つけてしまったときの接し方⑤傷ついた気持ちを聞く

謝罪をした後、彼氏にどういった言葉や内容で傷ついたかを聞けると良いでしょう。

例えば、

「隠れて男の人たちと出かけて欲しくなかった。」
「趣味をバカにされて嫌だった。」

など、彼氏が傷ついた気持ちを聞くことで、同じ過ちをしないようにできます。

そして、彼氏の気持ちを聞く時は、決して言葉を遮ってはいけません。

彼氏が言いたいことを言い切るまで、彼女は話を聞くことに徹しましょう。

慌てて自分の気持ちを言い出してしまうと「反省していない」と思われる恐れがありますよ。

私も気をつけないといけません。

今でも旦那が話している時、よく「自分は、〇〇~」と話を遮ってしまっていますね。

まずは、「相手の話を聞く」。

どんな状況でも大切なことですね。

彼氏を傷つけてしまったときの接し方⑥愛情表現をする

彼氏を傷つけた時、彼氏は自分に自信を無くしている場合もあります。

そんな時に、「謝罪」に加えて彼女からの「愛情表現」があると、彼氏は自信につなげることができます。

「大好き」という気持ちを素直に伝えたり、「電話やLINEの頻度を増やす」「自分から手をつないでみる」なんて、おススメです。

彼氏を傷つけてしまったときの接し方⑦プレゼントを渡す

謝罪と共にプレゼントを渡すのも一つです。

決して、「物で解決したら良い」ということではないので、高価過ぎない「彼氏が好きな食べ物」などがおススメです。

そう言えば、私が旦那と付き合っている時、旦那が原因で喧嘩になったことがありました。

そして、話し合いをするために旦那の家に行った時、謝罪の後に「オムライス」を作ってくれた思い出があります。

特別な調味料やオシャレな見た目でも無い普通のオムライスでしたが、本当に美味しかったことを今でも覚えています。

大切なのは、物に変えて自分の気持ちを相手にきちんと伝えるということなんだと思いますよ。

彼氏を傷つけてしまって謝る時にやってはいけないNG例

次は、彼氏を傷つけて謝る時にやってはいけないNG例を2つ紹介したいと思います。

彼氏を傷つけて謝る時にやってはいけないNG例①謝り方がしつこい

素直に謝るのが1番ですが、彼女と話もしたくない時にしつこく謝るのはNGです。

反対に「謝ればすむと思うな!」と思われてしまいます。

彼氏を傷つけて謝る時にやってはいけないNG例②泣きながら謝る

男性は、女性の涙が苦手です。

ましてや傷ついているのは彼氏なのに彼女が泣いていてはいけません。

「泣けば許されると思っている?」と思われてしまうので、もし涙が出そうな時は席を外して見えないように泣きましょう。


スポンサードリンク

好きな人を傷つけたときの罪悪感と後悔にどう向き合えばいい?

好きな人を傷つけてしまった時、自分に罪悪感を感じる彼女も多いと思います。

そもそも「罪悪感」とは、相手に

  • 悪いことをしたな
  • 申し訳なかったな
という気持ちです。

つまり、「相手のことを思いやる気持ち」の裏返しなのです。

なので、決して「罪悪感をもつこと=悪いこと」ではありませんよ。

私の場合、付き合っている時も結婚してからでも旦那とぶつかって「罪悪感」や「後悔」をすることなんて山ほどあります。

でも、いつも思うのが「自分の気持ちを分かって欲しい。」、だからぶつかって「罪悪感」と「後悔」をするということです。

「もう別れよう」と思う相手には「罪悪感」も「後悔」も生まれないでしょう。

もし、「罪悪感」と「後悔」が消えない時は、今から紹介する5つの方法を試してみてください。

罪悪感と後悔が消えない時の向き合い方①リラックスする

実は「罪悪感」や「後悔」を感じている時、人は「緊張状態」になっています。

人は、緊張状態が続くと「頭痛」や「下痢」「吐き気」や「息苦しさ」など体調を崩してしまう可能性もあります。

なので、まずはあまり気が向かなくても、自分がリラックスできる方法を試しましょう。

  • リラックス効果のあるラベンダーの香りのアロマを焚く
  • カラオケで大声を出す
  • ちょっと高価なコーヒーを飲む
  • ゆっくりお風呂に浸かる
など、自分の緊張状態を解放してあげる方法を実践してみましょう。

私だったら、ちょっと高いお酒を買ったり、サウナや岩盤浴、銭湯に行きますかね。

罪悪感と後悔が消えない時の向き合い方②自分の気持ちを文字にする

自分の内にある気持ちを文字にすることもおススメです。

怒りを上手く分散させる「アンガーマネジメント」という心理療法もあるほど、自分の気持ちを文字にすることは良いことなのです。

自分の気持ちを文字にすることで自分の客観的な気持ちも現れて、気持ちに整理がつきます。

「書く文字」だけに限らず、スマホの「メモ機能」を使うのもアリですよ。

罪悪感と後悔が消えない時の向き合い方③客観的な見方をする

自分の内にある気持ちを信頼できる人に話して相談するのもおススメです。

客観的な意見を聞けたり、自分の良い所や悪い所に気づくきっかけにもなります。

罪悪感と後悔が消えない時の向き合い方④自分を責めてはいけない

「罪悪感」や「後悔」を感じている時に自分を責めても大切な人を傷つけた苦しみは変わりません。

なので、自分を責めずに、まずは大切な人を傷つけた出来事を受け入れて反省をしましょう。

罪悪感と後悔が消えない時の向き合い方⑤今後にどう活かすかを考える

反省をしたら、今回の出来事を今後にどう活かすかを考えましょう。

同じ過ちを起こさないことはもちろん、自分のレベルアップにつなげましょう。

スポンサードリンク

好きでいてくれた人を傷つけたら?のまとめ

好きでいてくれた彼氏を傷つけた時、まずは「謝ること」に尽くしましょう。

直接会って、素直な自分の気持ちを伝えましょう。

「傷つけた罪悪感や後悔は相手を思う気持ち」の証拠です。

「恥ずかしいから」「自分は悪くないから」など強がっていると彼氏に別れを切り出されるかもしれません。

そうすると、もっと罪悪感や後悔が強まりませんか?

「自分の気持ち」そして、「自分自身」を大切にしてあげましょうね。