女性としてなかなか言い出せない、人に聞けない悩みって結構あったりしますよね。その1つが「足の臭い問題」じゃないでしょうか?

以下は、実際に20代後半女性から寄せられたご相談です。

「私は足汗が多いので、靴を脱ぐといつも靴下が濡れていて気持ち悪いです。さらにその靴下からツーンとした臭いがするので、人目が気になって仕方ないです。これって私だけなんでしょうか?」

これってもちろん、この女性だけに限った問題ではなく、「足汗が多い方」は、靴下まで濡れてしまうことなんてザラです。

さらにそのまま放っておくと、雑菌が繁殖して臭いが発生しやすくなるだけじゃなく、最悪の場合「水虫」になることもあるんですね。

そのためには

  • できるだけ靴下が汗で濡れないようにするか
  • 靴下が汗で濡れてしまったときに、できるだけ効果的な臭わない対策をとる

といった対策が必要なんです!

そこで今回は、足汗が多い方でも大丈夫な靴下が濡れない方法、臭いを抑える方法をお伝えします。

スポンサードリンク
  

意外と多い?1日で足裏にかく汗の量

足の裏は、意外にも汗腺が集中している場所で、なんと「一日にコップ1杯もの汗」をかいているんですよね。

そのため、決して汗かきな人じゃなくても、気づかないうちに「靴下が汗で濡れてしまうこと」はよくあるんです。

しかも、人前で靴を脱ぐ機会は以外と多いもの!

  • お呼ばれでお家に上がると、フローリングに足跡がついてしまったり
  • お座敷での食事会などで靴を脱ぐと、靴下からツーンと酸っぱいような、香ばしいような臭いがしたり…

こんな経験が一度でもあったら、不安で、靴を脱ぐのをためらってしまうこと、ありますよね。

では実際に、靴下が濡れないようにするには、どうしたらいいのでしょうか?

靴下が足汗で濡れない4つの方法

靴下が足汗で濡れてしまわないための見直しポイントはズバリ、「靴下の素材や形を見直すこと」です!

汗に強い靴下の素材を選ぶ

ポイントは

「長時間履いていても蒸れにくい素材」

つまりは

  • 吸湿性
  • 通気性
  • 速乾性

に優れたソックスを選ぶといいでしょう。

おすすめなのは「シルクやウール」、「麻」などの、天然素材です。

こういった天然素材の靴下は、吸収性、速乾性に優れているので、足汗が多い方に最適です。

心配な時は、出かける際に靴下をもう一足持って行って、履き替えるといいでしょう。より臭いや蒸れを防いでくれて安心です。

汗で蒸れない靴下の形を選ぶ

足の指と指の間は汗が溜まりやすく、そこから臭いを発生します。そこでおすすめなものが「5本指ソックス」です。

汗で蒸れにくく指も自由に動かせるので、血行の流れが促進し、冷え性対策にもなる優れものなんですよね。

ただし、この5本指ソックス独特の形やデザインが気になって、人には見られたくないといった理由から「履きにくい」というのが難点ですね。

それを解決するのが「インナーソックス」です!

インナーソックスを履き、その上からストッキングや靴下を履くことができます。今は、5本指用のインナーソックスも販売されており、汗と臭いを吸収してくれる効果があります。

まぁ、私の場合はかれこれ10年くらい前から、人目も気にならず「5本指ソックス」を愛用していますよ^^

慣れてしまえば、全然気にもなりません。笑

足専用の制汗剤を使用する

「足専用の制汗剤」を使うことで、足汗そのものを抑えることができます。

お出かけ前の一塗りで、一日中足汗が抑えられるので臭いも気になりません。

また、この足専用の制汗剤は安全性が高く、副作用の心配もないので安心して使えますよ。

消臭効果のあるミョウバン水で足の臭い対策

スーパーなどで簡単に手に入る「ミョウバン水」には消臭効果があるので、普段からスプレーボトルに入れて持ち運び、臭いが気になる時にスプレーするといいでしょう。

ただし、制汗効果はあまり期待できませんので、臭い対策にだけ期待しましょう。

ミョウバン水の作り方

<材料>
  • ミョウバン(焼きミョウバンでもOK)
  • 水150mlに対して、ミョウバン10g
  • 容器(小さなスプレーボトルは持ち運びに便利)

<作り方>
①ミョウバン15(水):1(ミョウバン)の比率で、スプレーボトルに入れます。

②これをシェイク!溶けにくいので完全に溶けるまでは1,2日ほどかかります。

③完全に溶けきったらできあがり!


スポンサードリンク

重曹で足の臭いを中和する

重曹には、「臭いの原因物質を中和してくれる」といった働きがあるので、足の臭いが特に強いと感じるなら、重曹を溶かしたお湯での足湯がオススメ!

重曹は、今はドラッグストアやスーパーなどで、手軽に購入できますよ。

重曹を使った足湯の方法

お湯2リットルと、重曹大さじ5~6杯をペットボトルに入れ、よく振ります。これを洗面器に移し、15~20分ほど足を浸します。

この足湯を数日続けると、ひどい足の臭いも消えることが多いようです。

重曹は安く手に入るので、毎日のケアとして使えるのもうれしいところですよね。

靴下の臭い対策に効果的な靴のケア

せっかく足のケアをしても、靴自体が菌でいっぱいだと、履いた瞬間から臭う足に逆戻りです。

足の臭い解消には、靴のケアも徹底しましょう!

靴をローテーションで履く

同じ靴を毎日履くだけで、臭ってしまう原因になります。

靴は1日履いただけでも、かなりの汗を吸ってしまっているので、翌日また同じ靴を履くと、湿気がなくなって乾燥させる時間が足りません。

可能であれば、3足以上の靴をローテーションで履くのが理想です。普段履く靴は複数用意し、毎日履き続けないことが「足の臭い対策の鉄則」ですよ。

靴を天日干しで消毒

靴は、お天気の良い日には、天日干しでしっかり靴の湿気を乾かして、菌を消毒しましょう。

水洗いできる靴は、洗ってから天日干しするとなお効果的!

革靴のような日光に当てられないものは、風通しのよい場所で影干ししましょう。

消臭インソールを使う

足の臭いを抑えて、靴のケアができるアイテム…つまり「靴の中敷き」です。

中敷きは、除菌機能や汗を吸収する機能があり、靴にインソールを入れるだけで、靴のケアにもなります。

靴の中の臭いも消してくれる「消臭効果」もあるので、二重に嬉しいアイテムといえますよね。

靴に入れるだけという「手軽さ」も、見逃せないメリットです。

靴下が汗で蒸れて臭いことのまとめ

靴下が汗でビショビショに濡れていると、気になって他のことが集中できなくなってしまいますよね。

これから、新人歓迎会シーズンになると、靴を脱いで靴下になる機会が増えますもんね。それに、臭いが心配な中で靴を脱ぐのが、本当に辛いものです。

ただ、中には足蹠多汗症(そくせきたかんしょう)や、更年期障害などの病気で、足汗が度を超えて増える場合もあります。

ケースバイケースで自分の状態を確認し、必要なら病院に行くなどして、上手に対策なさってくださいね!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク

コメントを残す

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.