ファンデーションのブラシ!洗う頻度はどの程度で大丈夫?

スポンサードリンク

ファンデーションはパフで塗るより、ブラシで塗った方が自然に仕上がりますよね。
しかしそのブラシ、いつ洗ったか覚えていますか?

実は最低でも、1週間に1回は洗うべきもの言われています。
洗っていないファンデーションのブラシには、たくさんの汚れが付いています。

汚れの種類は様々で、肌に付いた汗や皮脂は勿論、空気中のホコリも付着しています。
それらの汚れを求めて雑菌やダニが集まり、ブラシの中で繁殖しているのです。

そんな汚れたブラシを顔に使うなんて、考えただけでゾッとしますよね。

そこで今回は、ファンデーションのブラシの洗い方や、日頃の手入れ方法についてしっかり解説していきます。
ブラシを清潔に保ち、楽しく安全にお化粧をしましょう!

スポンサードリンク

1.ファンデーションのブラシの正しい洗い方って知ってる?

では早速、ファンデーションのブラシの洗い方について見ていきましょう。

まず用意するのが、ぬるま湯と中性洗剤です。

中性洗剤と聞くとどのようなものか分かりづらいですよね。
ですが安心してください!食器洗いに使う洗剤を用意すればOKです。

パウダーファンデーションに使っている場合は、ぬるま湯200mlに対して中性洗剤1ml。
リキッドファンデーションに使っている場合は、ぬるま湯50mlに対して中性洗剤1mlを溶かします。

中性洗剤が溶けたら、ブラシの根元から筆先部分までぬるま湯につけ、軽くふり洗いをしましょう。
毛先にはファンデーションや汚れが沢山付着しているので、毛先を軽く押さえるようにして洗ってください。

汚れが取れたと思ったら、新たにぬるま湯を用意してすすいでください。
すすぐ目安は、容器の中で洗剤の泡が立たなくなるまでと覚えておきましょう。

すすぎが終わったら、筆先を手で軽く握って水気を切ります。
筆先を指で整え、ブラシを横に置いて風通しの良い場所に陰干ししてくださいね。

(1)ブラシを早く乾かしたい! ドライヤーを使うのは大丈夫?

早く乾かそうと思って、ブラシをドライヤーで乾かそうとしていませんか?
確かに一見効率的に見えますが、ブラシを乾かす時にドライヤーを使うのはNGなのです!

なぜかと言うと、ドライヤーの熱で毛先や表面の毛が痛んで、ブラシの寿命が縮まってしまうからです。
せっかくのふわふわブラシがゴワゴワになってしまい、買い換えなくてはいけなくなってしまうのです。

同様の理由で、直射日光に当てて乾かすのも避けましょう。
雑菌やダニを殺菌するのに効果的に見えますが、日頃きちんとお手入れしていれば、特別天日干しする必要はありません。


スポンサードリンク

2.ファンデーションのブラシを清潔に長持ちさせるお手入れ方法

ファンデーションのブラシはこまめに洗う事も大切ですが、使った後のお手入れもまた大切です。

その手入れ方法とはとても簡単で、使用後にティッシュペーパーを使い、ブラシの汚れを拭き取る事です。
テーブルの上などにティッシュペーパーを広げ、ティッシュペーパーをなぞるようにして汚れを拭き取りましょう。

汚れを拭き取った後は、専用のケースやポーチにしまうのもお手入れの一環です。
ポーチやケースにしまう時は毛先が広がらないよう、きちんと筆先を揃えてから収納しましょう。

ポイントとしては、ブラシを使用したら毎回お手入れを行う事です。
この一手間がブラシの寿命を延ばすだけではなく、美しい仕上がりにも繋がりますよ。

3.ファンデーションのブラシを洗う頻度のまとめ

ファンデーションのブラシは、1週間に1度洗うのがいいと言われています。

洗っていないブラシには、ファンデーションだけではなく皮脂や汗も沢山付着しています。
放っておくと雑菌やダニが繁殖し、トラブルの原因にもなりかねないのです。

ですので、1週間に1度はぬるま湯と中性洗剤を使用し、綺麗にブラシを洗いましょう。

ブラシを乾かす時は必ず陰干しします。
ドライヤーを使ったり天日干ししたりすると、ブラシの寿命を縮めてしまうので、注意が必要です。

ブラシを使った後はティッシュペーパーで汚れをふき取り、筆先を揃えてケースやポーチにしまいましょう。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク

コメント