唇がひび割れて、痛いくらいの唇の荒れ、つらいですよね。

私の場合は、鼻炎で鼻が詰まりやすいから寝てる間も口呼吸になっちゃうので、空気が乾燥する季節になってくると、朝起きたときには唇がパリッパリ。起きてきた娘に『おはよう』って言うのも唇のひび割れを気にしながらなので大変です。

寝る前とか、朝起きてからすぐにリップクリームを塗っても、全然効果なし。そんな日々を送ってました。

この記事でお伝えしたいこと
  • どうしてリップクリームを塗っても効果がないの?
  • 少しでも早く良くしたい唇の荒れに即効性のある改善方法ってないの?
  • ピキピキ割れてとっても痛い唇にお勧めのケアは?
[/su_list]

っていうことについて、お伝えしていきますね。

スポンサードリンク
  

唇が乾燥してリップを塗っても効かない?

『唇が荒れきたなぁ』って思ってリップクリームを塗っても、唇の荒れが全然良くならない。そんなときは、あなたが使ってるリップは、今の症状に合っていなかったり、そもそもあなたの体に合わないものだったりするかもしれません。

唇ケア商品の種類

リップクリームを買いにドラッグストアに行くと、本当にいろんな種類のリップケア商品がありますよね~。『今の自分の症状には、どれがいいんだろう?』とか『どれが自分に合うんだろう』って悩んでしまいます。

そんなときにまず、ドラッグストアなんかに売られている『唇が荒れたときの唇ケア』の商品には大きく分けて2種類あります。

  • リップクリーム
  • リップバーム
この2つには成分的な違いはないんです。では、その違いはと言うと実は『こういうものをリップクリームって言います』、『こんな特徴のものをリップバームって言います』っていう基準が決められている訳じゃないんですが、一般的には次のような特徴で分けられてることが多いです。
  • クリーム状のものをリップクリームって呼んでいることが多い
  • 軟膏状のものをリップバームって呼んでいることが多い
  • どちらかって言うと、リップバームの方がこってりしていて保湿効果も高いけど、塗りにくい
  • リップクリームはスティック状のものが多く、携帯しやすく塗りやすいので良く使われている
  • リップバームは蓋(ふた)付きの容器に入っていることが多く、リップクリームに比べて携帯性や塗りやすさはいまいち
  • 実は、そもそも海外では『リップクリーム』と『リップバーム』の使い分けはされていない(実は『リップクリーム』っていうのは和製英語なんです)
あなたの生活スタイルに合わせて、使い分けをしていけばいいですよね。私の場合は、携帯用にはリップクリーム、お家で使うのはリップバームっていう感じで使い分けてます。

リップを塗っても効かない理由

で、そんな唇が荒れたときに、唇ケアのために使っている『リップクリーム』や『リップバーム』だけど、早くよくしようって思って一生懸命に塗っても、一向によくなってくれないことがあるのってどうしてでしょう?

それは、もしかしたら『あなたが使っているリップが、今のあなたの症状にあっていないもの』なのかもしれません。

実は市販のリップには、同じリップでも効果の違いが大きく次の3つに分けられるんですよね。

リップの効果の違い
・化粧品
表面的な見た目を整える程度の保湿力。化粧品としての機能が主で、保湿はおまけ程度って考えた方がいいでしょう。

・医薬部外品
唇の皮が割れたりめくれたりしないように、皮膚のバリア効果を期待できるレベルの保湿力。

・医薬品
唇が割れてしまったり、皮がめくれてしまった状態を治療する効果を期待できる保湿力。

これらの薬事法上の分類は、商品に張られている説明欄に『医薬部外品』とか『第2類医薬品』、『第3類医薬品』とかって書いてあるので、見てみるようにしましょう。

見ての通り、同じ『リップ』でも、分類によってこんな風に用途が違うんです。なので、唇がバリッバリに割れてるのに、化粧品に分類されるリップを塗ってても、ほとんど効果は期待できないんです。

だから大切なのは、今の自分の状態を知って

  • 空気が乾燥してきて、唇が荒れそうだなって感じてきたら、『化粧品』や『医薬部外品』のリップを、唇荒れの予防としての使用する。
  • 唇が割れてきたり、皮がめくれてきた、みたいに『唇荒れの症状』が出てきたときには、『医薬品(第2類医薬品、第3類医薬品)』のリップを唇荒れ治療として使用する。
のように、自分の症状・目的に合ったリップを選んで使うこと、なんです。

また、『紫外線』が唇荒れの原因になることもあります。UV対策のできるリップもあるので、唇荒れ予防にこういうものを選んでみるのも良いですね。

お勧めのUV対策のできる唇荒れ予防リップ

リップの成分にアレルギーがあることも

唇荒れを良くしたいって思って塗っているリップでも、その成分の中にアレルギーがあって、かえって『唇荒れの原因になってしまう』なんてこともあるんです。なので、リップ選びも『乾燥しなければ、どれでもいいや』じゃなく、ちゃんと選ぶようにすることが、唇荒れ改善のポイントです。

リップ選びや使用するときのポイント
・リップを選ぶ時は、余計なものが入ってないものを選ぶようにしましょう。また、保湿感とか塗り心地なんかは、自分に合う合わないがあるので、いろいろと試してみて『自分にあったリップ』を見つけることが大切です。

・唇の皮膚はとってもデリケートです。リップを塗ってみて、腫れた感じがしたり、痒くなってきたりと、少しでも『おかしいな』って感じたら、使うのをやめておきましょう。

・リップは唇のシワに沿って『縦方向』に塗るのが基本です。横方向に塗ると、唇への負担になって、かえって『唇荒れ』の原因になってしまうことも。

・リップの塗りすぎには注意しましょう。唇は刺激にとっても敏感です。塗りすぎは唇の過度な刺激になって、逆効果になってしまうこともあるので注意しましょう。目安としては、1日5、6回くらいにしておきましょうね。

・医薬品のリップを選んで使用しても症状が改善しなかったり、悪化してしまうような時には、皮膚科にかかるようにしましょう。アレルギーがあるような場合、皮膚科でパッチテストをしてもらって、どの成分にアレルギーがあるのか調べてもらうこともできるし、効果的なお薬も処方してもらうこともできますよ。

私も以前にリップを塗っても良くなるどころか、悪化しちゃったことがあったので、皮膚科にいってパッチテストをしてもらったら、そのリップに含まれていた成分にアレルギーがあることが分かったので、それからは成分表示に気を付けて買うようになりました。私のように、リップを塗っても悪化してしまうようなときには、自分に何が合わなかったのかわかるので、安心できるし、自分に合わないリップがわかるので、リップ探しをするのにも役にたつしで、お勧めです。

唇荒れにリップは万能じゃありません。種類もさまざまなので、自分に合ったリップを見つけるのも大変だけど、自分にあったものを見つけることができたら、ちゃんと唇荒れの予防効果が期待できますよ。

唇の乾燥に即効性のあるお勧めの改善方法

自分に合ったリップを見つけることができたら、唇の荒れ予防にかなりの効果が期待できているはずです。でも、やっぱり唇が荒れやすい人は、どんなに予防しても体調やストレスが原因で唇が荒れてしまうことがあります。

そんな時に、即効性のある唇の荒れに対する改善方法をご紹介します。

リップクリームを正しく使う

どんなに治療効果のあるリップを使っても、使い方が間違っていたら、その期待できる効果も半減しちゃいます。正しい効果的な使い方をして、リップの治療効果を最大限に生かすようにしましょう。

リップの治療効果を最大限に高める、正しい使い方
1)1日にリップを塗るタイミングを決めるようにしましょう。
唇が乾燥っぽいからと言って、気になった都度、リップを何度も塗っていたら必ず塗りすぎちゃいます。あまり塗りすぎてしまうと、刺激に敏感になっている唇が、リップとの摩擦が原因で、逆に唇の荒れがひどくなってしまう場合があるんですよね。なので、例えば『朝起きてから』、『各食事の後』、『寝る前』みたいに、いつ塗るか決めておくようにすると、塗りすぎてしまう心配もなくなるのでお勧めですよ。多くても1日に6回くらいまでにするようにしましょう。

2)リップは縦に塗ろう
リップを塗っている人を観察していると、ほとんどの人が、口紅を塗る要領で『横方向』にリップを塗ってます。でも、鏡で唇をよく見てみてください。唇には横方向のシワはほとんど無くて、縦方向のシワがたくさんあるのがわかりますよね。なので、リップを横方向に塗っても、この『縦のシワ』にはあまり馴染んでくれないんですね。馴染まないどころか、シワを押し広げながら塗っちゃってるので、返ってひび割れが悪化してしちゃうので、絶対に横方向に塗るのはダメです。

3)リップは温めてから塗ろう
冬の寒い季節のリップは、硬くなってしまって、とっても塗りにくいですよね。硬いまんまの状態のリップを唇に押し当てて塗るのも、唇への強い刺激になってしまうので、厳禁です。

そんな時には、リップの先端を指先で温めてから使うようにするだけで、リップの唇に触れる部分が柔らかくなるから、リップを唇に押し付けずに優しく塗っても、唇にちゃんと塗ることができますよ。服に内ポケットなんかがついている時は、ポケットに入れておくようにすると、リップが常に柔らかい状態で、そのまますぐに塗ることができるのでお勧めですよ。

リップクリーム塗ってマスクをする

唇が荒れてたり乾燥してると、リップクリームを塗っても、唇になかなか馴染んでくれませんよね。馴染んでくれないと、なかなか唇のひび割れの改善も期待できません。

そんな時にお勧めなのが、『リップを塗ったあとにマスクをする』です。リップを塗った上からマスクをすると、せっかく塗ったリップがマスクについてしまってダメそうな感じがしますよね。

そこで、こんな時に便利なのが『立体マスク』です。普通はマスクの鼻に接触する部分に針金が入っていて、それを曲げることで、鼻の形にフィットさせることができるようになってますよね。立体マスクには、その針金が『口の部分』にもついているんです。それによって、口の部分がペタンってならずに口から浮いた状態になって、息がしやすいようになっているんですね。なのでこのマスクだと、リップを塗った口にマスクが接触することを気にせずに済むんです。

そしてマスクをすることで、自分の息で唇が蒸された感じになって、塗ったリップもびっくりするくらい馴染んでくれちゃいます。

私も冬になると、インフルエンザとか風邪の予防も兼ねて、この『リップ&マスク』を常にしています。


スポンサードリンク

痛いくらいにお疲れの唇にお勧めのケア

それでも、痛いくらいに唇が割れてしまうような場合には、おうちでゆっくりとリラックスしながら、唇ケアをしてあげましょう。

そこでお勧めなのが『ハチミツ』を使った『唇パック』です。実はハチミツは、抜群の保湿効果が期待できて、その上、肌のうるおい効果があるって言われてる『ビタミンB群』が豊富にふくまれてるんですよね。なので、その『ハチミツ』を使う唇パックは、冬の荒れた唇のケアに最適なんですね。

それに、やり方も簡単にできちゃいうので、疲れて帰ってきたあと、ゆっくりとくつろぎながら『唇ケア』ができちゃいますよ。

ハチミツの唇パック
【用意するもの】
・はちみつ  小さじ1杯
・ワセリン  小さじ1杯
・ラップ   適量(唇を覆うことができるくらいのサイズ)
・蒸しタオル 触っても熱くないくらいの温度で

【やり方】
1.小さじ半分くらいの『ハチミツ』と、同量のワセリンを混ぜあわせちゃいます。このとき、ワセリンは冷えていると硬くて混ざりにくいので、ワセリンを少し暖めてから混ぜ合わせると、簡単にできますよ。

2.ラップを唇全体を覆うことができるくらいにカットします。

3.はちみつとワセリンを混ぜて作ったものを、唇にたっぷりと塗りましょう。このとき、甘くておいしいからって、せっかく塗ったハチミツを舐めてしまわないように注意です^^;

4.ハチミツとワセリンを塗った唇の上から、カットしたラップをかぶせて、パックします。

5.ラップの上から蒸しタオルをかぶせて、リラックス・タイムです。

6.5~10分経ったら、蒸しタオルとラップを外します。唇がべたつく時は、外した蒸しタオルで唇を軽く押さえて拭きましょう。

7.うるおい成分を吸収した唇にワセリンを塗って完了です☆

長時間やりすぎてしまうと、逆に唇の負担になっちゃいますので注意してくださいね。10分以上はしない方がいいですね。

私はこのパックのおかげで、朝起きてから、ちょっとした拍子に唇が割れてしまって、朝から血だらけ状態だったのが、そんな風になることが全くなくなりましたよ。

さいごに

リップと言っても、本当にたくさんの種類があって、選ぶのも大変ですよね。

面倒だからといって、適当に選んで使っていると、気がついたら、そのリップが唇荒れの原因になっちゃってる・・・なんてことにもなりかねません。それくらい『自分に合ったリップ探し』は重要なんですよね。

あなたにぴったりの『リップ探し』と、『リップでも改善しない唇荒れのケア』の参考にしていただければ、幸いです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク

コメントを残す