暑くなってくると、コバエが気になってきますよね。
しかし小さなお子さんがいる家庭だと、なかなか殺虫剤を使えなくて困っていませんか?

実はコバエ対策には、ミントが効果的です!
なぜミントが効果的なのかというと、スーッとした清涼感を生むメントールは、コバエが嫌う香りだからです。
それどころか、この「メントールの匂いを好むのは人間だけ?」と言われるくらい、メントールは強力な成分なのです。

そこで今回は

  • このミントを使ったミントスプレーの作り方
  • ミントスプレーがどのような虫に効くの?
などなど、ミントスプレーの持つ虫除け効果について、詳しくお話しさせていただきますね!

スポンサードリンク

コバエが気になったら!ミントスプレーの作り方をわかりやすく解説

では、ミントスプレーの作り方をご紹介ししていきます。

ミントスプレー作りで準備するもの

用意するものは、以下の通りです。

■ハッカ油
ハッカ油はハッカソウを乾燥させ、蒸留させてつくったオイルです。
ハッカソウはミントの一種で、歯磨き粉や胃腸薬に使われます。
薬局やドラッグストアに売られていますので、どのメーカーでもいいので1本買っておきましょう。

■無水エタノール
無水エタノールは水分を含まない、純度が高いアルコールを指します。
消毒効果が高く、揮発性も高いので安心して使えます。

■精製水
普通の水を蒸留や濾過などを行い、純度を高めた水です。
普通の水道水ではなく、精製水を使ってスプレーを作ります。

■スプレーボトル
中に無水エタノールを入れる為、スプレーボトルの素材に気をつけて選びましょう。
無水エタノールを入れていい素材は

  • ポリエチレンテレフタレート(PET)
  • ポリプロピレン(PP)
  • ポリエチレン(PE)
です。逆に
  • スチロール樹脂
  • ポリスチレン(PS)
と書かれているものは、使わないようにしてください。

また、ミントスプレーを作る前に、ボトルを無水エタノールで除菌する方にしましょう。
それぞれ材料が用意できたら、ミントスプレーを作ってみましょう。

ミントスプレーの作り方

ミントスプレーの作り方はとても簡単です。

  • ハッカ油20滴~50滴
  • エタノール20ml
  • 精製水90ml
これらをスプレーボトルに入れ、しっかり降って混ぜるだけです。
使ってみて効果があまり感じられない場合は、ハッカ油を足して濃度を調整してみてくださいね。

ミントスプレーはどう使う?

ミントスプレーは、コバエの発生源や侵入場所となる場所にスプレーするようにします。

  • 網戸
  • 三角コーナー
  • キッチンのゴミ箱
  • 排水溝
このような場所にスプレーすると、コバエがいつのまにかいなくなるでしょう。

このときの注意点としては、ミントスプレー自体には殺虫成分はありません。
飛んでいるコバエにスプレーし、コバエを駆除するという方法はできませんので、コバエの直接的な駆除は他の方法を試してくださいね!


スポンサードリンク

ミントスプレーはゴキブリにも効果あり?コバエ以外の便利な用途

ミントスプレーはコバエ以外にも、ゴキブリやアリと言った虫にも効果を発揮します。
  • ゴキブリ
  • コバエ
  • アリ
  • ダニ
このように、家の中にいると不愉快になるコバエ以外の虫にも、ミントスプレーは効果を発揮します。
更にスプレーだけではなく、ハッカ油を直接染み込ませたガーゼを用意すると効果的です。
ゴキブリが現れやすい場所にガーゼを置いておくと、ゴキブリがその場所に寄り付かなくなるのです。

ただ1つ注意して欲しいのが、ゴキブリは適応力が高いだという点です。
どういう事かもいうと、次第にハッカ油の香りに慣れて、ハッカ油に適応してしまうのです。

もしハッカ油が効かないと思ったら、ゴキブリ対策のみは他の方法を試すようにしましょう。

コバエにはミントスプレー!まとめ

ミントスプレーは、コバエやゴキブリだけではなく、様々な虫に効果を発揮します。
その上小さなお子さんがいる家庭でも安心して使えますので、虫に困っている方は是非試していただければと思います。

また、ドラッグストアで材料が揃うのも嬉しい点です。
市販の虫除けよりも効果はやや劣るかもしれませんが、安価で安全な虫除けを作れるのはいい事です。
コバエが気になる季節、ミントスプレーを使って安全に虫除けをしましょう!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください