古い財布の使い道!思い入れがあるからこその有効活用法!

この記事は約5分で読めます。

みなさんはどれくらいになったら、新しい財布を買いますか?

「とくに壊れてないしボロになったわけじゃないけど、なんとなく買い替えた」って人も多いのではないでしょうか。

あるいは人からプレゼントされたりとか・・・

そういう風に、手元に新しい財布がきてしまうと、やっぱり新しい方を使いたくなるものですよね。

恋人からのプレゼントだったりすると、よけいに使わないと悪い気がして、翌日から中身を入れ替えたりしてしまいます。笑

縁起を担ぐ人は、

  • 大安の日を選んで使い始めたり
  • 元旦から開封したり
など色々ありますが、古い財布の方も毎日持ち歩いていたので愛着があるし、即座にゴミ箱に入れるのは抵抗があります。

私もそんな感じで、いくつもの古い財布がしまってあったりします。

そんな古い財布ですが、ただしまっておいてももったいないので、有効活用できないか?について詳しく見ていきましょう!

スポンサードリンク

古い財布は再利用でまだ使えます!「私はこう使う」アイデアをご紹介

再利用とは違いますが、ブランド物の場合はオークションなどで売れるので、綺麗に掃除して出品してみるのもよいと思います。

捨てるのは抵抗があっても、別な誰かに使ってもらうことで、また「新しく命を吹き込むこと」ができますからね。

オークションが面倒であれば、ブランド品買い取りショップというのもあるので、一度HPなどを検索してみてくださいね。
高級ブランド品がきもちいいほど高く売れる【BRAND PEACE】

財布というのは

  • 長財布だったり
  • 折りたたみだったり
  • がまぐちだったり
と様々な形がありますが、私は折りたたみの財布は、冠婚葬祭の時にひっぱりだして使っています。

冠婚葬祭用のバッグって、小さい事が多いんです。

普段使いは長財布なんですが、それを入れるとパンパンで他の物が入らないと言う結果になり、小さい財布も役に立つときがあるなと思い、しまってあります。

古い財布をヘソクリ用にとして使う

あとは、「ヘソクリ用の財布」としても活用できます。

お金をヘソクリするのに、お札をそのへんにしまっておくのは抵抗がありますが、財布に入れて隠しておくほうが紛失しにくいですよね。

マンガなんかでありますけど、辞書なんかに万札を挟んで置いたら、「誰かに貸されちゃった」とか、「捨てられちゃった」なんて悲しい結末が・・・

自分でも「どの本に挟んだかしら?」ってあまり日がたつと忘れますし、財布に入れて引き出しなどに入れるほうが無難です。

さらには、日々貯まり続けるポイントカードの収納場所としても役に立ちます。

古い財布を病院の診察券入れとして使う

病院の診察券なども、通院が終わると使わないけど、また行く時にはそれを持って行かないといけないので、捨てるわけにもいきません。

あちこちの引き出しに入れておいて、結局見つからない!なんて時もあります。

それらをひとまとめにして、ポイントカード用財布、診察券用サイフとして保管しておくととても便利です。

旅行のときに古い財布を使う

めったにないことかもしれませんが、盗まれる可能性があるような場所に行く場合に使うという方法もあります。

海外などに行くと、日本人は財布というかバッグごとすられること多いですよね。

だからいらない財布に必要最低限のものだけ入れて、万が一なくなってもそこまで悔しくない程度にしておくといいかなと思います。

また病院で入院する時なども、一応カギ付き引き出しとかありますが、手術する時などは自分で持っていられないし、私も引き出しに財布を放置していました。

あれって、盗まれる可能性はゼロではない状況です。

中身はたいして入れてなかったですが、思い入れのある財布を丸ごと盗まれたらそれだけで悲しすぎます。

ですから、そんな状況の時も、いらない財布を持って行くとよいです。


スポンサードリンク

古い財布は寝かせると生き返る?!綺麗になる方法があった!

財布はお金を入れておくものなせいか、金運とか風水とかで3年以上使うと財布のパワーが落ちるなど言われています。

金運が落ちると言われると嫌なものですよね・・・

誰だってお金持ちになりたい!(たぶん)私は単純なので、そういうこと言われると買い替えてしまうタイプです。

でも、使い古した財布も、寝かせておくとまたパワーが戻ってくるとも言われています。

あくまで迷信的なものですが、

  • 簡単に買い替えられない
  • 思い入れがあってずっと使っていたい
と言う人もいるでしょうし、寝かせるだけでまた金運がアップするならやってみたいですね。

財布の汚れの大半は硬貨の汚れが財布に付着しているだけなので、布でなければ濡らしたティッシュなどでだいたい落ちます。

洗剤などを使ってしまうと変色するかもしれないので、やめましょう。

あとは無駄に貯まっているレシートやポイントカード、割引券は出してしまいましょう。

そうして札入れにお札と同じ大きさの厚紙をたくさん入れて、財布にお金がたくさん入っている気持ちを覚えさせます。

本物のお金が一番いいですが、いきなり何十万も入れておけないですからね。

さらには「いつもありがとう」と言って財布にお礼や感謝をして、しばらく寝かせておきます。

このしばらくですが、2週間くらいが目安です。

これは古い財布だけじゃなく、新しい財布にも言えることで、要は財布にお札がパンパンのイメージをつけさせるためのものなので、金運アップにつながります。

「信じるか信じないかはあなた次第!?」ですが。

「いつも外出する時に必ずそばにあるのは財布」という人は多いですから、大事に使ってくれている人には「恩返し」してくれるかもしれませんよ。

古い財布の使い道のまとめ

今回は「古い財布の使い道」について考えてみました。

財布は我が身の分身みたいで、大事にすればお金が手元にやってくる気がします。

だからこそ、簡単には捨てられないし、人によってはお祓いをして供養してからお焚き上げをしてもらうってことも実際にあるんだそうです。

ぜひ、タンスに眠っている財布も再利用してみてくださいね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク

コメント