年賀はがきの書き損じた!交換は購入したコンビニでもできるの?

この記事は約5分で読めます。

年賀状を書いていると、たまには書き損じてしまうこともありますよね。
マナーとして修正液などは使えないし、年賀状としてはもう使えません。

でもその年賀状は捨てずに交換すると、無駄にならなくていいんですよ。
昔と違って、年賀状をコンビニで買えるので、交換もコンビニでできるのではと思ってる方もいるかもしれません。
でもコンビニで売られている年賀状は、郵便局から委託されて置いてるだけなので、販売してかしていません。

年賀状ハガキの書き損じは1枚5円を払えば新品のハガキと交換してもらえるのですが、年賀状には交換してもらえないのです。
普通の官製はがきか切手のみなのですよね。
交換できる場所は郵便局のみで、年賀状から年賀状への交換は不可ということになります。

書き損じたので当然ハガキが足りないと言うことになりますが、しかたないので新しくまた年賀状を購入するしかないです。
コンビニは10枚単位でしか売ってないので、こんなにいらないと思うこともありますよね。
郵便局なら1枚ずつ買えるので欲しいだけ買えていいのですが。
私も疑問に思っていますが、コンビニに並んでいる袋入りの年賀状はバラ売りできないのだろうかと。
袋にバーコードがついている時点でお店の管理ではないのかもしれませんね。
バラ売りをしたほうがもっと売れるのではないかなぁと個人的には思いますが・・・

スポンサードリンク

年賀はがきの書き損じを交換したい!手数料っていくら取られる!?

年賀はがきを書き損じたら、郵便局に持って行けば1枚5円の手数料で

  • 普通はがき
  • 切手
  • レターパック

に交換できます。
年賀状から年賀状への交換はできませんので、「年内だから」と思ってもだめなんですね。

でも、年賀はがきを購入してしまった後に身内に不幸があって使えなくなった・・・という場合もあるわけですが。
そのときは、年内であれば手数料無料で普通はがきに交換してもらえます。
もし喪中はがきを送るつもりであれば、それ用のはがきに交換してもらえば無駄がないです。
しかし無料にするのは簡単ではなくて、誰が亡くなったかの証明をしないといけないのですけどね。

また、年賀はがきにはお年玉がついていますよね。
お年玉って発送してる年賀はがきのみ対象かと思ったら、書き損じたはがきでもよいのですよ。
ですから、どのみち年賀はがきには交換できないのですから、お年玉の当選番号発表を待ってから交換に行ってくださいね。
令和2年のお年玉発表は1月19日(日)です。
忘れずに確認しましょうね。
ちなみに賞品は1等が30万円です!
結構高額ですよね。前はもっと少なかったなと調べたら今年も30万円ですが、去年は10万円でした。ずいぶんグレードアップしましたね。

やはり年賀はがきが売れないからというのは大きいと思います。
2位はふるさと小包、3位は切手シート、このへんはかわらないですね。
もはや宝くじみたいです。

かなり前ははっきりいってしょぼいお年玉ばかりで、別にいらないと思ってました。
金額が上がっても、自分が年賀状もらえないと当たらないので微妙ですよね。
たくさん送って返事がこなかったらむなしいところもあるので。
「もらったら返す」と言う当たり前のマナーもない風潮ですし・・・

時代に乗って、はがきじゃなくてメールとかでもお年玉があったら便利でいいと思うのですが、簡単ではないのでしょうね。
「郵便配達の仕事がなくなるから?」ということになるのでしょうか。


スポンサードリンク

年賀状の書き損じの交換!去年のものが出てきたけど変えてもらえるの?

年賀状の書き損じってたまにやりますけど、そんなに大量に出すってこと少ないですよね。
1枚だけだからと引き出しに入れっぱなしにして、整理していたら出てきたなんてこともありますよね。

うちにも2~3枚書き損じてそのまま放置したのが毎年たまっていってます。
そこまで危機迫って官製はがきもいらないですから・・・
そんな去年のものでも、もっと前の年賀状でも、ちゃんと手数料5円を払えば交換してもらえます。
交換できるのは、切手・普通はがき・レターパックなどです。

ただ、ここ何年かではがきの値段が少しずつ値上がりしていますよね。
まとめて買うと気づきにくいですが、今は62円です。脳内では50円代のままでした。
いつの間にか60円代になっているとは・・・驚きですよね。

細かく書くと、2017年は普通はがきは52円から62円に上がったのですが、年賀はがきだけ据え置きで52円のままでした。
そして翌年2018年は年賀はがきも一律62円となったわけです。
そうすると52円で買った年賀はがきを62円の普通はがきに交換すると郵便局は10円損なわけで。

このへん気になったので調べたところ、やはり15円払って普通はがきに交換ということでした。
昔は余った年賀はがきで懸賞に応募したりしたのですが、知らずに古いはがきでやってしまったら差額不足で戻ってくるということですよね。
そんなはがきを利用して応募しても、なかなか当たらないかもしれませんが・・・

年賀状の書き損じの交換はコンビニでもできる?のまとめ

年賀はがきをコンビニで購入したとしても、コンビニは販売しかしていないので、書き損じの交換は郵便局に行きましょう。
1枚5円の手数料がかかりますが、書き損じた方のはがき1枚に対してですからね。

差額のあるはがきに関しては、差額分も請求されます。
年賀はがきから年賀はがきには交換できないので、お年玉の当選番号を確認してから交換しにいきましょう。
写真プリントしていたりして、1枚が高額だとしても変わらず62円分のはがきとしてしか交換はしてくれませんよ。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク

コメント