圧力鍋の火加減と火を止めるタイミング!使いこなす為のポイントは?

スポンサードリンク

皆さんは“圧力鍋”は持っていますか?
私は、つい最近まで持っていませんでした。
使ってみたいと思いながら、料理があまり得意ではない私にとっては「なんだか使い方が難しそう・・・」と思い、中々手がでませんでした。

そんな私にも、ひょんなことから圧力鍋を手にする日が。
親戚のおばちゃんから「まだほとんど使ってない圧力鍋があるんだけど、いる?」と。
おばちゃんいわく「使って見たら全然簡単よ^^全然怖くないし、すごく便利よー」という言葉につられて、思いもよらぬところから「圧力鍋デビュー」することになってしまいました。
でも実際に使ってみると、本当に便利!

でも使っていくうちに1つ気になることが。
それは「圧力鍋がシュルシュルいいはじめたのはいいけど、どのタイミングで火を止めればいいのか?」っていうこと。
これって同じように「もう止めてもいいのかな?」と迷っている人、多いんじゃないでしょうか?

そこで今回は、そんな難しそうなイメージのある圧力鍋の火加減や火を止めるタイミングなどポイントをおさえて、圧力鍋を使いこなす方法をお伝えしていきたいと思います!

スポンサードリンク

圧力鍋の加圧と火加減のポイント!これを守れば失敗知らずになれる!

圧力鍋を使いこなすためのポイントは、


  • 加圧
  • 火加減
  • フタをあけるタイミング

この3つです。

圧力鍋をつかうことによるメリット

まずは、圧力鍋のメリットを確認しておきましょう。

まずは調理時間の短縮です。
圧力鍋は密閉することで蒸気を逃がさないため、高温高圧での調理が可能です。
時間がかかるといえば煮込み料理などですが、一定の圧力と高い温度で組織のみを破壊するので、具材を短時間で柔らかくすることができるのです。

続いて、光熱費の節約というメリットがあげられます。
調理を時短でおこなうことが出来ますので、その分光熱費をおさえることができますね。

最後に、食材の栄養素を壊さないというメリットがあります。
例えば、カルシウムやコラーゲンなどの人体に吸収されにくい栄養素をより吸収されやすい形にかえてくれる効果があります。
食材の栄養素は残し、組織のみを破壊するので、普通の調理法よりも愛要素の損失が少ないと言えますね!

加圧と火加減のポイント

圧力鍋のメリットがわかったところで、それぞれのポイントを見てみましょう。

まずは一つ目のポイント【加圧】についてです。
この加圧については、二つ目のポイントである【火加減】がとっても大切です。
簡単にいうと、“火加減は加圧するまでは強火、圧力がかかったら弱火”これがポイントとなります。
それをポイントに、圧力鍋の加圧の手順をみてみましょう。

スポンサードリンク

①鍋の中に材料を入れて、蓋を正しくセットします。

②鍋を火にかけます。(このときは、火が鍋底からはみ出ない程度の強火にします)

③圧力がかかっていることを確認できたら、火を弱火にします。この時大切なのが、それぞれの鍋の圧力のかかり方を確認しながら火を弱めるという事です。弱火ということであまりに小さな火にしすぎると、その後圧力がかからなくなってしまう場合があります。

④火を止めたら、圧力が下がるのを待って完成です。

蒸し料理の場合は、加圧したあとは弱火ではなく中火で調理しましょう。

圧力鍋を開けるタイミングのポイントは?幸せの瞬間を味わうためのコツ

圧力鍋をつかった調理と普通のお鍋の大きく異なる点として、蓋をあけるタイミングがあります。
この蓋をあけるタイミングは、圧力鍋調理の大変なポイントです。
大切なのが、“しっかりと減圧(圧力が下がっている)されていることを確認してから蓋をあける”ということです。

日本での圧力鍋は、消費生活用製品安全法の特定製品に指定されており、国が決めた技術基準をメーカーが保障することが決められています。
この基準を満たしている圧力鍋は、基本的には、減圧されていないと蓋があかないように安全装置がついています。

この減圧を行わずに急に蓋をあけてしまうと、急な減圧により中身が沸騰してしまい、爆発的な水蒸気が発生し、噴出してしまいます。
ものすごい高温の水蒸気が噴出することになりますので、かなり危険な行為です。
火を止めたあと、自然に圧がさがるまで冷却し、内部の圧力が下がり粗熱が取れてから、蓋を開けるようにしましょう。

早く蓋を開けたい時は?

減圧されてから蓋をあける事が鉄則の圧力鍋ですが、時間がない時や、あまり味をしみ込ませたくない料理の場合は、早く蓋をあけたいですよね。
そんな時には、“急冷”をして蓋を開けます。
急冷には主に3つの方法があります。

一つ目は、おもりを調節して圧力を抜く方法です。
この方法は、おもり式の圧力鍋のみにつかえる方法です。
蒸気口についているおもりを一段あげて、少しづつ内部の圧力をさげる方法です。
蒸気口から勢いよく蒸気がでますので、やけどに注意してください。

二つ目は、圧力鍋の上から水をかける方法です。
圧力鍋の温度を下げて圧力を下げるという方法になります。
おもりを上げる方法よりも安全性は高いですが、圧力鍋の種類によっては禁止事項である場合もありますので、説明書の確認をしましょう。

三つめは、圧力鍋そのものを水につける方法です。
鍋に水をかける方法と原理は同じで、圧力鍋の温度を水によって下げることで減圧します。
この方法も、鍋の説明書をしっかり確認したうえでおこなってくださいね。

圧力鍋で人停めるタイミングは?のまとめ

いかがでしたでしょうか?

難しいイメージのある圧力鍋ですが、手順とポイントをおさえれば意外と簡単に使えるということがわかりました(^^)
なにより、高い圧力で一気に調理をするので、美味しい料理が作れるという最大のメリットがあります!
あなたもこれを機会に、圧力鍋を使いこなしてみませんか?

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク

コメント