結婚式に夫婦で参加する場合!ご祝儀は3万円じゃ少なすぎ!?

この記事は約5分で読めます。

結婚式に招待された際に持参するご祝儀。
皆さんは、夫婦や家族で結婚式に出席したことはありますか?
一人で招待された場合は特に考えずに包めば良いのですが、意外と悩むのが夫婦や家族など複数で参加する場合です。

一般的には、親戚の結婚式や、夫婦そろっての交流がある友達などからの招待の場合、家族や夫婦そろっての招待となることが多いですよね!
中々夫婦そろっての招待は機会がない為、いざという時に焦ってしまう方も多いと思います。

そこで今回は、夫婦そろって結婚式に出席する場合のご祝儀について、詳しく見ていきましょう!

スポンサードリンク

結婚式のご祝儀袋!三万円入れたときの書き方のポイントは?

結婚式の招待状が届いた時に、


  • 御令室様
  • 御奥様
  • 奥様
  • 令夫人

と書かれている場合は、「ご夫婦でご招待します」という意味の招待状になります。

夫婦で結婚式に出席する場合のご祝儀の相場はいくら?

単純に考えると、「一人で出席する時の金額が3万円の場合、夫婦二人で×2の6万円かな?」と思いがちです。
でもこの金額は割り切れる数字になってしまうので、結婚式のご祝儀の金額としてはマナー違反となってしまうんですよね。

ご祝儀の額にかかわらず、割り切れる金額はタブーとされています。
4と6の数字はさけましょう。
ただし、末広がりでおめでたい数字とされている8は問題ありませんので、そのまま使用してOKです。
だからと言って、「夫婦での参加なのに、一人分と同じ3万円では少なすぎるよね」とも思います(><)
なので、このとき二人分6万円は、「割り切れない数字を」というマナーを守って5万円とするのが正解です。

あとは、お友達の結婚式の場合はこれで問題ありませんが、年齢や参加する立場によって金額は変わってくるのです。
年齢が高くなるほどご祝儀の額は多くなり、新郎新婦との関係が近いほど金額が高くなります。
ただし、会社の上司などの結婚式の場合は、年齢に関係なく5万円で問題ありません。

夫婦で結婚式に出席した時のご祝儀袋の書き方は?

夫婦で結婚式に出席した場合、ご祝儀は連名で渡す方が多いと思います。
お子さんが一緒に出席する場合も、連名で問題ありません。

夫婦連名でご祝儀袋を渡す場合は、ご祝儀袋の右側に夫の名前を記入し、左側に妻の名前を記入しましょう。
水引きの結び目の位置に注意して、結び目の中央下や、もしくは右寄りに夫フルネームを書きます。
その左に妻の名前のみを書くと良いでしょう。

だたし、最近では夫婦別姓の夫婦も増えてきています。
そんな場合は、


  • 右側に夫
  • 左側に妻

それぞれのフルネームをバランス良く書いてあれば大丈夫です。

他にご祝儀袋を書くときに気を付けたいポイントが2つあります。

1つは“毛筆で書く”ということです。
ご祝儀袋の表書きにボールペンや万年筆をつかうのはマナー違反です(><)
必ず濃い色の墨で毛筆や筆ペンを使って書いてくださいね。

2つ目は中袋の書き方です。
中袋にはご祝儀袋の金額を記入しますが、この時の金額の数字は旧字表記にしましょう。
また、中に入れるお札は新札を用意し、肖像が印刷されている表側が上になるように揃えていれるのがマナーです。


スポンサードリンク

結婚式のご祝儀!夫婦で出席するなら別々で用意したほうがいいのはどんなとき?

基本的には、夫婦で一緒に招待された場合は、ご祝儀は二人分まとめてつつむというのが一般的とされています。
ただし、ひとりずつ別々で招待状が届いた場合は、夫婦でも別々にご祝儀を包んでも良いでしょう。

夫は新郎と、妻は新婦とお友達の場合などは別々で招待状を送るケースもあるかもしれません。
このような場合は、お互い個人でのご祝儀となりますので、3万円や5万円のご祝儀を用意しましょう。

夫婦で結婚式に出席する場合のオススメの服装

最後に、夫婦で結婚式に出席する場合の服装をご紹介します。
夫婦で参加の場合、パートナーと格をそろえる事が大切となります。

男性はダークカラーのスーツがマナーですので、女性は明るい色のドレスを着用するのがオススメです。
男性のネクタイを女性のドレスと同じ色にするなど、どこかリンクしたコーディネートをするのも素敵ですよね(#^^#)

「カラーリンクのコーディネート」は仲良し夫婦の特権です(^^)
一人での出席と違い、夫婦での出席の場合は女性側の品も大切となります。
露出は控えめに、品や清楚といったワードを大切にして、ご主人を上手にたてるようにふるまえば完璧ですね!(^^)!
「できる妻」といわれること間違いなしです(^^)

結婚式に夫婦で参加する場合のご祝儀まとめ

いかがでしたでしょうか??

ご祝儀や服装にも結婚式は色々ルールが決まっています。
事前にしっかり確認をして、マナー違反のないように気を付けたいですよね。

中々夫婦そろって結婚式に出席する機会は少ないと思いますが、せっかくの機会ですので、
ご夫婦でおしゃれをして思いっきり楽しんでみてはいかがでしょうか?
いつもよりもご主人や奥様が素敵に見えて惚れ直してしまうかもしれませんね(#^^#)

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク

コメント