財布と小銭入れを分けると風水的に良いって本当なの!?

この記事は約5分で読めます。

風水においては、財布(札入れ)と小銭入れは分けた方が良いと言われています。

お札は紙(=木)からできているので「木」のエネルギーがあり、小銭は金属でてきているので「金」のエネルギーがあります。

「金」のパワーは「木」のエネルギーで弱まってしまいます(木を切りたおすのに斧を使うため)。

そのため、お札と小銭は別々に入れると良いんだそうです。

さらに、お金(お札)は窮屈なところを嫌うと考えられているため、一つの財布の中で小銭がパンパンに詰め込まれている状態は良くありません。

お金(お札)の居心地の良い環境を作るという意味でも、お札と小銭は分けて持った方が良いのです。

とは言うものの、

「財布と小銭入れを分けて持つだけで金運が上がる」

というわけではなく

「お金に対する意識が変わって金運が上がる」

という方が正しいのかもしれません。

財布と小銭入れを分けることにより、財布の中身の管理を以前よりもするようになると思います。

整理整頓したい気持ちが生まれると、財布(お金)に対する意識が向上して自然とお金の使い方を吟味できるようになりますよ。

スポンサードリンク

財布を複数持ちすると金運が上がる!?使い分けのポイントは?

財布を複数持つことで、金運を上げるという方法もあります。

調べてみると、複数に分ける方法はいろいろあるようです。

ただ、キャッシュレスが推進されている今の時代にはそぐわないものもあるので、あなたの良いようにお考えいただければと思います。

使い分けのポイントとしては、以下のようなものがあります。

財布を複数持ちでの使い分けのポイント①用途別に分ける

「家計用」「外食用」「交通費用」などと、用途別に財布を分けます。

そして、それぞれに必要なカード類もそこにセットしておきます。

今月は外食を1万円まで!などと決めておくと、お金が減っていくのが目で見てわかるので、使いすぎを防げます。

財布を複数持ちでの使い分けのポイント②「金庫財布」を作る

「札入れ」「小銭入れ」の他に「金庫財布」というものを作っておられる方もいます。

金庫財布とは、普段持ち歩いている財布ではなく、家に置いてある金庫の役目をする財布です。

この財布には、お金の運気を高めたり、厄払いを行ったり、お金を清めるという目的があります。

銀行からおろしたお金は、いろいろな人のところを経ているので厄がついています。

それを金庫財布に一旦入れて清め、その後に普段使いの財布に入れます。

金庫財布の中には、

  • 清める効果のある「粗塩」を小さな袋に詰めて入れておいたり
  • 金運アップ効果のある「黄色のカード」を入れておいたり
すると良いそうです。

お金は、浄化作用のある「ラベンダー色の紙」で包むとなお良いです。

金庫財布は、お札を伸ばしたまま入れられるように「長財布」が良いとされています。

財布を複数持ちでの使い分けのポイント③複数の財布を定期的に入れ替える

一つの財布だけを長く使うのではなく、複数の財布を定期的に入れ替えて使う方法です。

財布の寿命は3年ほどと言われているのですが、ずっと使っているとそれだけ財布はくたびれてきます。

たまにお休みさせることも必要なので、複数の財布をうまく交換していき、ご自身の気分もリフレッシュされると良い効果が得られるかもしれませんね。


スポンサードリンク

風水的な小銭入れの選び方!金運アップ3つのポイントとは?

風水的に良い、金運アップが望める小銭入れの選び方のポイントを3つご紹介します。

風水的な小銭入れ選びのポイント①札入れと小銭入れのデザイン(色)を同じものにする

札入れと小銭入れのデザインが同じであれば、一緒になって金運を上げることができるようです。

同じデザインが難しければ、色だけでも同じものにすると良いでしょう。

おそろいであれば、かばんの中も統一感があってすっきり見えますよね。

風水的な小銭入れ選びのポイント②がま口

がま口の財布は大きく口が開くので、たくさんお金に入ってもらえます。

がま口財布は取り出しやすいですし、ちょっとレトロでかわいいですね。

風水的な小銭入れ選びのポイント③丸いかたち

風水においては、「丸いもの」が開運につながるものとされています。

ころんと丸いかたちの小銭入れがあれば良いですね。

こういったものとは逆に「札入れと小銭入れは違うデザインの方が良い」という情報もあります。

なので「これが正解だから!」ということにこだわって「あまり気に入らない財布」を使うよりも、最終的には

  • 自分自身が持っていてテンションが上がるもの
  • 気に入って使えるもの
が良いと思います。

前述もしましたが、大事なことは「財布の中を整理整頓して意識を向上させること」なんです。

財布と小銭入れを分けると風水的に良いって本当なの!?のまとめ

財布と小銭入れを分けると風水的に良いのか?ということについて見てきましたが、いかがだったでしょうか?

最後にポイントをおさらいしておきますね!

  • お札の「木」のエネルギーと小銭の「金」のエネルギーは相性が悪いため、財布(札入れ)と小銭入れを分けることは、風水的に良いと言われています。
  • 財布を用途別に分けたり、金庫財布を作ったり、複数の財布を定期的に入れ替えるなどで複数使い分けると、金運が上がると言われています。
  • 札入れと小銭入れは同じデザイン(色)の物を選びましょう(諸説あり)。
  • 小銭入れはがま口タイプの物が良いそうです。
  • 丸いかたちの小銭入れが開運につながります。
いろいろ試してみて、「自分に一番しっくりとくる方法やアイテム」が見つかると、それが一番の「金運アップへの近道」なのかもしれませんね!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク

コメント