お疲れ様でしたへの返信メールで上司には何と書けばいいの?

この記事は約5分で読めます。

ビジネスのシーンで良くつかわれる「お疲れさまでした」という言葉。

皆さんも一度は、目にしたり耳にしたことがあると思います。

例えば、上司から「お疲れさま」と言われたとき。

何て返せばいいかわからないとき、直接だと「軽く頭を下げたり」なんて対応も可能です。

が、メールで「お疲れ様です」と書かれていたとき、何かしらの言葉で返す必要がありますもんね!

普段から何気なく使っている言葉ですが、正しい使い方やマナーはご存じでしょうか?

使い方によっては、目上の方や上司の方に失礼にあたってしまうこともありますからね。。

そこで今回は、この上司からの「お疲れさまでした」というメールへの返信について、詳しく見ていきたいと思います。

スポンサードリンク

お疲れさまでしたへの返信!上司には何と書く?

「お疲れさまでした~」と上司の方からメールが来た場合、失礼にならずに返信するには、どうしたら良いのでしょうか?

「このままお疲れ様ですと返信しても大丈夫かな?」と不安になるかもしれません。

この場合、社内の上司の方への返信であれば「お疲れさまでした」を使っても問題ありません。

実際に、敬語やビジネスマナーなどを学ぶ秘書検定でも、使って良いとされている言葉です。

そのまま「お疲れ様です」と使用するのも問題ありませんが、

「お疲れ様でございました」
「お疲れさまでした」

になると、さらに丁寧になりますので、迷ったら使ってみてください。

お疲れ様でしたへのライン返信!上司へはどう送ればいい?

最近では、社内の連絡ツールとしてSNSを使用する所が多くなっています。

特に使われているのがLINEですよね。

では、上司からの「お疲れさまでした」というラインに対して、そのまま返信するのは問題ないのでしょうか?

ラインは、ビジネス文章とは少し違う使い方をしますよね。

どちらかというと「フランクでテンポの良い会話のような使い方」をすると思います。

なので、上司の方からきたラインに対して、「お疲れ様です」と返信をするのは問題ないと思われます。

ただし、内容や使い方・送信する時間帯などには気を遣ったほうが良いでしょう。

上司の方とのラインで、特に気を付けたいポイントが3点あります。

上司とのLINEでのポイント① 既読スルーに気を付ける

ラインとメールの大きな違いである“既読”の機能。相手が文章を目にしたかどうかがすぐにわかる便利な機能です。

しかし、この機能によって文章を見たにも関わらず返信をしないということも相手にわかってしまいます。

お相手が上司の方であれば、長時間既読なのに未返信のままでは失礼にあたってしまいます。

お相手からしても、確認したのにアクションがないとモヤモヤしてしまいますよね。

もししっかりとした返信が遅れてしまうのであれば、「後程再度返信させていただきます」とラインしておけば、相手の方も安心してくれますよ。

上司とのLINEでのポイント② 敬語に気を付ける

いくらフランクなラインとはいえ、上司の方に対してため口で連絡をするのはとっても失礼です。

なので、最低でも丁寧語を使うようにしてください。

また、スタンプなどを多用するのもビジネスの間柄ではあまりよくありませんので、スタンプの連打や、スタンプのみの返信はやめておきましょう。

上司とのLINEでのポイント③ 連絡する時間帯に気を付ける

深夜にピコピコ通知音が鳴って、しかもそれが会社関係のラインだとうんざりしてしまいませんか?

それは上司も部下も同じです。最低限のマナーとして、深夜や早朝などの連絡は避けましょう。

どうしても緊急で連格しなくてはいけない場合は、ラインよりも直接電話をかけた方が良いでしょう。

ラインを上司の方と使用する場合は、特にこの3点には気を付けて連絡をしてくださいね。


スポンサードリンク

お疲れ様でしたの言葉の意味は?目上の人に使うときの注意点!

お疲れ様でしたの言葉の意味は?目上の人に使うときの注意点!

そもそも「お疲れ様でした」という言葉にはどんな意味がこめられているのでしょうか?

一般的には、仕事の労や疲れをねぎらう際に使われます。

言葉そのままの意味ですね。

最近では、ビジネスシーンの中であいさつの表現の一つとしても使われています。

特に労をねぎらっているわけではなく、

「おはようございます」
「こんにちは」

などの変わりの挨拶として使っている方も多いですよね。

この「お疲れさまでした」という言葉は、上記でも書いた通り、社内の上司の方など目上の方に使用しても問題はありません。

ただし、社外の目上の方につかうのは失礼にあたる場合があります。

「お疲れさまでした」は労いの意味がある言葉になりますので、社外の人に対しては失礼ととられてしまいます。

同年代だったり仲が良い方の場合であれば気にされない方も多いです。

しかし、やはりマナー違反になる場合もありますので、「ありがとうございます」などと言い換えて使用しましょう。

同じような言葉でもう一つ気を付けたいのが、「ご苦労様です」という言葉です。

これも日常でも良く使われている言葉ですが、これは目下の人が目上の人に使うと失礼にあたります。

社内でも社外でも関係ありません。

「ご苦労様です」に関しては、目上の人には使わないように注意しましょう。

上司からのお疲れ様でしたへの返信メールのまとめ

お疲れ様でしたへの上司への返信メールについて見てきましたが、いかがだったでしょうか?

普段なにげなく使っている言葉も、1つ1つに意味や使い方があります。

しっかりと使い分けをして、ビジネスに役立ててくださいね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク

コメント