有休使い切ったあとに欠勤でクビ!?何に注意すれば大丈夫?

この記事は約5分で読めます。

皆さんのお仕事では、有給休暇はきちんと取得できていますか?

会社によっては有給休暇がとれないのは暗黙の了解となっていて、ほとんど休めていないという方もおおいと思います。

しかし、お子さんの体調不良や急な用事などで、有給休暇をとらなくてはいけなくなる時もありますよね。

そこで気になるのが、有給休暇を沢山取得した場合に、仕事や評価に影響があるのではないかということです。

実際、有給休暇をいっぱいまで使い切るとクビになったり、低い評価をされてしまうことはあるのでしょうか?

そこで今回はそんな有給休暇について詳しく見ていきましょう。

スポンサードリンク

有給休暇を使い切ったらクビになるの?!

労働者の権利として用意されている有給休暇ですが、使い切るとクビになってしまうと心配な方もいるかもしれません。

はっきりいって、それはありえないお話です。

もしも「有給休暇を使い切ったからクビにする」という理由で解雇されたのであれば、それは不当解雇となります。

もちろん、それだけが理由ではなく、普段からの勤務態度や仕事の状況により解雇や異動になってしまうことはあると思います。

しかし、有給休暇の取得を理由として解雇することはできませんので、安心して有給休暇を消化しましょう。

そもそも有給休暇ってなに?

有給休暇が取得できるとなっていても、そもそもどんなお休みなのかを理解していない方も多いと思います。

有給休暇は“年次有給休暇”といい、一定期間勤続した労働者に対して、心身の疲労を回復しゆとりある生活を保障するために付与される休暇の事です。

文字通り『有給』つまりお給料が発生する休暇の事をいいます。

正社員として働いている人だけでなく、非正規雇用やパートタイムの労働者でも規定を満たすと取得することができます。

この有給休暇は、“労働者が請求する時季に与えなければならない”と労働基準で定められています。

会社が繁忙期などで労働者に請求された時期に有給を与えられない場合。

他の時期にずらすことはできますが、有休そのものを与えないとすることはできないのです。

つまり、上記にも書いた通り、有休の取得を理由に労働者を解雇するということは、労働基準に反しますので、できないということになりますよね。


スポンサードリンク

有休以上に休むこと欠勤扱い?給料が下がる意外の影響は?

有給休暇を使って休暇をとるとお給料が発生しますが、有休がない時にお休みをすると欠勤となります。

アルバイトやパートの方で時給でお仕事をしている場合は、働いた分だけお給料が発生するのでとてもわかりやすいですね。

有給以上の欠勤の分は、単純に時給が発生しないということになります。

では、月給で働いている場合はどうなるのでしょうか?

月給や年俸制でお仕事をしている場合は、有給以上にお休みをすると『欠勤控除』として賃金から差し引かれることになります。

例えば月給制でお仕事をしている方の場合、月給を本来働くべき日数で割り、1日当たりの賃金を計算します。

その1日あたりの賃金に休んだ日数をかけたものが、欠勤控除される金額となるわけです。

遅刻や早退においても同じ考えが適応されますが、会社によって時間や控除の額が異なります。

就業規則などに細かく記載がありますので、一度確認することをオススメします。

給料がさがる以外での影響はあるの?

欠勤の扱いについては、それぞれの会社によって取り扱いが異なります。

中には、欠勤控除をしない企業もありますよね。

そのような会社の場合には、

  • 欠勤
  • 遅刻
  • 早退
でもお給料自体はかわりませんが、賞与の査定や、社内での評価に関わるところが多いようです。

理由がある場合の欠勤は問題ありませんが、自己都合による遅刻や早退が頻繁にならないように、気をつけましょう。

有休がないときに体調不良になったらどうすればいい?

有給休暇をすべて使い切ったあとに体調不良になってしまった場合、みなさんはどうしていますか?

この対応については、会社によって差があるようです。

一般的には「欠勤控除」として、お給料からさしひかれるというものが多いです。

でも会社によっては、月給は固定で賞与から差し引かれるという所もあるようです。

また、インフルエンザなどの他の人に感染させてしまうような病気の場合は、特別休暇のようなあつかいでお休みをとれるところもあるようです。

体調不良での欠勤についてはそれぞれの会社の規定が一番重要となりますので、事前に調べておきましょう。

これとは別に、万が一ケガや病気で長期に欠勤をすることになってしまった場合、有休とは別に傷病手当の給付をうけられることがあります。

傷病手当は会社からもらえるお給料ではなく、健康保険から出る給付となります。

長期で体調不良の欠勤の場合は、この傷病手当についても調べてみることをオススメします。

有休を使い切るとクビになる?のまとめ

有休を使い切るとクビになるのか?ということについて見てきましたが、いかがだったでしょうか?

有給休暇は労働者の権利として保障されている休暇です。

でも、突然休まれたり、あまりに欠勤が頻繁になってしまうと、雇っている会社としてもとっても困ってしまいますよね。

労働者の方もモラルをもって、この有給休暇を取得するようにすることが大切ですね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク

コメント