一人暮らしの家事をする時間の作り方!どれくらいの時間が必要?

この記事は約6分で読めます。
スポンサードリンク

一人暮らしをしていると。

「仕事や学業などで大忙し、家事をする時間がなかなか取れない…。」
「家事のせいで睡眠時間が減っててきつい…」

とお悩みの方も多いのではないでしょうか?

一人暮らしは経験しておいた方がいい、なんてよく聞きますが。

たしかに、家事の大変さが身にしみますよね。

特に、仕事などやりたいことが充実していればしているほど、忙しさは増して、家事をする時間を取るのは難しくなってしまいます。

そこで、今回の記事では、何かと忙しい一人暮らしの人に向けて、効率的な家事時間の作り方をお伝えしていきたいと思います!

スポンサードリンク

一人暮らしの家事をする時間の作り方!まずは家での時間の過ごし方の見直してみよう

家事の時間を生み出すためには、まずは普段、自分の家での時間をどのように過ごしているのか、振り返ってみることから始めましょう。

ここで大切なのは、過ごし方に良し悪しを付けないこと。

家は、一人になって落ち着ける大事な空間です。

家での過ごし方まで厳しく決めるのは正直つらいと思います。

時間を気にせず、のんびりだらだらする時間もとっても大切です。

家で過ごす時間に「無駄」なんてありません!

ただ、自分が普段なんとなく、どんな風に時間を使っているのか知ることは大きな一歩になると思います。

「良い/悪い」ではなくて、自分のおうち時間の過ごし方を「知る」という目的で、普段の生活を振り返ってみてくださいね。

一人暮らしの家事!おすすめの普段の生活の振り返り方

「時間」「行動」を紙に書き出してみる!

頭の中で思い出すだけでは、全体像を把握しづらいものです。

紙に書き出したり、デジタル派の人はスマホのメモに打ち出してみたり、目で見える形で振り返ってみましょう。

書き方は、文字にこだわらなくてもOK。

円グラフにしてみたり、イラストにしてみたり、自分の書きやすい方法で始めてみてくださいね。

普段の過ごし方を振り返ってみると、おのずと発見があると思います。

  • 「思っていたよりお風呂に時間かかってるな」
  • 「案外、テレビ見てる時間少なかったな」
などなど。

その中で、もし「この時間の使い方嫌だな、変えたいな」というものがあったら、そこは家事時間を生み出せるポイントです!

でも、無理にその時間を見つけ出そうとする必要はありません。

「今のままは嫌だ」とネガティブな感情を強く感じる場合だけ、家事の時間にあててみましょう。

だらだらしたい気持ちを無理に抑えて、がんばることはないんです!


スポンサードリンク

一人暮らしで家事をする時間を生み出せないなら縮めよう!楽する家事のススメ

ここまで読んでくれた方は、

「無理に家事の時間を作らなくていいって言っても、家事はしなきゃいけないじゃん!」

と思っているかもしれませんね。

でも、外で忙しく頑張っているあなたにこそ、家では少しでもリラックスして過ごしてほしいなあと思うんです!

一人暮らしで楽する家事のススメ①家事にかかる時間を減らそう!

そこで、無理なく家事の時間を確保する方法を考えました。

「家事するための時間を生み出すのではなく、家事にかかる時間を減らそう!」

発想の転換は、プライベートでも大切です!

家事は、私たちが健康的に生活するために行うもの。

家事の時間を取るために睡眠時間が不足気味になってしまったり、大きなストレスを感じてしまったりするのは、本末転倒もいいところです。

だから、

  • 美味しいご飯を食べて癒されて、バランス良く栄養を摂って身体を回復させるために料理を。
  • 家での時間を気持ちよく、快適に過ごすために掃除を。
  • 清潔な服を着て、気持ちを入れ替えながら生活するために洗濯をする。
根本のところに立ち返ってみると、家事って負担になるものではないはずなんです。

自分を支えてくれる、自らやりたいと思うような生活の基本なんですよね。

一人暮らしで楽する家事のススメ①頼れるところは頼ってもよし

きっと、この記事を読んでくれている人は、全て自分で家事をやろうとしているのではないでしょうか?

「一人暮らしなんだから当たり前じゃん」と思うかもしれません。

いえ、違います!

野菜を作っている農家さんがいて、それを運ぶ運送業者さんがいて、それを仕入れて販売するスーパーの従業員さんがいて。

そうして初めて野菜を購入することができるように、私たちはみんな、誰かに支えられて生きています。

人は一人では生きていけないと、私は思っています。

だから、もし時間が足りなくて、家事にまで手を回す余裕がなくて負担に思うほどならば、頼れるものをとことん頼ってみませんか?

例えば、料理。

自炊もいいけれど、疲れた夜にはお惣菜を買ってもいいだろうし、居酒屋でテイクアウトをしてもいい。

レストランで外食してから帰ってもいいし、友達に手料理を振舞ってもらうのも楽しい。

食器洗いが苦痛なら、食洗機を買ってみるのも手。

掃除する時間が取れなかったら、試しにハウスキーパーを頼んでみるのも、面白い体験かもしれない。

片づけ・整理整頓が苦手なら、友達に頼ってみて、その後お酒を奢ってみては?

洗濯も間に合わないほど忙しいのなら、新しい服を買ってしまおう。

その服が新しいお気に入りの一枚になるかもしれない。

一人暮らしで楽する家事のススメ③大切なのは自分が健やかに過ごせること

全てを自分ひとりで、完璧にこなそうとしなくていいんです。

ちょっとだけでも、無理にがんばろうだなんて、しなくていいんです。

「頼れるもの」・「人」・「サービス」にはどんどん頼っていきましょう!

大切なのは、自分が健やかに過ごせる形を選ぶことですよ。

一人暮らしの家事をする時間の作り方!のまとめ

では最後に、一人暮らしでの家事の時間について、お伝えしてきたことをまとめておきますね。

  • 自分のおうち時間を見直してみて、変えたい部分があれば家事に当ててみる
  • 今の過ごし方に不満がなければ、家事にかかる時間の方を減らす工夫をしてみる
  • 家事は、自分が健康的に生活するためにあるもの!
一人で過ごしていると、ついつい「こうしなきゃ」と思ってしまいますよね。

「家事すらできないなんて…」と自分を責めてしまったり、苦しくなってしまうこともあるかもしれません。

でも、「家事は自分が健康的に生活するためにあるもの」という基本を忘れずに、頼れるものを上手く頼って生活してみてくださいね。

スポンサードリンク

コメント