洗濯機が壊れたがお金がない!修理と買い換えの見極めのポイントは?

この記事は約5分で読めます。

「洗濯機が壊れた!」

もう絶望してしまいますよね…。

洗濯物は日々増えていくのに、洗濯機を買うにしても修理をするにしても、お金がかかってしまいます。

まず、洗濯機が動いてくれない原因が分からないことにはどうしようもありません!

修理業者さんを呼んで、修理ができるかどうかを見てもらいましょう。

相談・見積だけなら無料で行ってくれるところもありますよ!

軽い不具合なら、その場で直してもらえる場合もあるし、「洗濯機の故障かと思いきや水道側の不具合だった!」なんてパターンもあるんです。

せっかくお金をかけて新しい洗濯機を買っても、水道に原因があったら意味がないですよね…。

とにかく、一度業者さんに見てもらうようにしましょうね!

スポンサードリンク

洗濯機が壊れた!手洗いをする時のおすすめの手洗い方法を紹介!

洗濯機が使えない状態が続くと、もちろん洗濯物がたまってしまいます。

コインランドリーに持っていくのも手ですが、どうしても高くついてしまいますよね。

もし手洗いをしようと思ったらどうすれば良いのでしょうか?

手洗いのやり方をご紹介していきます!ひと昔前に戻ったような気持ちで挑戦してみてください!

洗濯物の手洗いに必要なものには何がある?

まず、洗濯物を手洗いをするのに必要なものを見ていきましょう。

手洗いに必要なもの①洗濯桶

洗濯物の量が多かったり、大きいものを洗いたい場合は、洗面台や浴槽で代用することもできますよ。

手洗いに必要なもの②洗濯用の洗剤

「洗濯機専用」と書かれているものでなければ、普段使っているもので大丈夫です!

液体洗剤でも、粉末のものでも、おしゃれ着専用のものでも可。

手洗いでしか使わない物には、石鹸タイプの固形洗剤があります。

他に、自分の手荒れを防ぐ「ゴム手袋」や、頑固な汚れを落とす「ブラシ」・「洗濯板」などがあると快適です!

洗濯物の手洗いの方法

次に、手洗いの方法を見ていきましょう。

まず、洗濯桶の中に水(またはお湯)と、水の量に合わせた洗剤を入れます。

そこに洗濯したい物を入れるわけですが、その洗い方にはいくつか種類があります。

手洗いの方法~服を丸洗いしたい時①押し洗い

洗濯物を上から押したり、持ち上げたりを20~30回ほど繰り返す洗い方です。

水を入れ替えすすぎをする、これをて、2~3回繰り返します。

すすぐ時も、洗う時と同じように洗濯物を上から押すようにしてすすぎましょう。

★おすすめの衣服…かさばるもの(パンツやセーターなど)

手洗いの方法~服を丸洗いしたい時②ふり洗い

シャツなど、シワをつけたくないものはふり洗いをします。

肩や襟の部分を両手で持って、水の中で振るようなイメージで洗います。

すすぐ時も同様です(2~3回すすぐ)

★おすすめの衣類…シワになりやすいもの(シャツやブラウスなど)

手洗いの方法~汚れがひどい箇所がある場合(部分洗い)①もみ洗い

汚れのある個所を濡らし、洗剤をつけます。

汚れを浮かすようなイメージでもみ洗いをして、水で洗い流します。

手洗いの方法~汚れがひどい箇所がある場合(部分洗い)②つまみ洗い

汚れている箇所に洗剤をつけ、服をつまんで持ち、こすり合わせるように汚れを落とし、洗い流します。

もみ洗いと似ていますが、つまみ洗いはより落ちづらい汚れに有効です。

ただ、服をこすり合わせるので服の繊維を傷つけてしまうかもしれません。

服の素材にも注意して洗い方を決めるようにしましょう。


スポンサードリンク

洗濯機なしの場合の脱水方法は!?脱水の仕方と干し方を紹介

洗濯機がないと、脱水をすることができません。

自力で脱水をする方法はあるのでしょうか?

洗濯機なしの場合の脱水方法①手で絞る

まず思い浮かぶのは手で絞る方法だと思います。

もちろん、水を切るのに効果的です。

ただし、雑巾絞りのように強い力を入れて、ねじるようにするのはNG。

タオルなど、型崩れの心配がいらないものは例外ですが、服の繊維も、形も守って脱水したいですよね。

手で絞る時は、畳むように小さくしたり、上から押すようにしたり、優しく衣類を扱うことを心がけましょう。

洗濯機なしの場合の脱水方法②タオルドライ

手で絞る以外の方法としては、タオルドライがあります。

乾いたタオルで洗濯ものを挟んで叩いたり、軽く巻いたりすることで、洗濯物の水分を取ることができます。

洗濯機なしの場合の脱水方法③ローラーに挟む

昔、洗濯機に脱水機能がついていなかった時は、洗濯機の側面にローラーがついていました。

このローラーに洗濯物を一枚ずつ挟んで、脱水をしていたんです。

家に脱水に使えそうなローラーがあれば、この方法を試してみるのも手ですね!

手洗いしたときの干し方は?ポイントや注意点

洗濯物を干す時は、洗濯機で洗濯した時と同じように干せば大丈夫です。

ただし、機械のようには脱水できていない場合がほとんどだと思うので、乾くのにかなり時間がかかるでしょう。

洗濯は良く晴れた日や、風のある日に、朝早い時間から行うのがおすすめです。

また、脱水しきれなかった水分が落ちるかもしれません。

なので、洗濯物を運ぶ時や干すときは、濡れてはいけない物を近くに置かないよう、気を付けてくださいね。

洗濯機が壊れたがお金がない!のまとめ

洗濯機が壊れた時の対処法について、手洗いの仕方を中心に見てきました。

  • 洗濯機が壊れた時は、まず見積無料の業者に見てもらおう
  • 洗濯物を手洗いする時は、目的や服の素材に合わせて洗い方を変えよう
  • 脱水する時は、強い力を加えないよう注意しよう
一度手洗いをしてみると、洗濯機がどれだけ普段の家事を楽にしてくれていたかがよく分かります…。

気分を入れ替えるという意味でも、たまには手洗いするのもアリかもしれませんね。

スポンサードリンク

コメント