バナナと食べ合わせが悪い食品は?意外な組み合わせを解説

この記事は約5分で読めます。

バナナって、手軽に食べられて便利なフルーツですよね!

フルーツの中でも、皮をむいたり種を取らないと食べられないものもあります。

そう考えると、すぐに食べられるバナナは様々なシーンで活躍します。

そんなバナナは、朝食として食べている方も多いのではないでしょうか?

我が家でも、朝はパンやヨーグルト、バナナで済ますことが多いです。

でもちょっと気になるのが、バナナの食べ合わせですよね!

できれば手軽に栄養補給ができて、相乗効果で体に良い食材とあわせて食べたいものです。

朝食やおやつにバナナを食べる方も多いと思います。

そこで今回は、バナナと相性の良い食品についてご紹介をしていきます!

バナナは毎日食べるけど、どんな飲み物と組み合わせれば良いの?と思っている方。

是非最後までご覧になってくださいね。

スポンサードリンク

バナナと牛乳を一緒に食べると体に悪い?相乗効果で体にいい?

食べ合わせの悪い食材を一緒に食べた場合、お腹の調子が悪くなる人もいますよね。

ただ、これにはある程度個人差もあるようです。

同じ量の食事を同じようにしても、問題ない人もいれば、消化不良を起こす場合もあります。

なので、人によっては食べ合わせの良い悪いには、少々差があるということですね。

バナナと牛乳の食べ合わせが悪いといわれている理由は?

そしてバナナと牛乳って、同じタイミングで摂取することが多いと思います!

なぜなら、朝食やおやつにする場合が多いからですよね。

この2つも、実は食べ合わせが悪いと言われている食べ物でもあります。

そもそも、牛乳自体がたんぱく質や酵素と一緒に摂取するのはあまり向いていません。

理由としては、一緒にとることで消化が遅くなってしまうからです!

なので、単体でみるとどちらも体には良いのですが、食べ合わせることには向いていないということですね。

ただ、先ほどもお伝えをしましたが、食べ合わせの良い悪いなどの影響を受けるのは、個人差があります。

消化力が高い人であれば、全く問題がない場合もあるからです。

バナナと牛乳の組み合わせは良いという意見もある?

先ほど、食べ合わせはあまり良くないと言ったバナナと牛乳。

でもバナナと牛乳の組み合わせは、相乗効果が期待できて良い!という意見もあります。

牛乳に含まれる「トリプトファン」という成分と、バナナに含まれている「ビタミンB6」。

この2つを一緒に摂取することで、セロトニンという成分が生まれます!

このセロトニンには、リラックス効果が期待できますよ。

もちろん消化力が低いという人にとっては、ちょっと刺激が強すぎてしまうことも。

そうなると、消化不良を起こしたりお腹をこわす原因にもなるということですね。

バナナは食べるとすぐにエネルギーになりますし、低カロリーなのも嬉しいですよね。

バナナと牛乳の食べ合わせは熱中症にも効果が!

また、夏の暑い時期などは汗をかきますよね。

そうすると、体中の大切な水分だとか塩分が失われてしまうことに。

そんなときに、スポーツドリンクと同じぐらいの塩分が含まれている牛乳がおすすめです。

バナナに含まれるカリウムも、脱水症状を助けてくれますよ!

この2つを食べ合わせると、熱中症効果も期待できるということですね。

牛乳と食べ合わせる場合は、量を調整してみるのもおすすめですよ!

特に胃や腸が弱い方とか、お子さんの場合は、調整してみてくださいね。


スポンサードリンク

バナナと相性のいい飲み物は?カフェインとは相性がいいの?

バナナと相性の良い飲み物と聞くと、いろいろな意見があるものの。

やはり牛乳!と答える方が多いというのも事実です。

先ほどもご紹介をしましたが、相乗効果には個人差があります。

でも、上手く活用できればお通じも良くなったり。

リラックス効果や熱中症にも効果があるというのは大きいですよね!

牛乳とコーヒーは相性が良い!その理由は?

そして、牛乳以外に相性が良いと言われているのは、コーヒーです。

カフェインって、あまり良いイメージはないですよね。

妊娠中に口にすることは避けた方が良いと言われているし、過剰摂取は眠れなくなる…というのもよく聞きます。

でも、実はバナナと一緒に飲むことによって、このカフェインの悪い部分が解消できるのです!

例えばカフェインって、人によっては頭痛が起きたりしますよね。

眠れなくなるような症状や、この頭痛なども、バナナが和らげてくれるという効果があります。

バナナとカフェインは相性が良いということですね!

バナナは手軽に食べられて栄養価が高いので、例えばコーヒーを飲む時にお菓子を食べているという場合。

お菓子ではなくバナナにするのがおすすめですよ!

バナナと相性の良くない食べ物ってどんなものがあるの?

バナナは、消化力の高い食べものです。

なので、消化管におりてくるのが早い食材という意味で、ファスト食材と言われています!

このファスト食材と対照的になるのが、スロー食材です。

具体的に言うと、「小麦」や「豆乳」、「米」・「魚」・「肉」などもスロー食材と言われています!

ファスト食材とスロー食材を組み合わせると、消化管に負担がかかってしまうのです。

なので、基本的にはファスト食材とスロー食材を食べ合わせるのは避けるのがおすすめですね。

先ほど例に挙げた、

  • 小麦
  • 豆乳
などと、バナナを食べ合わせるのは避けましょう!

「米」「魚」「肉」などを食べた後に、デザートとしてバナナを食べるのもNGです。

全然問題ないっていう人も中にはいますが、食べ合わせることでお腹が痛くなってしまったり。

あとは消化不良になってしまうこともあるので、注意してくださいね。

バナナと食べ合わせが悪い食品のまとめ

手軽に食べられて栄養補給もできるバナナ。

でも実は、食べ合わせの良い悪いもあることが分かりましたね!

個人差があるものの、食べ合わせの悪い組み合わせで食べるのは、あまりよくありません。

中には気づかずに食べている場合もありますよね。

なんとなく、この組み合わせで食べると調子が悪くなるかも…という場合。

もしかしたらファスト食材とスロー食材の組み合わせかもしれません!

今回ご紹介をしたバナナと牛乳も、良い組み合わせと言われることが多いです。

でも中には、量やバランスによっては、悪い影響があることもありますよね。

是非おすすめの組み合わせで、バランス良く栄養補給をしてみてくださいね!

スポンサードリンク

コメント