障害者手帳のデメリットで運転免許に影響があるものはある?

この記事は約5分で読めます。
スポンサードリンク

障害者手帳があると運転免許証は取得できないのかな?というイメージがありますよね。

車というのは時に人の命を奪います。

高齢者の誤操作で起こる事故は後を絶ちません。

足が痛くて歩くのしんどいから免許返納したくないとごねるお年寄りも多いです。

実際、免許を取得してしまうと更新自体はかなりゆるくなるなという印象があります。

スポンサードリンク

運転免許が更新できない人はどんな人?

運転免許を取るまではなかなか大変な道のりではあります。

ですが、それが全部こなせたわけですから、よほどのことがなければ更新できちゃうわけです。

そのよほどのことというのは「認知症・薬物やアルコールなどの中毒者」くらいですかね。

認知症は当然のことです。

信号の赤と青の判別ができなければとんでもないことになりますから。

ブレーキとアクセルの踏み間違いもかなり多いです。

何かしらの病気を持っていたとしても、症状を薬でコントロールできると医者が証明してくれれば運転免許の取得もできますし、更新もできます。

てんかんなどの脳の病気も、突然意識を失う怖いものですがきちんと通院して薬を飲んでいれば気を失うということはないので、更新OKとなりますよ。

障害者手帳を持っていても運転免許更新が出来るか相談する所は?

障害者手帳を持っていて運転免許を更新したい場合は、一応申告しないといけないようです。

基本的には医者の診断書があれば更新できるとありますが、全国規模がどうかは不明なので相談をしないといけませんね。

相談できる窓口は、

  • 自治体などの福祉課
  • 警察署
  • 交通安全センター(免許更新する場所)
  • 免許を取得した自動車教習所
  • かかりつけの病院
です。

全部に相談に行くというより、どこか1つに相談しに行けばいいと思いますよ。

自治体ごとで決まりがあるでしょうが、どこでも対応は同じですので。

障害といっても色々な種類があります。

ですが、運転していて意識を失うとか手足が動かなくなるような発作でもなければ基本的には更新できると思っていいです。

そういう意味では無呼吸症候群なども、昼間に急に眠気が襲ってくるわけで。

そうなってくると車の運転には致命的ですが、きちんと治療をしていれば問題ないですもんね。

鬱などの場合は、気分が落ち込んだりはありますよね。。

ですが、それで運転に支障がでることはないので、薬の副作用に眠気等がないようにすれば通るはずです。


スポンサードリンク

精神障害者手帳3級は意味ない?自立支援サービスは受けられる?

精神障害者手帳3級は持っていても意味がないかどうかについてですが、障害者手帳なので意味がないということはないです。

ただ、3級の定義をこう記されています。

精神障害であって、日常生活もしくは社会生活が制限を受けるか、または日常生活もしくは社会生活に制限を加えることを必要とする程度のもの

ざっくり言えば多少困難はあるけど、基本的に1人で行動できるみたいな感じですかね。

障害者手帳は重度になるごとに級が上がっていくわけですが、2級になったら自立支援サービスもよくなるのかというと、そうでもないようです。

なんといいますが、3級も2級も大差ない、というのが経験者の声でした。

3級と2級の差ですが、身なりを清潔に維持できるかというのと、金銭の管理が自分でできるかというところがポイントです。

鬱になるとお風呂にも入らない、歯も磨かない髪も切らないなんて状態になる人もいますよね。

そうなると2級になります。

精神障害者手帳3級のサービスはどう変わる?①自立支援サービスの場合

自立支援サービスには色々ありますが、3級だから何もないということはないですが、級に応じて金額が変わる部分は多いです。

1級は2級3級に比べると特別手厚いというのは誰でも理解できますが。

1級と2級が同等で、3級だけだめというサービスも中にはあります。

精神障害になっていると働けないことも多いですよね。

ですが、1級2級は医療費の助成金があるのに対し、3級だけないというのも経済的負担が大きいですね。

薬を飲んでいる人が多いですから、通院費と薬代もばかになりません。

精神障害者手帳3級のサービスはどう変わる?②障害基礎年金の場合

もう一つの違いは「障害基礎年金」がもらえるかどうかです。

これも2級までしかもらえません。

しかし、会社員として勤めている間に鬱などになってしまった場合。

厚生年金に入っているでしょうから、3級でも障害厚生年金がもらえる可能性はあります。

初診日が20歳を超えていることが条件なので、子供の時から鬱などの場合はもらえません。

3級はどんな支援が受けられるのかですが、訪問介護やヘルパーさん、就労支援サービスなどですね。

1人暮らしだけど家事ができないなんていうときとか、普通の仕事は無理だけど短時間や軽作業などで就労訓練をしたい場合などに利用できます。

等級を決めるのは主治医なので、わからないことは主治医に相談するとよいですよ。

障害者手帳のデメリットで運転免許に影響があるもののまとめ

障害者手帳の3級だと自動車運転にはほぼ影響はないので、運転免許更新は比較的スムーズにできると思います。

3級だからいい部分と、3級だから受けられない支援サービスも多くあるので悩ましい問題ですね。

特に働くのが困難な場合の金銭的援助に違いがあるのはつらいところです。

スポンサードリンク

コメント