らっきょうの甘酢漬けのアレンジレシピ!作りすぎたときの保存方法は?

らっきょうは美味しいですね。

カレーにはぜひ欲しい付け合わせです。

らっきょうの甘酢漬けは割合簡単に作れますから、自宅で作っている人もいるでしょう。

でも、毎日甘酢漬けそのものを食べるとなると飽きてしまいそうです。

せっかく作ったらっきょうの甘酢漬けなら、いろいろなアレンジをして残らず食べ切りたいものですよね。

そこで、今回は基本となるらっきょうの甘酢漬けの作り方と、そのアレンジ方法さらに保存方法とその期間についてもご紹介致しましょう。

スポンサードリンク

らっきょうの甘酢漬けの作り方とアレンジ方法

らっきょうの甘酢漬けの作り方

らっきょうの甘酢漬けは家庭でも簡単に作れます。

作り方は次のようになります。

らっきょうの甘酢漬けの材料

らっきょう 1㎏

(甘酢材料)

  • 酢…2カップ
  • みりん…2カップ
  • 砂糖…150g
  • 塩…大さじ3
  • 赤唐辛子…2~3本

らっきょうの甘酢漬けの作り方

①らっきょうを水でよく洗います。
②表面の薄皮を取り除きます。
③らっきょうの茎と根の部分を切り取ります。
④鍋にたっぷりのお湯を沸かし、らっきょうを入れて10~20秒ほど煮てからざるにあげます。

こうすると辛みが軽減されて、甘酢がしみやすくなります。

いったんざるにあげたらっきょうの水気を切り一晩寝かして冷まします。

甘酢材料を鍋に入れて煮立てて甘酢を作り、一晩しっかり冷まします。

煮沸消毒等で殺菌した瓶に甘酢と赤唐辛子を入れ、らっきょうを入れます。

らっきょうが甘酢から出てしまわないように、ラップでおおいます。

冷暗所に保存して1か月後ぐらいが食べごろです。

らっきょうの甘酢漬けのアレンジ方法

もちろんらっきょうはそのまま食べてもおいしいです。

でも、ちょっと目先を変えるなら、次のようなアレンジ方法があります。

らっきょうの甘酢漬けのアレンジ①らっきょう入りチャーハン

いつものチャーハンにらっきょうを加えるだけで、カリッとした触感が何とも言えないおいしさが引き出され、いつもとは違った美味しさが楽しめます。

らっきょうは細かく刻んで加えるのがコツです。

らっきょうの甘酢漬けのアレンジ②らっきょうの甘酢漬け豚肉炒め

豚肉を炒めて醤油と酒で味付けし、火を止めてから薄切りにしたらっきょうを加えて混ぜ込みます。

豚肉と甘酢らっきょうの酸味が混ざり合ってさわやかな味になります。

らっきょうの甘酢漬けのアレンジ③らっきょうとトマトのマリネ

甘酢らっきょうをみじん切りにして、トマトの薄切りと合わせるだけでできるマリネ。

好みでオリーブオイルを加えてもいいですね。

おつまみの1品としてピッタリです。

らっきょうの甘酢漬けのアレンジ④らっきょうのタルタルソース

タルタルソースは玉ねぎを使いますが、甘酢らっきょうを混ぜ込んでもおいしいです。

普通のタルタルソースよりも辛みが少なくマイルドな味になります。

らっきょうが苦手な人でも食べられるのでお試しください。

らっきょうの甘酢漬けのアレンジ⑤手巻き寿司

甘酢らっきょうは酢飯との相性がいいです。

らっきょうを細かく刻んで酢飯に混ぜてもいいですし、メインとなる具材に添えてのりで巻くのもいいです。

カリカリとした触感が食欲をそそります。


スポンサードリンク

らっきょうの甘酢漬けの保存法と保存期間は?

らっきょうの甘酢漬けはいろいろな食べ方があって、長く楽しめることが分かりました。

ただ気になるのは家庭で作ったらっきょうの甘酢漬けはどれくらい保存できるのかということですね。

甘酢らっきょうを
「常温」
「冷蔵」
「冷凍」
で保存した場合に分けて説明致します。

甘酢らっきょうの保存法①常温保存

らっきょうの甘酢漬けは常温でも保存できます。

漬け込んだ瓶ごと、冷暗所に置けば、約1年間は食べられます。

ただし、らっきょうを取り出すときは清潔な箸を使い、ふたをする前にふたの内側をきれいに拭いてからふたをするなど、雑菌が混じることのないように気を付けることが必要です。

未開封ならば5年間は保存できるとされていますから、らっきょうの甘酢漬けはかなり賞味期限が長いと言えます。

甘酢らっきょうの保存法②冷蔵保存

らっきょうを漬けた瓶ごと冷蔵庫に入れるなら、約5年間は保存できます。

相当長く保存できるのは嬉しいですね。

ただ、取り出す場合は、清潔な箸でらっきょうを取り出すなど、常温保存の場合と同じ注意が必要です。

瓶ごと保存することを考えるとあまり大きな瓶ではなく、冷蔵庫に収まるぐらいの瓶を用意するのがいいですね。

甘酢らっきょうの保存法③冷凍保存

らっきょうの甘酢漬けは、冷凍で保存することもできます。

冷凍保存するならば、約10年は保存できるというのは驚異的です。

もちろん瓶ごと冷凍庫に入れることはできませんから、ジップロックなどの密封容器に甘酢ごとらっきょうを入れます。

空気を抜いてから冷凍庫に入れ、食べるときは自然解凍します。

これだけ賞味期限の長いらっきょうの甘酢漬けなら、上手に保存すれば、長く楽しむことができるわけですね。

アレンジ方法もたくさんあるので、いろいろな方法でらっきょうの味を十分に楽しみたいものです。

スポンサードリンク

らっきょうの甘酢漬けのアレンジレシピのまとめ

らっきょうの甘酢漬けは家庭でも手軽に作れます。

らっきょうをそのまま食べるだけでなく、

  • チャーハンに入れる
  • 炒め物にする
  • タルタルソースに混ぜる
などアレンジ方法もたくさんあります。

らっきょうの甘酢漬けは常温、冷蔵、冷凍いずれでも1年からそれ以上保存できます。

美味しいらっきょうの甘酢漬けを上手にアレンジして長く楽しみたいですね。