現在の日本はAT車(オートマチック車)に乗る人が、圧倒的に多いと思います。オートマ車のシェアも、9割を超えていますからね。

私の知り合いも、自動車運転免許をオートマ限定で取得しています。本当にAT限定で運転免許を取る人が多いですよね。調べてみるとAT限定免許を選択する人が、5割を超えているようですよ。

AT限定免許をお持ちの方って、いざ仕事でMT車(マニュアル車)の運転が必要になった時はどうするんでしょうか?

そうなんです!こんな時に必要になってくるのがAT限定解除なんです。

そこで今回は、そんなAT限定解除が必要な方々に向けて

この記事でお伝えしたいこと

  • オートマ限定からマニュアルへの変更方法
  • オートマ限定からマニュアルにするのに必要な費用

っていうことについて、お伝えしていきますね。

スポンサードリンク

オートマの限定解除って、そもそも何?

車を分類するとMT車(マニュアル車)とAT車(オートマチック車)の2つになり、普通免許を取る時にMTかAT限定か選ぶようになります。

AT限定がついていない場合はマニュアル車を運転できますが、AT限定免許を取得した場合、運転免許証の「免許の条件等」の項目に「普通車はAT車に限る」と記載されてしまいます。

そのため、マニュアル車を運転できなくなってしまうんですね。マニュアル車は運転の仕方を覚えれば運転できますが、運転免許証がAT限定のままでマニュアル車を公道で運転してしまうと「免許条件違反」の違反になってしまいますよ。

オートマ限定からマニュアルへの変更方法って?

運転免許の条件等に「ATに限る」と書かれている方は、それを取るために「限定解除審査」というものを受けて、合格しなければいけません。

限定解除審査を受ける方法

その「限定解除審査」を受ける方法には、次の2つあります。

  • 運転免許試験場
  • 指定の自動車教習所

運転免許試験場での受験方法は、別名「一発試験」と呼ばれ、MT車を運転する能力をチェックして試験場で合否を判断します。

指定自動車教習所で受ける方法は、技能講習を4時間以上受けた後、教習所で限定解除の審査を受けます。

大半の方はマニュアルを運転する技能がありませんので、教習所を選ぶのが一般的です。

限定解除審査での技能講習の内容

指定自動車教習所での技能講習の内容は、次の通りです。

指定自動車教習所での技能講習の内容
  • ギアとクラッチの操作
  • 坂道発進
  • 踏切の一旦停止と発進
  • S字とクランク走行
  • 縦列駐車と方向転換

AT免許を限定解除は路上講習はなく、教習所内で講習が行われます。技能講習だけで学科講習もありません。

それから、教習所内でAT免許の限定解除の審査になります。

限定解除審査に合格すると

そして審査に合格すると、教習所から「技能審査合格証明書」が発行されます。それを持って運転免許試験場に行って、AT免許の限定解除してもらいます。

なお、AT免許の限定解除の手続きは、運転免許の裏面に限定解除とスタンプが押されるだけです。

最終的に限定解除のスタンプから、次の運転免許の更新で新しい運転免許に変わった時点で「ATに限る」が運転免許の条件等から消えます。ですから可能であれば、限定解除を免許更新が近い時にするのが狙い目かもしれませんね。

オートマ限定からマニュアルにするのに必要な費用は?

では次に、オートマ限定からマニュアルに「限定解除」するためにかかる費用について、見ていきましょう。

運転免許試験場での限定解除費用

AT免許限定解除審査受験料:3,000円(受験料1,450円、試験車使用料1,550円)

※再審査になった時にはその都度受験料、試験車使用料がかかります。

指定の自動車教習所での限定解除費用

私が通った教習所のAT限定免許の限定解除をした時の費用を紹介します。

  • 入学金    5,000円
  • 教習料   28,400円(昼間のコース、4時間)
  • 適性検査料 1,000円

私の場合は安く済みましたが、一般的な教習所でのAT限定解除の費用は、5万円~6万円が相場のようです。

AT限定解除の料金は教習所によって異なるので、近隣のいろいろな教習所の料金を調べてみて下さいね。

スポンサードリンク

オートマの限定解除試験で一発合格は可能か?

はっきり言います。運転免許試験場での一発試験にチャレンジするのは、かなり難しいでしょう。

費用は確かに安くつきますが、不合格を何度も繰り返いていると、教習所の費用とトントンになってしまうかもしれませんね。粗探し状態の厳しい採点の中で、一発試験で受験するのは無謀と言えます。

やっぱり、指導員の資格をもった人に教わるのが合格の近道だと思います。

一発試験は上手な人でも5回は落とされる

一発試験は、10回受験しても合格は厳しく、優れた人でも5回は落とされる試験です。中には普通の人でも、15回受験するケースもあるようです。ビックリですよね!

なので、一発試験で合格を目指される方は、それなりの覚悟が必要です。

車の免許でオートマからマニュアルへ限定解除したい!のまとめ

AT限定解除の流れや限定解除に必要な費用などについてご紹介してきましたが、いかがでしたか?AT限定解除の流れは、理解していただけましたか?

せっかくAT限定で免許を取ったのに、限定解除しないといけなくなった方々は面倒だとは思いますが、限定解除審査を受けて頂いて、ATの縛りから解放されて下さい。

これをきっかけにATの限定解除をされた方、ようこそMTの世界へ!!

私もMT車乗っていますが楽しいですよ♪どうせMT乗れるようになったのですから、どんどんMT車に乗って操る楽しさを体感してくださいね。

また、一発試験で限定解除にチャレンジしようとする方、くれぐれもドツボにはまらないでくださいね。結果的に「教習所の方が安くついてしまった」なんてことにはなりませんように、願っております!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください